ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市営墓地の利用

印刷用ページを表示する掲載日:2016年7月7日更新

市営墓地の利用するときに必要な手続き

 市営墓地の使用に関して、次の場合には手続きが必要です。
 記入方法や添付書類など詳しくは、環境政策課まで問い合わせてください。

 市営墓地の名称および所在地は、廿日市市墓地設置および管理条例のページを確認してください。
 位置は、廿日市市の公共施設マップの、保健・衛生施設の項目から確認してください。

  1. 納骨する場合
  2. 使用区画を返還する場合
  3. 使用権を相続、継承する場合
  4. 転居や婚姻などにより使用者の住所や氏名を変更した場合

1. 納骨する場合

 ※使用者本人の遺骨(使用権を持った人が亡くなり、その遺骨)を納骨する場合は、同時に、相続による使用権の継承手続きが必要です。

2. 使用区画を返還する場合

 ※使用区画内の墓石、構造物(石、ブロックなど)、植栽などの撤去後に届け出が必要です。

3. 使用権を相続、継承する場合

 (1)使用者の死亡に伴い、配偶者や直系卑属などに継承する場合

 (2)祭事などを行う者で、使用権の継承を相当と認められる場合

4. 転居や婚姻などで使用者の住所や氏名を変更した場合

盆灯ろうおよびお供え物などの持ち帰り

 市営墓地では、お盆時期に多くの盆灯ろう、花および線香などをお供えされますが、お盆過ぎにはごみとなって残されています。
 これらのごみは、周辺の美観を損なうばかりでなく、場合によっては火事などの原因になり、近隣の皆さんに迷惑を掛けることもあります。

 盆灯ろうなどをお供えした場合は、各自で持ち帰ってください。

市営墓地使用者の募集

 平成28年度の募集は終了しました。

参考

 第二霊峯墓苑
 (1区画は2平方メートルです)

(1)使用料および管理料

 支払いは1回限りです。

  • 永代使用料:1区画66万円(1平方メートルにつき33万円)
  • 永代管理料:1区画につき12万8千円

(2)申し込み資格

  • 本市に居住し住民登録をしている人で、焼骨を有し、納骨または改葬(ただし、分骨は含まない)のため墓地を必要とする人
  • 死亡者の最終住民登録地が本市で、焼骨を有し、納骨のために墓地を必要とする人
  • 現に、市営墓地の使用許可を受けていない人
  • 市が定める期限までに使用料および管理料を一括で納入し、期限内に納骨、改葬を完了できる人

(3)その他

  • 申し込みは、1世帯あたり1区画に限ります。
  • 抽選を行い、申請者の使用区画などを決定します。
  • 決定した使用区画の変更はできません。
  • 使用区画の分割、変更、使用権の譲渡および転貸はできません。
  • 墓碑などの設置制限を順守してください。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)