ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 阿品台市民センター

阿品台市民センター

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月1日更新

重要なお知らせ

阿品台市民センター開館のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症拡大防止を講じた上で、5月18日(月曜日)から開館しています。

 次のような新型コロナウイルス感染症防止対策を行いますので、皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。

来館時の注意事項

  1. 発熱や軽度であっても咳・のどの痛みなどの症状があるなど体調の悪い人は、利用をご遠慮いただくようお願いいたします。
  2. 入館される場合はマスクの着用をお願いします。マスクの着用のない人は利用をご遠慮いただくようお願いいたします。

館内の注意事項

  1. 入館時、退館時の手洗いやアルコール消毒、咳エチケットの徹底をお願いします。
  2. 会話は控えめにし、とくに大声での会話は行わないようお願いします。
  3. 人と人の接触を避けるため、できるだけ2メートルの距離を開けていただくようお願いします。

事業延期のお知らせ

 阿品台市民センターだより4月号でお知らせしました、阿品台地区人権講演会「戦争・被爆体験をどう継承し平和を創るか―旧陸軍被服支廠保存を事例に―」は、8月に延期します。

 「新型コロナウイルス感染症」の発生状況により、今後市民センターで開催される事業を中止または延期させていただく場合があることをご了承ください。

 その場合は、ホームページや館内掲示でお知らせします。

阿品台市民センターに関して

 阿品台地域は、人口約8千人で、世界遺産の宮島が一望できる沿岸の高台にあります。

 阿品台公民館として昭和58年4月に開館して以来、地域の交流の場として幅広い年齢層の皆さんに利用されています。
 そして、平成27年4月には地域の皆さんと地域課題の解決や市民と協働のまちづくりを話し合う場「市民センター」として新たにスタートしました。

 公民館としての機能はそのままに、49の自主活動グループが文化・芸能・音楽・スポーツ・趣味・家庭生活・ボランティア・外国語など多岐にわたり活発な活動を行っています。
 このほか、地域の各種団体の会議の場としても活用されています。市民センターの主催講座と地域の各種団体の主催する講座も、たくさん開催されています。

 このように生涯学習とまちづくりの地域の拠点として地域の皆さんに利用されています。

 平成29年7月から平成30年3月の間に、エレベーター新設工事と、トイレの洋式化工事が行いました。
 一部の照明がLEDになり、明るさを増した阿品台市民センターです。
 より一層地域の皆さんに活発にご利用いただければ幸いです。