ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

木材利用センター

印刷用ページを表示する掲載日:2021年6月1日更新

 木材利用センター

新型コロナウイルス感染症に対する対応

 「緊急事態宣言」が延長されたことに伴い、令和3年6月20日(日曜日)までの間、施設を休館します。
 ご理解とご協力をお願いいたします。

木材利用センターとは

 廿日市市木材利用センターは、子どもから大人まで、さまざまな木工体験を楽しめる「木工のまち はつかいち」の施設です。
 木工品の展示販売のほか、毎月各種木工教室を開いています。

 また、廿日市が発祥の地であるけん玉の製造を行っています。
 けん玉製造の見学やけん玉の販売、けん玉教室など、技術の継承と普及を図っています。

 春には「木工まつり」、秋には「木工工作コンクール」などのイベントを開催し、そのほか、毎年4月の「はつかいち桜まつり」では、木の端材を使って自由に木工工作体験ができるハザイ教室やけん玉の販売などを行っています。

 ぜひ、遊びに来てみてください。

 【関連サイト】

場所・開館時間など

木材利用センターたより(毎月更新)

 木材利用センターのイベントや木工・けん玉教室の最新情報、施設案内に関して紹介しています。

ハザイ教室1ハザイ教室

ハザイ教室3

イベント

木工工作コンクール

 木工工作コンクールでは、いろいろな木材やどんぐり、松ぼっくりなどの木産材を主な材料として、小中学生が自ら考えて作った作品を募集し、木の良さの表現やアイディア、デザインなどを審査します。
 上位に入賞した作品は、全国児童・生徒木工工作コンクールにノミネートされます。

 【関連サイト】

木材利用センターボランティア募集

 木工教室などに参加する子どもたちの工作の手伝いをするボランティアを募集しています。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)