ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 水害時の衛生対策と消毒方法

水害時の衛生対策と消毒方法

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月9日更新

 台風や集中豪雨などにより、家屋などが浸水した場合、洗浄や消毒が必要にあることがあります。

1 家屋などが浸水した場合

 豪雨などにより家屋などが浸水した場合、洗浄や拭き取りにより十分に汚れを除去して、乾かした後、消毒するようにしてください。(消毒は、汚れのない状態でないと、効果を発揮することができません)

2 衛生対策

 家屋などが浸水した場合、次のとおり洗浄および衛生対策を行ってください。

1 床上の場合

 室内は、食事や睡眠など生活を行う場所のため、泥や汚れを十分に取り除いた後、消毒を行いましょう。

  1. 水がひいた後、濡れた畳や家の中の不要なものを片付けてください。
     
  2. 汚れた家具や床・壁などは、水で洗い流すか、雑巾で水拭きするなどしてください。
     
  3. 食器類や調理器具などは、水洗いして汚れをきれいに洗い流してください。
     
  4. 食器棚や冷蔵庫などは、汚れをきれいに拭き取ってください。

2 家の周囲や床下の場合

 土砂などを取り除いた後、水道水で洗い流し、しっかり乾かすことが重要です。
 床下に土砂や水分が残っている場合、その湿気により、家の基礎や土台(床組)などに影響が出る場合があります。

  1. 汚泥や不要なものなどを片付けてください。
     
  2. 庭木や外壁についた泥は、水で十分に洗い流してください。
     
  3. 床下換気口のごみを取り除き、床下の風通しを良くしてください。
     
  4. 床下はスコップや流水を用いて汚泥を取り除いた後、雑巾などで水気をなくし、扇風機などにより強制的に換気し、乾燥させてください。

3 食中毒、感染症などの予防

  • 受水槽は、安全と衛生を点検・確認してから使用してください。
  • 水に浸かった食品や、停電により保存温度が保てなかった要冷蔵・冷凍食品はできるだけ破棄してください。
  • からだに異常を感じたら早めに医療機関を受診してください。
  • 食事の前や用便の後などは、しっかりと手を洗ってください。
     
  • 感染予防に関して (PDFファイル 212KB) 

 衛生対策を行うときに、天候によっては、熱中症などに注意してください。

3 消毒方法

 消毒薬は、過剰に使用すると人の健康や環境に影響を与えることがあります。
 使用は必要最小限としましょう。
 使用の際には、取り扱い説明に従い、事故が起こらないように注意しましょう。

家庭で使いやすい消毒薬とその使い方

 近くのドラッグストアやホームセンターなどで購入できます。

塩化ベンザルコニウム(逆性石けん)10パーセント

 使用濃度0.1パーセント(薬液を100倍になるように水で薄める)

 家具や床などの消毒に適しています。雑巾に浸して拭いてください。(ゴム製品、皮革製品への使用は避けてください)
 ドラッグストアや薬局で購入できます。

次亜塩素酸ナトリウム6パーセント(家庭用塩素系漂白剤など)

 使用濃度0.02パーセント(薬液を300倍になるよう水で薄める)

 飲食器具などの消毒に適しています。薬液に5分程度浸した後水洗いしてください。(金属には使用できません)
 ドラッグストアや薬局、ホームセンターで購入できます。

関連する資料・リンク

 ※内容・資料は、広島市ホームページを参考に作成しています

広島県感染症・疾病管理センターのホームページ

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)