ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 宮島学校給食センター

宮島学校給食センター

新着情報

概要

宮島学校給食センターは、宮島小・中学校の敷地内にある小規模の学校給食センターで、宮島小・中学校に給食を提供しています。

宮島調理写真 宮島調理画像2 宮島調理画像3

宮島学校給食センターの学校給食の目標

学校給食を通して、豊かな心を育み、食事を通じて将来にわたって自らの健康管理ができる子を育てる。

 

宮島学校給食センターの給食

献立の基本

主  食  ごはん、パン、めん類などが出ます。

おかず  1食あたり3~4品が基本で、添え野菜や果物、デザートが付くことがあります。

牛  乳  1本200mlの牛乳が毎日付きます。

 

献立作成方針

〇「生きた教材」としての給食

〇「学校給食摂取基準」および「学校給食の標準食品構成表」の充足

〇手作りの推進(安全で体にやさしい食事)

〇旬の食材・地場産物の活用、国産の使用(旬を感じる食事・季節を感じる献立)

〇行事食や郷土料理の実施(昔から伝わる行事・学校行事・食文化の継承)

〇「主食・主菜・副菜」のそろった日本型食事の推進

〇家庭で不足しがちな食品を積極的に取り入れる

〇生活習慣病予防のための献立

 

行事食など

〇お花見、入学お祝い、青空給食、こどもの日、七夕、節分、ひな祭り、卒業お祝い

〇毎月19日の「食育の日」は、和食の基本献立

〇郷土料理

 宮島:雪花あえ、はっすん、力もち、あなご丼、ほうはん

 吉和:あまごのから揚げ

 広島県:もぶりご飯、煮ごめ

給食写真 ほうはん写真 給食写真(青空給食弁当)

【写真左】 あなご飯、雪花和え、沢煮椀、みかん、牛乳

宮島の郷土料理を給食で提供しています。

【写真中央】 ほうはん(だしかけ、煮しめ、紅白なます)、牛乳

※「ほうはん」とは…1月20日にある大元神社の百手祭で作られる料理です。神様に供えられるもので、神事が行われたあと、参加者が同じものを食べる慣わしがあります。400年以上も続いている伝統料理で地元の滝町の人たちによって受け継がれてきました。

【写真右】青空給食(ジャンボおにぎり、からあげ、スナップエンドウ、煮しめ、甘酢あえ、ナムル、ゼリー、牛乳)

入学のお祝いに、1年生から9年生までの縦割り班で、青空の下で食べます。

 

 

おたより


連絡先

〒739-0588

広島県廿日市市宮島町779番地2

  • 電話:0829-44-2042(宮島学校給食センター)
宮島学校給食センター外観

宮島学校給食センター外観

主な業務内容

宮島学校給食センターでは、宮島小・中学校の給食を作っています。

関連リンク

関連情報

地図