ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 高齢介護課 > 廿らつプラチナボランティア

廿らつプラチナボランティア

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月4日更新

 高齢者が、地域のボランティア活動を通して役割を持ち社会参加することで、自身の介護予防を推進することを目的として、廿らつプラチナボランティアを実施しています。

1

登録できる人

 65歳以上の元気な高齢者(要介護・要支援の認定や総合事業の事業対象者の判定を持っていない人)で、(1)または(2)に該当する人

 (1)社会福祉協議会が実施しているボランティア養成研修を受講した人
 (2)対象施設 で3カ月程度ボランティア、世話人の経験がある人

 ※介護保険料を滞納している人は、ポイントを交付金に転換できません

登録手順

 廿らつプラチナボランティア対象施設で3カ月のボランティア実績がある人や世話人の人は、ボランティア登録申請書の下に施設担当者の推薦を記入した申請書を廿日市市役所高齢介護課、または各支所(福祉担当)へ提出してください。

ボランティア活動

 廿らつプラチナボランティア対象施設一覧の中から活動する施設を選んで施設へ直接連絡してください。
 ボランティア活動を1時間行うと、施設担当者がボランティア手帳にスタンプを1個押します。(1日2個まで)

ポイント交換

 手帳にスタンプを集めたら評価ポイント転換交付金の申請ができます。
 10ポイント(10~19スタンプ=10ポイント)で1,000円に転換でき、上限は50ポイント、5,000円まで転換ができます。
 介護保険料の滞納があるとポイントを交付金に転換できません。

 ※評価ポイント転換交付金の申請手続きに関しては、2月下旬ごろ登録者へ通知します

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)