ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 大野学校給食センター > 全国学校給食週間の取り組み

全国学校給食週間の取り組み

印刷用ページを表示する掲載日:2019年1月24日更新

1月24日から1月30日までは、全国学校給食週間です

 全国学校給食週間とは、学校給食の意義や役割に関して児童生徒や教職員、保護者、地域住民の理解と関心を深めるための週間です。

 大野学校給食センターは、全国学校給食週間の取り組みとして、広島の郷土料理や広島県産の食材を知ってもらうために郷土料理、地産地消献立を実施します。

 郷土料理や主な県内産の使用食材に関しては次のとおりです。

  • 1月24日 カキフライ(大野産のカキを使用)
  • 1月25日 あさりのちらし寿司(大野産のあさりを使用)、わけぎのぬた(広島の郷土料理)
  • 1月26日 美酒鍋(西条の郷土料理)
  • 1月29日 大豆うどん(江田島の郷土料理)、小いわしのから揚げ(広島の郷土料理)、小松菜のレモン風味(広島県産の小松菜とレモン使用)
  • 1月30日 穴子めし(廿日市の郷土料理)、雪消し(三次の郷土料理)、みかん(広島県産)

 詳しい献立は、1月の献立予定表をご覧ください。

 1月の給食センターだよりでも紹介しています。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)