ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報はつかいち > 2018年5月号 テキスト版

2018年5月号 テキスト版

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月1日更新

広報はつかいち No.1234 5 May 2018

広がる交流の輪

関連記事 メキシコ柔道ナショナルチーム事前合宿 2ページ

メキシコ柔道ナショナルチーム事前合宿

問い合わせ 生涯学習課 電話番号 0829-30-9206

4月1日~14日、2020年東京オリンピックに向けた事前合宿のホストタウンとして、メキシコ柔道ナショナルチームを迎え入れました。
今回の合宿では、柔道の練習だけでなく、市民との交流もたくさん生まれ、廿日市市に“グラシアス(スペイン語で「ありがとう」)”の輪が広がりました。

はつかいち さくら賞

問い合わせ 生涯学習課 電話番号 0829-30-9203

市の生涯学習の普及・推進に貢献した人を「はつかいちさくら賞」として表彰しています。
平成29年度後期受賞者の皆さんを紹介します。

中村(なかむら) 奨成(しょうせい)さん【広島東洋カープ】

<活動・功績>
第99回全国高等学校野球選手権大会 準優勝(広陵高等学校)、1大会最多本塁打、塁打、打点の個人記録を更新
他にも国際大会などで活躍

田賀(たが) こはるさん【宮内小学校6年生】

<活動・功績>
平成29年度第67回全日本学生書道展 小学部上級 学会大賞

生川(いくかわ) 加代子(かよこ)さん【佐方アイラブ自治会福祉事業部】

<活動・功績>
毎週1回開催される「縁側サロン」の企画運営(800回以上)

みんなが手をつなぐために

問い合わせ 人権・男女共同推進課 電話番号 0829-30-9136

障がいのある人とスポーツ

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催まであと2年ほどとなり、パラリンピックの情報に触れる機会が多くなってきました。

パラリンピックとは

パラリンピックは、元々イギリスで戦争負傷者のリハビリテーションを目的に開かれていたスポーツ大会で、当時の参加者は両足にまひのある車いすの人でした。その後、大会は少しずつ国際化していき、「パラプレジア=下半身まひ」と「オリンピック」を合わせて「パラリンピック」という愛称がつけられました。
1985年にはこの愛称が公式名称として認められ、参加者の障がい種別も増えてきたことから、「パラレル=同様の、並行」と「オリンピック」を合わせた「パラリンピック」へと発展しました。

車いす卓球女子選手 別所キミヱさんの話

人権フェスタ2017では、現役の車いす卓球選手の別所キミヱさんを招き、講演会と実技体験会が開催されました。
別所さんは41歳の時に骨盤の一部にがんが見つかりました。病院の先生に「この足を切ってほしい」とお願いをするほどの痛みと闘い、2度の手術を経験し、車いすの生活となりました。偶然見た新聞で障がい者スポーツを知り、車いす卓球を始めました。最初はリハビリのためにと思って始めましたが、努力を重ね、6年後には全日本大会で優勝し、2004年アテネ大会から2016年リオデジャネイロ大会まで4度のパラリンピックに出場しました。
ここまでの成績を残すには大変な苦労がありました。パラリンピックの出場には世界ランキングに入ることが必要です。バッチを作りバザーで販売するなどして、海外の大会に参加する遠征費を調達したこともありました。
これまで頑張れたのは病院の先生に命を助けられた重みや、「生きているよりも生かされている」という思い、友人の「できないことを嘆くよりできたことを喜んでいればいいよ」という言葉が原動力になっていたからです。
別所さんの言葉一つ一つに力があり、常に前向きに挑戦する生き方には、多くの人が勇気づけられています。

障がいのある人もない人も一緒にスポーツを

市は、障がいのある人からの「気軽にスポーツを楽しみたい」という声を受け、障がい児者スポーツフェスティバルの開催や障がい者スポーツ用品の貸し出しなど、障がいのある人がスポーツを楽しめるよう取り組んでいます。
スポーツは年齢や性別、障がいのあるなしに関わらず誰もが平等に楽しめるものです。みんなが一緒にスポーツを楽しみ、お互いに理解を深める場が広がっていくことを願っています。

※「みんなが手をつなぐために」は、市民と市職員で構成する「広報人権問題シリーズ編集委員会」が編集しています

人権擁護委員が人権に関する相談を受けます

問い合わせ 人権・男女共同推進課 電話番号 0829-30-9136

●とき・ところ

【1】6月1日(金曜日)10時~15時・原市民センター、串戸市民センター
【2】6月1日(金曜日)10時~15時・浅原市民センター
【3】6月4日(月曜日)13時~16時・宮島福祉センター
【4】6月7日(木曜日)10時~15時・大野支所、大野福祉保健センター
【5】6月11日(月曜日)10時~15時・吉和福祉センター
※毎週火・金曜日は広島法務局廿日市支局内でも相談できます

●人権擁護委員

  • 市里 尚弘(いちさとなおひろ) 串戸二丁目 電話番号32-4886
  • 原 いち代(はらいちよ) 天神 電話番号32-7744
  • 新居 克己(にいかつみ) 阿品台四丁目 電話番号39-3627
  • 岡崎 和生(おかざきかずお) 四季が丘七丁目 電話番号38-2541
  • 白築 京子(しらつききょうこ) 原 電話番号39-2058
  • 西田 弘展(にしだひろのぶ) 地御前三丁目 電話番号36-3463
  • 西本タツ子(にしもとたつこ) 玖島 電話番号74-2319
  • 前田 幸子(まえださちこ) 峠 電話番号74-0693
  • 松浦 伸二(まつうらしんじ) 津田 電話番号72-0232
  • 兒玉 宣明(こだまのぶあき) 吉和 電話番号77-2030
  • 増田 育(ますだいく) 吉和 電話番号77-2324
  • 山中 攻治(やまなかこうじ) 前空二丁目 電話番号55-1636
  • 青木 敬子(あおきけいこ) 物見西一丁目 電話番号55-0776
  • 正留 律雄(まさるりつお) 物見西一丁目 電話番号54-2552
  • 梅本 光子(うめもとみつこ) 宮島口西三丁目 電話番号56-1856
  • 佐々木三郎(ささきさぶろう) 宮島町 電話番号44-0273
  • 山本 紀枝(やまもとのりえ) 宮島町 電話番号44-0020

●広島法務局の人権相談

  • 全国共通人権相談ダイヤル
    電話番号 0570(003)110
  • 子どもの人権110番
    電話番号 0120(007)110
    いじめ、虐待、子育てなど子どもの人権
  • 女性の人権ホットライン
    電話番号 0570(070)810
    夫やパートナーからの暴力、セクシュアル・ハラスメントなど女性の人権

開設日時 月~金曜日(祝・休日を除く)8時30分~17時15分
※相談無料、秘密厳守

問い合わせ
人権擁護委員協議会 電話番号 0829-31-2165

平成30年10月1日から資源物の持ち去り行為を禁止します

廿日市市廃棄物の減量の推進及び適正処理並びに生活環境の清潔保持に関する条例を改正しました

問い合わせ 廃棄物対策課 電話番号 0829-30-9133

近年、ごみ集積所に出された古紙や缶などを無断で持ち去る行為が多発しています。
持ち去り行為は、市民の協力のもとに進めているごみの減量やリサイクル意欲の低下などにつながるとともに、持ち去り行為者とのトラブルや、ごみ集積所のごみの散乱などにより、安全・安心なごみの排出環境を阻害する行為であり、対策が必要と考えています。
このため、市は「廿日市市廃棄物の減量の推進及び適正処理並びに生活環境の清潔保持に関する条例」を改正し、平成30年10月1日から、ごみ集積所に出された資源物の持ち去り行為を禁止することにしました。

条例改正の概要

ポイント1 持ち去り行為禁止の対象となる資源物

資源ごみの日に出される次の品目が対象となります。
【1】古紙類(新聞、雑誌、雑がみ、段ボール、紙パック)
【2】びん・かん類
【3】布類
【4】ペットボトル、プラスチック製の容器

ポイント2 資源物の収集または運搬が禁止される者

市や市が指定した以外の者は、ごみ集積所に排出された資源物を収集または運搬する行為が禁止されます。
市が指定する者
【1】収集運搬業務受託者
【2】集団回収により資源物を収集する者

ポイント3 禁止命令

持ち去り行為者に対しては、持ち去り行為を行わないよう禁止命令(行政処分)を行います。
禁止命令に違反した場合
禁止命令を受けた者が再度同様の行為を行った場合は、市から警察へ告発し、裁判所の判決を経て、20万円以下の罰金が科されます。
また、持ち去り行為者本人だけでなく、持ち去り行為者を使用した者(法人を含む)にも同様の罰則が適用されます。

条例に関する市の取り組み

  • 持ち去り行為を警告するための看板を作り、ごみ集積所を管理する町内会などに配布します。
  • 警察などと連携し、パトロールを行います。
  • 持ち去り行為の現場を発見した場合は、禁止命令(行政処分)を行います(禁止命令書の交付)。

市民の皆さんへのお願い

資源物の持ち去り行為を抑止・防止していくためには、今後も市民の皆さんのご理解とご協力が必要です。

持ち去り行為者への対応

資源物の持ち去り行為者に対する禁止命令(行政処分)は、市職員が行います。
持ち去り行為を目撃しても、声を掛けたり、追いかけたりしないでください。

目撃情報などの提供

持ち去り行為の現場を目撃したときには、監視パトロールや取り締まりの有効な情報となりますので、日時、場所、車両ナンバー、持ち去り行為者の特徴・着衣などの情報を廃棄物対策課まで連絡してください。

ごみ集積所への排出時間

持ち去り行為を防止するため、資源物は収集日の午前6時から7時30分(佐伯・吉和地域は午前8時)までの間にごみ集積所に出してください。

集団資源回収への協力

同じ地域に住む人たち(主に町内会やこども会単位)で、一定の時間と場所を決めて、資源物を回収業者に引き渡す「集団資源回収」があります。
持ち去り行為を防ぐためにも、集団資源回収へのご協力をお願いします。

廿日市市高齢者福祉計画・第7期廿日市市介護保険事業計画を策定しました

問い合わせ 高齢介護課 電話番号 0829-30-9155

この計画は、平成30年度から平成32年度までの3年間の廿日市市の介護サービスの必要量を定め、施設などを計画的に整備するためのものです。
今回策定した第7期計画は、「誰もが住み慣れた地域で、安心して暮らし続けられるまち はつかいち」を基本理念とし、団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)となる平成37年(2025年)を見据えて構築してきた地域包括ケアシステムの深化・推進をめざすものです。

高齢者人口・要介護認定者数の見込み

第7期計画期間が終わる平成32年には、総人口が減少すると推計される中で、高齢者人口は前期高齢者、後期高齢者ともに増加傾向にあり、高齢化率は3割を超えると見込まれます。
また、要介護認定者数も増加が見込まれます。

■ 基本方針

【1】地域包括ケアシステムの深化・推進
【2】高齢者の自立支援・重度化防止
【3】地域における自立した生活への支援の充実
【4】高齢者が安心して暮らせる生活環境の整備

■ 重点的取り組み

【1】自立支援に向けたケアマネジメントの推進
【2】高齢者人口の1割以上が参加できる介護予防活動の展開
【3】高齢者の在宅生活を支える医療と介護の多職種による連携

地域包括ケア体制の推進

高齢者が住み慣れた地域で安心して住み続けられるために、関係機関、地域住民などが協働で高齢者を支える地域包括ケアシステムを確立する必要があります。
このため、第7期計画では、医療、介護、福祉の専門職能団体「廿日市市五師士会」が在宅医療・介護連携推進の要となり、社会福祉協議会が住民主体の見守りや生活支援活動をサポートしていきます。
また、行政は多職種・関係機関と連携し、地域ケア会議で地域課題の解決を図るなど、地域包括ケア体制の推進に向けた取り組みの充実を図ります。

あなたの空き家 地域のために生かしませんか

問い合わせ 住宅政策課 電話番号 0829-30-9187

空き家バンクへの登録物件を募集しています

持っている空き家を「貸したい」「売りたい」と考えている人は、空き家バンクに登録しませんか。
「空き家バンク制度」は、主に一般の不動産業者の介入がない中山間地域などの空き家の情報を、市が移住(定住)したい人に紹介し、提供するシステムです。
空き家をつくらない、また、できるだけ早い時期から空き家を活用することで、老朽化を防ぐとともに、地域の賑わいの創出にもつながります。

まずはご相談を

空き家とは、住宅、店舗、倉庫などの建物およびその敷地のうち、現に利用していないものです。
空き家となる予定の物件、田畑や山が付帯しているなど、情状に応じた登録ができます。
登録は無料です。詳しい手続きは、市役所6階住宅政策課まで問い合わせてください。

※空き家バンク登録物件に対し、家財の整理や改修工事にかかった費用の一部を補助する「空き家活用支援補助金」を併せて活用することができます(対象地域や条件あり)

木造住宅の耐震支援制度を活用してください

市民の皆さんが安全で安心して住むことができる地震に強いまちづくりをめざし、「木造住宅耐震改修事業」と「木造住宅耐震診断事業」を実施しています。

問い合わせ 住宅政策課 電話番号 0829-30-9187

木造住宅耐震改修工事費の補助

木造住宅の耐震改修工事費の一部を補助します。また、この工事と併せてリフォームを行う場合は補助の上乗せがあります。

■対象となる住宅

昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て木造2階建て以下の住宅で、補助金交付決定後に工事着手し、平成31年2月末までに工事完了するもの

■補助金額

【1】建物全体の耐震改修工事
経費の23パーセントに相当する額で1件あたりの上限30万円

【2】建物の一部の耐震改修工事(段階的耐震改修工事)
経費の23パーセントに相当する額で1件あたりの上限20万円

【3】【1】または【2】と併せてリフォームを行う場合
経費の10パーセントに相当する額で1件あたりの上限20万円

■募集戸数

8戸程度(先着順)

■申込方法

市役所6階住宅政策課または市ホームページにある申請書に記入し、住宅政策課まで持参で。

■申込期間

5月30日(金曜日)~9月26日(金曜日)

木造住宅の耐震診断を支援

木造住宅の現地調査を行い、一般診断で地震に対する安全性を評価します。

■対象となる住宅

昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て木造2階建て以下の住宅

■募集戸数

15戸程度(先着順)

■費用

耐震診断は、無料

※ただし、交通費1000円程度(宮島地域は、2000円程度)と、確認申請書が無い場合は建物図面作成費として5000円程度(図面がある場合は不要)が必要です

■申込方法

市役所6階住宅政策課または市ホームページにある申請書に記入し、住宅政策課まで持参で。

■申込期間

5月16日(金曜日)~10月3日(金曜日)

5月は、軽自動車税納付月

問い合わせ 課税課 電話番号 0829-30-9114

納期限 5月31日(木曜日)

5月は、バイクや軽自動車などを所有している人の軽自動車税の納付月です。
課税の対象となる人に、納税通知書(納付書)を5月上旬に送付します。住所、氏名、標識(車両)番号などの記載に誤りがないか、確認してください。
納付書裏面に記載の納付場所で納期限までに納付してください。
※口座振替の手続きをしている人は、5月31日(木曜日)が振替日です

●減免制度

一定基準以上の身体障がい、精神障がいまたは知的障がいのある人などは、申請すると減免の対象になる場合があります。
※1人につき1台限り
また、公益車両(※)に対しても減免制度があります。

申請方法

印鑑(ゴム製不可)と次の書類などを、課税課または各支所まで持参で。

必要書類

・減免申請書
※市役所2階課税課にあります
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳など
・運転する人の運転免許証
・減免を受けたい軽自動車などの車両の車検証
・減免を受けたい車両の軽自動車税納税通知書
・納税義務者のマイナンバー(個人番号)が確認できる書類(マイナンバー(個人番号)カードまたは通知カード)

※公益車両減免は、車両の用途が分かる写真や書類なども必要です

申請期限

5月31日(木曜日)まで(公益車両減免は5月24日(木曜日)まで)
※期限を過ぎると受け付けできないので、必ず期限内に申請してください

※公益車両…公益のために専ら使用する軽自動車

地域猫活動団体への補助金の交付

問い合わせ 環境政策課 電話番号 0829-30-9132

野良猫によるふん尿被害や繁殖などが地域の大きな問題となっています。
市は、この問題を解決するため、野良猫の繁殖を抑制することで、市民の良好な生活環境を保持する「地域猫活動」を行う団体に、次のとおり補助金を交付します。

地域猫活動とは

野良猫を原因とする生活環境の悪化を地域の問題として地域全体が理解し、これらの猫に不妊手術または去勢手術を施し、餌やり、水やり、排せつ物の処理、周辺の清掃などの管理を継続的に行い、徐々に被害を減らすことを目的とした活動です。

地域猫活動団体とは

地域猫活動を行うことを目的に結成された団体または個人で構成するグループで、活動地域の住民の理解を得て活動を行うもののうち、市から登録の承認を受けたものをいいます。

補助金額

不妊・去勢手術に要する費用を区分に応じて、予算の範囲内で次の額を限度として支払います。

  • 不妊手術(メス) 1匹につき 7500円
  • 去勢手術(オス) 1匹につき 5000円
  • 餌やり、水やり、排せつ物処理 に関する材料費など(活動開始 から1年間) 5万円

補助金交付までの流れ

【1】団体登録申請
活動団体構成員名簿、活動地域地図、活動計画書を添付する。

【2】補助金対象確認
不妊・去勢手術実施前に地域猫管理台帳を作成する。

【3】不妊・去勢手術報告
対象となった地域猫に手術を受けさせ、耳をV字カットする。
地域猫管理台帳と領収書の写しを添付する。

【4】補助金交付申請と補助金交付

県の支援

県でも広島県獣医師会との協働事業で、地域猫活動に取り組む町内会または自治会に対して、不妊・去勢手術の支援を行っています。詳しくは、広島県動物愛護センター(電話番号・0848-86-6511)または環境政策課まで問い合わせてください。

猫と共生する方法を考えましょう

メス猫は生後4~12カ月で妊娠できるようになり、1年に2~4回、1回で4~8頭の子猫を生みます。生まれた野良猫は、飢えや病気、交通事故などで不幸な死を迎えることが多く、寿命は3~5年くらいと言われています。かわいそうな猫をこれ以上増やさず、地域と共生していける方法を考えましょう。

地域猫活動学習会

野良猫を増やさないために市が推奨している「地域猫活動」を分かりやすく解説します。野良猫を迷惑に思う人、野良猫に心を痛めている人、野良猫に餌を与えている人、町内会・自治会の人など、誰でも参加できます。

とき 5月15日(火曜日)14時~15時
ところ 市役所7階

平成30年度 当初予算

問い合わせ 財政課 電話番号 0829-30-9126

「市制施行30周年 躍動と未来を拓く 積極予算」

今年度の一般会計予算額は、582億3,000万円

安定した財政運営を図りながら、廿日市市第6次総合計画を着実に推進することで、市の魅力ある資源をより輝かせ、さらに豊かで活力あるまちになるよう取り組みます。
また、廿日市市まち・ひと・しごと創生総合戦略で、めざすまちの姿を「そこ!にしかない魅力と住みやすさを感じるまち・はつかいち」とし、この実現に向け「まち全体で子どもを育てる」「女性の視点や感性をいかした誰もが住みやすいまち」を大切な視点に、「しごと」が「ひと」を呼び、「ひと」が「しごと」を呼び込む好循環を作ることで、人口減少の克服と地域の活性化を図ります。

■一般会計歳入・歳出予算内訳

※1万円未満の数字は四捨五入、()は対前年度比

歳入 582億3,000万円(16.9パーセント増)

市税  27.6パーセント
160億5,416万円(0.4パーセント増)

借入金(市債) 22.1パーセント
128億8,640万円(56.7パーセント増)

国・県支出金 20.0パーセント
116億2,529万円(21.4パーセント増)

地方交付税 15.0パーセント
87億5,000万円(2.5パーセント増)

交付金(地方譲与税など) 4.8パーセント
27億7,199万円(4.1パーセント増)

繰入金  2.9パーセント
17億978万円(44.9パーセント増)

その他(使用料など) 7.6パーセント
44億3,238万円(21.7パーセント増)

歳出 582億3,000万円(16.9パーセント増)

福祉サービスの提供などに 28.2パーセント
164億423万円(2.8パーセント増)

保健医療やごみ処理などに 20.7パーセント
120億4,947万円(80.6パーセント増)

道路や市街地の整備などに 12.2パーセント
71億390万円(5.6パーセント増)

コミュニティの推進や内部事務の費用などに 10.8パーセント
62億8,672万円(15.2パーセント増)

教育の充実に 10.0パーセント
58億1,372万円(24.6パーセント増)

借入金の返済に  9.1パーセント
52億7,674万円(3.5パーセント減)

消防、救急や防災対策などに 3.9パーセント
22億5,741万円(6.5パーセント増)

商工業、観光の振興のために 2.7パーセント
15億6,655万円(9.7パーセント増)

農林水産業の振興のために 1.8パーセント
10億5,018万円(14.4パーセント増)

その他 0.6パーセント
4億2,108万円(4.1パーセント増)

※平成30年4月1日現在の人口(117,487人)で算出

■市民一人あたりの予算(一般会計) 49万5,600円

民生費 福祉サービスの提供などに
13万9,600円

衛生費 保健医療やごみ処理などに
10万2,600円

土木費 道路や市街地の整備などに
6万500円

総務費 コミュニティの推進や内部事務の費用などに
5万3,500円

教育費 教育の充実に
4万9,500円

公債費 借入金の返済に
4万4,900円

消防費 消防、救急や防災対策などに
1万9,200円

商工費 商工業、観光の振興のために
1万3,300円

農林水産業費 農林水産業の振興のために
8,900円

その他 議会の活動に要する費用などに
3,600円

平成30年度の主な事業

市民一人一人が幸せに暮らせるまちづくりを進め、いつまでも住み続けたい、住んでみたいまちをめざすため、4つの方向性に基づいて重点的に予算を配分しています。
※1万円未満の数字は四捨五入、()内は平成29年度の予算額です
※市ホームページに当初予算の概要を掲載しています

方向性1 くらしを守る

新規 中山間地域の交通結節点整備 2,800万円
バスの待合施設の整備や、バスロケーションシステムの導入などにより、利用者の利便性向上に取り組みます。

新規 高齢者運転免許自主返納者への支援 206万円
運転免許証を自主的に返納した70歳以上の人を対象に自主運行バスの無料利用者証の交付などによる支援を行います。

拡充 空き家対策の推進 1,248万円(553万円)
まちづくりに資する空き家の活用に関して地域と協働して取り組みます。また、空き家を活用するための改修工事費用などの補助制度を拡充します。

新規 合葬および樹木葬墓地の整備 2,000万円
社会環境の変化に伴う墓地形態に対する市民ニーズに応えるため、合葬墓地および樹木葬墓地を整備します。

方向性2 人を育む

拡充 情報化社会に対応するICT教育の推進 8,146万円(5,430万円)
デジタル教科書への対応など、ICT活用教育のための環境整備を推進し、分かりやすい授業づくりをめざします。

新規 小・中学校普通教室への空調設備の整備 1,006万円
全小・中学校の普通教室の空調設備整備に向けて、工事発注のための業務に着手します。

新規 特定不妊治療費の助成 675万円
不妊治療を希望する人の経済的負担を軽減するため、特定不妊治療の費用の一部を補助します。

新規 市制施行30周年記念事業 1,404万円
市制施行から30周年を迎えるにあたり、まちづくりを振り返るとともに廿日市市を未来につなぐ記念事業を実施します。

方向性3 資源を活かす

中山間地域の地域力強化 1億2,870万円(1億2,121万円)
将来に希望を持ち、安心して心豊かに、笑顔で幸せな生活を営むことができるよう、中山間地域の振興に向けて、次の事業に重点的に取り組みます。

地域支援員の配置 2,173万円(2,534万円)

浅原交流施設の整備 9,242万円(8,742万円)

学校跡地の活用 50万円(191万円)

拡充 佐伯高等学校の魅力化支援 786万円(345万円)

新規 公営塾(無料)の開設 69万円

定住中間支援機能の事業化の検討 200万円(309万円)

新規 小さな拠点づくり(吉和地域) 350万円

生涯学習・まちづくり拠点施設の整備
平成30年秋の供用開始に向けて、大野東市民センターを新築します。 4億864万円(2億1,311万円)

宮島おもてなしトイレの整備
観光案内や休憩スペースを備え、誰でも安心して使えるトイレを整備します。 1億2,122万円(1,100万円)

方向性4 新たな可能性に挑む

新機能都市開発事業の推進  1億1,030万円
平良・佐方地区の地権者の居所把握や意向確認、測量調査、関係機関協議などを行います。

宮島口地区の賑わい創出のための環境整備 8,091万円(8億5,681万円)
宮島口地区を新たな観光交流拠点とし、賑わいを創出できるよう、交通・環境・景観などの総合的な整備を行います。 13億

シティプロモーション(※)の推進 2,897万円(2,927万円)

産業支援プラットフォーム(※)の運営 1,514万円(1,447万円)

拡充 ホストタウンの推進  3,000万円(41万円)
2020年東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンとして、メキシコ競技団体の事前合宿を受け入れることにより、市民とアスリートとの交流を通して「東京2020」の機運醸成を図ります。

※シティプロモーション…市の魅力を市内外に情報発信することで、市民の市に対する愛着と誇りを育むとともに、市外から市内への移住促進を図る取り組み
※産業支援プラットフォーム…産学金官による多様な主体が参画して対話する場。市内での経済活動や新規創業などを総合的に支援していく体制

各会計別予算の状況

一般会計のほか、目的に応じて区分されている特別会計、民間企業と同じ会計制度になっている企業会計の状況は、次の表のとおりです。
※△はマイナス。1万円未満は四捨五入

■平成30年度 会計別予算の状況

一 般会計

平成30年度予算 582億3,000万円
平成29年度予算 498億1,000万円
対前年度比 16.9パーセント

特別会計

国民健康保険

平成30年度予算 122億1,430万円
平成29年度予算 148億9,227万円
対前年度比 △18.0パーセント

介護保険

平成30年度予算 100億211万円
平成29年度予算 94億8,106万円
対前年度比 5.5パーセント

後期高齢者医療

平成30年度予算 15億7,123万円
平成29年度予算 14億7,576万円
対前年度比 6.5パーセント

漁港管理

平成30年度予算 1,924万円
平成29年度予算 1,974万円
対前年度比 △2.5パーセント

公共下水道事業

平成30年度予算 61億201万円
平成29年度予算 54億7,611万円
対前年度比 11.4パーセント

小規模下水道事業

平成30年度予算 6,189万円
平成29年度予算 1億5,593万円
対前年度比 △60.3パーセント

墓地管理事業

平成30年度予算 4,903万円
平成29年度予算 3,203万円
対前年度比 53.1パーセント

簡 易水道事業

平成30年度予算 3億8,096万円
平成29年度予算 4億814万円
対前年度比 △6.7パーセント

農業集落排水事業

平成30年度予算 3,542万円
平成29年度予算 3,266万円
対前年度比 8.5パーセント

港湾管理事業

平成30年度予算 3,476万円
平成29年度予算 3,387万円
対前年度比 2.6パーセント

市営住宅事業

平成30年度予算 2億9,536万円
平成29年度予算 6億8,688万円
対前年度比 △57.0パーセント

宮島水族館事業

平成30年度予算 8億9,162万円
平成29年度予算 9億1,336万円
対前年度比 △2.4パーセント

小計

平成30年度予算 316億5,793万円
平成29年度予算 336億781万円
対前年度比 △5.8パーセント

企業会計

水道事業

平成30年度予算 37億6,646万円
平成29年度予算 39億962万円
対前年度比 △3.7パーセント

国民宿舎事業

平成30年度予算 4,581万円
平成29年度予算 4,137万円
対前年度比 10.7パーセント

小計

平成30年度予算 38億1,227万円
平成29年度予算 39億5,099万円
対前年度比 △3.5パーセント

総合計

平成30年度予算 937億20万円
平成29年度予算 873億6,880万円
対前年度比 7.2パーセント

企業会計

2つの企業会計の概要は、次のとおりです。

■平成30年度国民宿舎事業会計予算

問い合わせ 観光課 電話番号 0829-30-9142

今年度の国民宿舎事業会計の予算額は、対前年度比10.7パーセントの増となり、4,581万円です。

業務の予定量
年間宿泊者 2万9,370人
年間休憩者 9,500人
年間レストラン利用者 1万2,193人
年間入浴者 6,000人

※運営は指定管理者が行います

■平成30年度水道事業会計予算

問い合わせ 水道局業務課 電話番号 0829-32-5295

今年度の水道事業会計の予算額は、対前年度比3.7パーセントの減となり、37億6,646万円です。

業務の予定量
給水件数 4万7,060件
年間総給水量 1,302万立方メートル
1日平均給水量 3万5,666立方メートル

主な事業
配水管の整備 4億7,106万円

市の貯金

経済の不況などで大幅な収入減となった場合や、大災害が発生して予想していなかったお金を支出しなければならない場合など、不測の事態に備えて「財政調整基金」という貯金を積み立てています。

■財政調整基金の推移

※H21年度~H28年度は決算額、H29年度、H30年度は決算見込み額です

借入金の残高

平成30年度末の借入金残高、臨時財政対策債を除く実質的な借入金残高とも増加する見込みです。

■借入金残高の推移

※H21年度~H28年度は決算額、H29年度、H30年度は決算見込み額です。H28年度繰越分はH29年度に、H29年度繰越予定分はH30年度に計上しています。実質的な市債残高は、市債のうち、全額交付税措置のある臨時財政対策債を除いたものです

平成29年度予算の執行状況

平成30年3月末までに、昨年度の予算をどのくらい使っているのか、表にしています。
平成29年度予算の歳入歳出は、5月31日までに整理を行うことになっているため、予算現額以外は最終的なものではありません。

用語解説
※1 予算現額:平成29年度歳入・歳出の最終予算額
※2 支出済額:歳出予算で支払いが終了または確定している額
※3 調定額:平成29年度に入ってくるべきお金

■一般会計【歳出】

議会費
予算現額※1(A) 3億7,375万円
支出済額※2(B) 3億6,678万円
執行率(B/A) 98.1パーセント

総務費
予算現額※1(A) 53億9,958万円
支出済額※2(B) 46億9,894万円
執行率(B/A) 87.0パーセント

民生費
予算現額※1(A) 164億7,655万円
支出済額※2(B) 135億108万円
執行率(B/A) 81.9パーセント

衛生費
予算現額※1(A) 65億2万円
支出済額※2(B) 29億1,731万円
執行率(B/A) 44.9パーセント

農林水産業費
予算現額※1(A) 9億158万円
支出済額※2(B) 6億7,205万円
執行率(B/A) 74.5パーセント

商工費
予算現額※1(A) 14億5,131万円
支出済額※2(B) 13億1,015万円
執行率(B/A) 90.3パーセント

土木費
予算現額※1(A) 71億8,404万円
支出済額※2(B) 38億783万円
執行率(B/A) 53.0パーセント

消防費
予算現額※1(A) 20億2,375万円
支出済額※2(B) 17億681万円
執行率(B/A) 84.3パーセント

教育費
予算現額※1(A) 57億1,404万円
支出済額※2(B) 38億1,935万円
執行率(B/A) 66.8パーセント

災害復旧費
予算現額※1(A) 1,927万円
支出済額※2(B) 1,150万円
執行率(B/A) 59.7パーセント

公債費
予算現額※1(A) 65億7,267万円
支出済額※2(B) 43億9,638万円
執行率(B/A) 66.9パーセント

予備費
予算現額※1(A) 2,638万円
執行率(B/A) 0.0パーセント

歳出合計
予算現額※1(A) 526億4,294万円
支出済額※2(B) 372億818万円
執行率(B/A) 70.7パーセント

■一般会計【歳入】

市税
予算現額※1 160億6,176万円
調定額※3 163億4,777万円
収入済額 156億3,353万円
調定に対する収入率 95.6パーセント

その他
予算現額※1 365億8,118万円
調定額※3 293億2,682万円
収入済額 269億2,116万円
調定に対する収入率 91.8パーセント

■特別会計

予算現額※1 337億5,187万円
調定額※3 277億5,310万円
収入済額 249億345万円
収入率 89.7パーセント
支出済額※2 274億7,619万円
執行率 81.4パーセント

News & Information 講座・イベント

■廿日の市

観光課 電話番号 0829-30-9141

とき 5月20日(日曜日)8時~11時30分
ところ 市役所市民プラザ
問い合わせ はつかいち観光協会 電話番号 0829-31-5656

新鮮な野菜や果物、手作りの小物などが並びます。再興して20周年、毎回賑やかな定期市。

さくらぴあシネマ企画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」

さくらぴあ 電話番号 0829-20-0111

「結婚式の直前、意識不明となった花嫁を、新郎は待ち続けた…」。実話から生まれた、8年間の奇跡のラブストーリーです。

とき 6月16日(土曜日) 1回目10時30分~、2回目14時~(各上映開始時間の30分前開場)
※各回完全入れ替え制

ところ さくらぴあ大ホール

上映時間1時間59分
※日本語字幕付き

入場料 全席自由1,000円
※未就学児の入場不可
※客席内での飲食不可

さくらぴあ新人コンクール

さくらぴあ 電話番号 0829-20-0111

予選審査を通過した、20人の若き音楽家たちの演奏をお楽しみください。ピアノ、声楽、管楽器などジャンルもさまざまです。招待演奏では、昨年、大賞を受賞した廿日市市出身の山(やま)口(ぐち)水(みず)蛍(ほ)さん(声楽)が登場します。

とき 5月27日(日曜日)13時30分開演(13時開場)
ところ さくらぴあ大ホール
※未就学児の入場不可

平清盛公生誕900年記念事業

観光課 電話番号 0829-30-9141

■BOZ24仏響の祭典

若手の真言僧侶が平清盛公の事跡をたたえるため、仏教音楽(声明)を中心とした法要を、平清盛公が平家納経を奉納した嚴島本持仏、大聖院の十一面観世音菩薩に捧げます。

とき 5月23日(水曜日)11時~
ところ 大聖院観音堂
問い合わせ 大聖院 電話番号 0829-44-0111

■平曲(平家琵琶)奉納演奏

荒(あら)尾(お)努(つとむ)「清盛の夢~平曲継起20周年記念演奏会」
平清盛公があつく信仰した嚴島神社で、日本の伝統文化の平家一門と縁の深い平曲(平家琵琶)を演奏します。

とき 5月26日(土曜日)19時開演
ところ 嚴島神社高舞台
チケット 前売り3000円(当日3500円)
問い合わせ 「清盛の夢」実行委員会事務局・荒尾努 電話番号 090(8723)2326

■第2回公開講座「平清盛の独創性と人間的魅力について」

神戸大学名誉教授の高(たか)橋(はし)昌(まさ)明(あき)さんの解説により、平清盛の人間的魅力に迫ります。

とき 6月10日(日曜日)14時~15時30分
ところ みやじま杜の宿
定員 100人(申し込み多数の場合、抽選)

申込方法
往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、希望人数、「第2回公開講座参加希望」を記入し、次へ。
〒739―0505 宮島町1162の18 宮島観光協会公開講座係
※返信宛名面に住所、氏名を記入してください
※1枚につき2人まで

申込締切 5月20日(日曜日)(消印有効)
問い合わせ 宮島観光協会 電話番号 0829-44-2011

大野瀬戸と西国街道にふれてみましょう

観光課 電話番号 0829-30-9141

対岸の宮島を眺めながら、大野瀬戸の自然と景色を楽しみましょう。石畳のモニュメントは往時をしのばせてくれます。

とき 5月26日(土曜日)9時~15時(8時50分集合)
集合・解散場所 JR大野浦駅北口
定員 50人(先着順)
参加費 500円
問い合わせ・申込先 はつかいち観光協会まで電話(電話番号・0829-31-5656)で。

第4回干潟の観察会

宮島水族館 電話番号 0829-44-2010

嚴島神社・水族館沖の干潟でカニやエビ、貝などの観察をして干潟の役割を学びましょう。

とき 5月26日(土曜日)13時~15時50分(小雨決行、荒天中止)
対象 小学生以上の子どもと保護者
定員 40人(申し込み多数の場合、抽選)
参加費 1人300円(要別途入館料)

申込方法
宮島水族館公式ホームページの専用応募フォームから、または往復はがきに参加希望者全員の氏名(ふりがな)、年齢、代表者の住所、氏名(ふりがな)、電話番号(連絡が一番つきやすい番号)、ファクス番号(持っている人)またはメールアドレス、「第4回干潟の観察会参加希望」を記入し、次へ。
〒739―0534 宮島町10の3宮島水族館「第4回干潟の観察会」参加者募集係
※応募は1組につき1通まで

申込締切 5月14日(月曜日)(必着)

姉妹都市提携20周年記念ニュージーランドフェア

協働推進課 電話番号 0829-30-0201

今年は、廿日市市とニュージーランド・マスタートン市が姉妹都市提携を結んで20周年の年です。これを記念して、ニュージーランドのお菓子(マヌカハニー、チョコレート)やお酒などを販売します。ぜひお立ち寄りください。

とき 5月19日(土曜日)13時~19時、20日(日曜日)10時~17時
※19日は13時からオープニングイベントがあります
ところ ゆめタウン廿日市1階イベント広場前通路

人権講演会

佐伯支所 電話番号 0829-72-1114

誰もが暮らしやすい地域をめざして、地域のみんなで人権のことを一緒に考えてみませんか。
テーマ 「誰もが暮らしやすい地域社会を目指して」

とき 6月9日(土曜日)13時~15時(12時30分開場)
ところ さいき文化ホール
講師 寺(てら)尾(お)文(ぶん)尚(しょう)さん(社会福祉法人ひとは福祉会理事長)

やすらぎ支援員養成研修

高齢介護課 電話番号 0829-30-9167

認知症の人の住まいに、2人1組で訪問し、話し相手として本人や家族が安らぎのある時間を過ごせるよう手伝うボランティア「やすらぎ支援員」を養成する研修です。交通費と活動費を実績に応じて支給します。

対象 全日程を受講できる人
定員 10人(申し込み多数の場合、抽選)
申込方法 廿日市高齢者ケアセンターまで電話(電話番号・0829-36-2552)で。
申込締切 5月25日(金曜日)

6月1日(金曜日)10時~11時30分

内容 オリエンテーション
ところ さくらぴあ

6月8日(金曜日)10時~15時

内容 認知症の理解・関わり方
ところ さくらぴあ

6月13日(水曜日)10時~13時

内容 緊急時の対応
ところ 市役所7階

6月22日(金曜日)10時~14時

内容 認知症に関わる社会資源
ところ さくらぴあ

7月6日(金曜日)10時~12時30分

内容 訪問の心得・家族介護者体験
ところ さくらぴあ

7月20日(金曜日)10時~11時30分

内容 やすらぎ支援員の実際
ところ さくらぴあ

【1】6月18日の週から毎週同じ曜日を4回 【2】2時間程度を1回 【3】研修期間中の火曜日

内容 実習(【1】基礎実習・【2】訪問実習・【3】サロン実習)
ところ 実習先
 

8月3日(金曜日)10時~11時30分

内容 修了式
ところ さくらぴあ

定期救命講習

消防本部警防課 電話番号 0829-30-9233

基本的な心肺蘇生法(実技)、AEDの使用方法、止血法などを講習します。
※4回の講習のうち、いずれかに参加し、一定のレベルに達すると修了証が交付されます

とき

  • 第1回 6月1日(金曜日)18時30分~21時30分
  • 第2回 9月8日(土曜日)9時~12時
  • 第3回 12月2日(日曜日)13時30分~16時30分
  • 第4回 2月4日(月曜日)9時~12時

ところ 消防本部5階研修室
対象 中学生以上で市内に在住、在勤、在学の人
定員 各回30人(先着順)

申込先

  • 廿日市消防署 電話番号 0829-30-9234
  • 廿日市消防署西分署 電話番号 0829-38-4131
  • 廿日市消防署佐伯分署 電話番号 0829-72-1312
  • 大野消防署 電話番号 0829-55-1119
  • 宮島消防署 電話番号 0829-44-2800

申込締切 各開催日の5日前

消防写生大会

消防本部予防課 電話番号 0829-30-9232

消防車や救急車の絵を描きませんか。

とき 5月19日(土曜日)10時~12時
ところ 新宮中央公園
対象 3歳~小学6年生(幼児は保護者同伴)
持ち物 写生道具、画板
※画用紙は会場で配布します
※駐車場に限りがあるため、できるだけ公共交通機関を利用してください

甲種防火管理者新規講習

消防本部予防課 電話番号 0829-30-9232

防火管理者の資格を取得するために必要な講習会です。

とき 7月5日(木曜日)・6日(金曜日)
ところ 商工保健会館
定員 120人(先着順)
受講料 7500円
申込方法 最寄りの消防署にある申込用紙に記入し、持参またはファクスで次へ。
申込先 広島市中区中町8の18 7階 広島県消防設備協会 ファックス番号 082-249-9410
申込期間 5月21日(月曜日)~6月1日(金曜日)

県立広島大学公開講座 頭と体をフル活用! 簡単エクササイズ講座

生涯学習課 電話番号 0829-30-9203

楽しい音楽に合わせて、全身の筋肉をバランスよく動かす運動を行います。誰でもできるサーキットトレーニングです。

とき 5月31日(木曜日)10時~11時30分
ところ あいプラザ
講師 県立広島大学 鍛(か)島(しま)秀(ひで)明(あき)さん
定員 30人程度(申し込み多数の場合、抽選)
持ち物 運動靴、飲み物、タオル、動きやすい服装
申込方法 往復はがきに住所、氏名、年齢、電話番号を記入し、次へ。
〒738―8501(住所不要)廿日市市役所生涯学習課
※返信宛名面に受講希望者の住所、氏名(様)を記入してください
申込締切 5月15日(火曜日)(必着)

春の草花と樹木の観察会

おおの自然観察の森 電話番号 0829-55-3000

植物が芽吹き、昆虫なども冬眠から目覚め、活発に活動する季節です。自然の営みや大切さを実感してみませんか。

とき 5月13日(日曜日)10時~12時
ところ おおの自然観察センター周辺および園内
講師 広島県森林インストラクター田(た)渕(ぶち)三(み)紀(き)子(こ)さん

鳥獣被害対策勉強会

農林水産課 電話番号 0829-30-9148

サルやイノシシなど、人里近くに出没する鳥獣の生態と防除方法に関する勉強会を開催します。
講師 鳥獣被害対策アドバイザー井(いの)上(うえ)雅(まさ)央(てる)さん

  • 5月29日(火曜日) 
    10時~ 四季が丘市民センター 問い合わせ・申込先 電話番号 0829-38-3365
    13時30分~ 友和市民センター 問い合わせ・申込先 電話番号 0829-74-0001
  • 6月26日(火曜日)
    10時~ 宮園市民センター 問い合わせ・申込先 電話番号 0829-39-1699
    13時30分~ 浅原市民センター 問い合わせ・申込先 電話番号 0829-72-0001
  • 7月24日(火曜日)10時~ 佐方市民センター 問い合わせ・申込先 電話番号 0829-32-5049
  • 8月3日(金曜日)
    10時~ 大野西市民センター 問い合わせ・申込先 電話番号 0829-55-2017
    13時30分~ 阿品台市民センター 問い合わせ・申込先 電話番号 0829-39-4338
  • 8月28日(火曜日)
    10時~宮内市民センター 問い合わせ・申込先 電話番号 0829-39-6011
    13時30分~ 津田市民センター 電話番号 0829-72-0336
  • 9月25日(火曜日)13時30分~ 大野市民センター 問い合わせ・申込先 電話番号 0829-55-3251
  • 10月23日(火曜日)10時~ 玖島市民センター 問い合わせ・申込先 電話番号 0829-74-0505

■近隣市町の情報をお知らせ【安芸高田市】
広島県北部神楽競演大会

とき 5月26日(土曜日)13時開演(10時30分開場)
ところ 神楽門前湯治村
神楽門前湯治村の神楽ドーム五大神楽大会の一つ。活躍が期待される実力ある神楽団が集まり、舞を披露します。

問い合わせ
さつき選抜2018実行委員会 電話番号 0826-54-0888

■近隣市町の情報をお知らせ【広島市】
ひろしまフラワーフェスティバル

とき 5月3日(祝日)~5日(祝日)
ところ 平和記念公園、平和大通り
今年のテーマは「世界へとどけ 花と平和のメッセージ」。パレード、ひろば、ステージを祭りの柱とし、今年で42回目の開催です。

問い合わせ
ひろしまフラワーフェスティバル実行委員会企画実施本部 電話番号 082-294-4622

■トワイライトエクスプレス「瑞風」の立ち寄り

とき 5月21日(月曜日) 停車時間:13時55分~14時24分、17時03分~17時33分
ところ JR宮島口0829-55-4番ホーム
寝台列車トワイライトエクスプレス「瑞風」が、JR宮島口駅に立ち寄り、列車の到着や出発を間近に見ることができます。

問い合わせ
観光課 電話番号 0829-30-9141

News & Information募集

学校給食用物資納入業者登録の受け付け

学校教育課 電話番号 0829-30-9215

 平成30年9月から平成32年3月まで、大野学校給食センターで使用する食材料の納入を希望する業者の登録の受け付けを行います。

申請方法 市役所4階学校教育課にある申請用紙に記入し、学校教育課まで持参で。
受付期間 5月14日(月曜日)~24日(木曜日)

市営墓地使用者募集

環境政策課 電話番号 0829-30-9132

 市営墓地の使用者を募集します。

第二霊峯墓苑

 所在地(宮内840の1)、募集区画数20区画、永代使用料66万円、永代管理料12万8000円

霊峯墓苑

 所在地(宮内3970の1)、募集区画数4区画、永代使用料99万円、永代管理料12万8000円

阿品墓地

 所在地(阿品2の393の1)、募集区画数2区画、永代使用料99万円、永代管理料12万8000円

応募資格 次の【1】~【3】すべてを満たす人
【1】現に焼骨を有し、応募する人が市内に居住し、住民登録をしている人
※ただし、応募する人が市外に居住していても、死亡した人の最終住民登録地が市内であれば該当します
【2】現に市営墓地の使用許可を受けていない人
【3】9月28日(金曜日)までに使用料・管理料を一括で納入し、12月21日(金曜日)までに納骨・改葬を完了できる人

選考方法 抽選の上、当落および使用区画を決定します。
申込方法 市役所6階環境政策課にある申込用紙に記入し、環境政策課まで持参で。
応募期間 5月8日(火曜日)~6月5日(火曜日)

みやじまトライアスロン ボランティア募集

観光課 電話番号 0829-30-9141

【1】コースの清掃ボランティア

内容 スイム上陸地点(宮島口西)、バイクコース(大頭神社~渡ノ瀬ダム、所山~魅惑の里)の清掃
とき 6月24日(日曜日)8時30分~12時
ところ 商工保健会館駐車場集合
定員 15人
申込期間 5月18日(金曜日)~6月15日(金曜日)

【2】大会当日のボランティア

内容 選手の誘導、フィニッシュサポートなど
とき 7月1日(日曜日)
ところ 吉和エリア内
対象 満16歳以上(大会当日に現地集合ができる人)
定員 20~30人
申込期間 5月7日(月曜日)~6月7日(木曜日)
〈共通事項〉
申込方法 大会ウェブサイトの問い合わせフォームから。http://miyajimatriathlon.com/contact.php(外部リンク)
問い合わせ 廿日市商工会議所 電話番号 0829-34-4570

ニュージーランド海外研修旅行参加者募集

協働推進課 電話番号 0829-30-0201

 姉妹都市であるニュージーランド・マスタートン市への研修旅行の参加者を募集します。
 研修旅行中、ホームステイ(5泊6日)し、学校訪問、(株式会社)ウッドワンの協力で現地での記念植樹、首都のウエリントンやオークランドの見学などを予定した、姉妹都市ならではの充実した研修旅行です。

とき 8月16日(木曜日)~25日(土曜日)

応募資格 
次のすべてを満たす人
【1】市内在住で中学生以上の生徒、学生
【2】旅行期間中、自身の健康管理ができる人
【3】この研修に参加したことがない人

募集人数 8人程度(応募多数の場合、中学生と高校生を優先、または抽選)

自己負担額 31万円程度(要別途協会年会費)
※総費用のうち、7万円程度を国際交流協会が助成
※為替レートなどにより、代金の変更あり

応募方法 国際交流協会(市民活動センター内)にある申込用紙に記入し、持参で。
応募締切 5月23日(水曜日)17時
問い合わせ 国際交流協会事務局 電話番号 0829-20-0116

広島東洋カープ共同応援参加者募集

経営政策課 電話番号 0829-30-9120

 広島広域都市圏の住民の交流を図るため、ウエスタンリーグ広島東洋カープの共同応援(対オリックス・バファローズ戦)と、岩国市の錦帯橋周辺の観光バスツアーを行います。

とき 6月23日(土曜日)9時~17時30分(予定)
集合・解散場所 JR広島駅新幹線口
対象 廿日市市など広島広域都市圏に在住の人(小学生は保護者の同伴が必要)
定員 80人(申し込み多数の場合、抽選)
参加費 1人2000円
※昼食は各自で用意してください

申込方法 広島広域都市圏ホームページから、または往復はがきに参加者全員の住所、氏名、年齢、電話番号を記入し、次へ。
〒730―8586(住所不要)広島市役所広域都市圏推進課内広島広域都市圏協議会
※はがき1枚につき5人まで

申込締切 5月18日(金曜日)(消印有効)
問い合わせ 広島広域都市圏協議会 電話番号 082-504-2017

「瑞風」の写真を募集します

観光課 電話番号 0829-30-9141

 トワイライトエクスプレス「瑞風」の運行開始1周年を記念して、JR宮島口駅で展示する「瑞風」の写真を募集します。

募集期間 5月1日(火曜日)~28日(月曜日)(必着)
提出先 〒739―0411 宮島口1の3の23宮島口駅瑞風写真展事務局係宛
※A3サイズで1人3点まで
問い合わせ 宮島口駅ナビダイヤル 電話番号 0570-66-6303

生涯学習フェスティバル 市民ステージinさくらぴあ 出演者募集

生涯学習課 電話番号 0829-30-9203・ファックス番号 0829-32-5163

 さくらぴあのステージで洋舞や日本の踊り、器楽演奏、邦楽、演劇などを発表してみませんか。

とき 11月4日(日曜日)10時~15時(発表時間は出入りの時間を含めて1団体につき5~8分程度)
ところ さくらぴあ大ホール
対象 文化団体または個人
定員 30~40団体(応募者多数の場合、抽選)

応募方法 
市役所4階生涯学習課、さくらぴあ、各市民センターにある応募用紙に記入し、郵送またはファクスで、次へ。
〒738―8501(住所不要) 廿日市市役所生涯学習課市民ステージinさくらぴあ募集係

募集期間 5月1日(火曜日)~25日(金曜日)(必着)

成人式実行委員の募集

生涯学習課 電話番号 0829-30-9203

 平成31年1月14日(祝日)にさくらぴあで開催予定の平成31年成人式のオープニングの企画や記念品の選定など、企画・運営を行う実行委員を募集します。

活動期間 6月~平成31年2月末
活動場所 市役所またはさくらぴあ会議室
対象 平成31年成人式参加対象者(平成10年4月2日~平成11年4月1日生まれ)または平成32年成人式参加対象者(平成11年4月2日~平成12年4月1日生まれ)
募集人数 10人程度

申込方法 
生涯学習課まで電話またはファクス(ファックス番号 0829-32-5163)で。または、現住所、氏名(ふりがな)、生年月日、連絡先(電話番号・メールアドレス)を記入し、メール(shogaigakushu@city.hatsukaichi.lg.jp)または郵送で次へ。
〒738―8501(住所不要)廿日市市役所生涯学習課内廿日市市成人式実行委員会
※メールの場合は件名に「成人式実行委員希望」と記入してください

申込締切 5月25日(金曜日)(必着)

■協働によるまちづくり審議会委員募集

「廿日市市協働によるまちづくり審議会」の公募委員を募集します。詳しくは市ホームページ、公式フェイスブックを確認してください。

問い合わせ
協働推進課 電話番号 0829-32-3810

News & Information一般

国立・県立・私立の小・中学校在学者への就学費の援助

学校教育課 電話番号 0829-30-9202

国立・県立・私立の小・中学校に在学し、経済的な理由で就学が困難と認められ、市に住所を有する児童・生徒の保護者に対して、学用品などの経費を援助します。
援助を希望する人は、現在通学している学校または市役所4階学校教育課へ申し出てください。

「廿日市市の環境」の閲覧

環境政策課 電話番号 0829-30-9132

廿日市市環境基本計画に基づく平成28年度の施策や市域の環境に関する測定結果などをまとめた「廿日市市の環境」を、市ホームページまたは、次の場所で閲覧できます。

  • 市役所6階環境政策課
  • 各支所
  • 各市民センター
  • 各図書館

PM2・5、光化学オキシダントに注意してください

環境政策課 電話番号 0829-30-9132

微小粒子状物質(PM2・5)は、粒子の大きさが小さく、人への健康影響が懸念されています。県内のPM2・5の濃度が高くなると判断された場合、県から高濃度予報が発表されます。
また、光化学オキシダントは、気温が高く、風の弱い日に発生しやすくなり、目やのどの痛み
などを引き起こすことがあります。濃度が高い状態が継続すると認められる場合には、県から光化学オキシダント注意報などが発令されます。
県から注意喚起や注意報などが発令されたときは、屋外に面した窓は閉め、できるだけ屋外での激しい運動は避けましょう。
市は、県から注意喚起や注意報などが発令された場合に、市内の小・中学校、保育園へ情報提供し注意を促します。
注意喚起や注意報などの発令は県環境情報サイト「広島県大気情報ポータルサイト」で迅速に知らされます。また、市ホームページにもPM2・5と光化学オキシダントの情報を掲載しているので、確認してください。

アルゼンチンアリの防除

環境政策課 電話番号 0829-30-9132

アルゼンチンアリの防除は、早期発見、早期対応が重要です。アルゼンチンアリは、地域全体に巨大な巣を作るため、巣全体にダメージを与える一斉防除が効果的です。

防除範囲
川や車がすれ違える程度の幅の道に囲まれた範囲で防除を実施することで、周囲から再び侵入してくる可能性が下がります。そのため、一斉防除は町内会や自治会規模で実施することをお勧めします。

防除方法と市有地の取り扱い
市は、アルゼンチンアリの一斉防除に関するマニュアルの配布や出前トークを行っています。ぜひ活用してください。
また、防除を実施する町内会などの区域内に市有地(公園・学校・市民センターなど)がある場合は、防除の3週間前までに市役所6階環境政策課に相談してください。

防災行政無線などによる全国一斉の情報伝達訓練

危機管理課 電話番号 0829-30-9102

地震・津波などの災害時や武力攻撃時に、国から送られてくる緊急情報を確実に市民の皆さんに伝えるため、全国一斉に全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達訓練を実施します(年4回実施予定)。
市は、防災行政無線による試験放送と登録制の「はつかいちし安全・安心メール配信サービス」による試験メールの配信を行います。実施時はいずれも「試験」であることが分かるよう放送・配信します。

とき 5月16日(水曜日)11時ごろ

「災害時における指定緊急避難場所としての使用に関する協定」の締結

危機管理課 電話番号 0829-30-9102

これまで指定緊急避難場所としていた平良体育館が、平成29年3月末で使用停止となったため、(株式会社)ユニマットリタイアメント・コミュニティと協定を締結し、「廿日市ケアセンターそよ風(上平良1355の19)」を新たな指定緊急避難場所としました。

工業統計調査を実施します

経営政策課 電話番号 0829-30-9122

6月1日現在で工業統計調査を実施します。
この調査は、全国の製造業事業所(国に属する事業所および従業者3人以下の事業所を除く)を対象とし、工業の実態を明らかにするために行うものです。5月以降、調査員が調査員証を携行して各事業所へ訪問するので、ご協力をお願いします。
なお、調査内容は統計作成の目的以外に使用することはありません。

緊急輸送道路沿道建築物の耐震診断費用の補助

建築指導課 電話番号 0829-30-9191

緊急輸送道路沿道建築物の耐震診断に関する費用の一部を補助します。

対象となる建築物

  • 昭和56年5月31日以前に着工され、建築基準法による確認通知書または検査済証の交付を受けたもの
  • 建築物の敷地が、広島県地域防災計画で指定された緊急輸送道路(国道2号、県道30号(廿日市佐伯線)、県道43号(厳島公園線))に接しているもので、地震時の倒壊により、この道路を通行することができなくなる恐れのあるもの


補助内容 耐震診断費用の3分の2以内(上限額200万円)

申込資格

  • 市の税および使用料などを滞納していないこと
  • 平成31年3月末までに完了報告が可能なこと

申込方法 市役所6階建築指導課または市ホームページにある申込用紙に記入し、建築指導課まで持参で。
申込締切 10月10日(水曜日)
※申込用紙の内容と添付書類がすべて整ったものから順番に受け付け、予算額に達した場合は、受け付けを締め切ります

危険ながけ付近の住宅を守る補助

建築指導課 電話番号 0829-30-9191

■土砂災害対策改修費用の補助

土砂災害特別警戒区域内の既存建築物で、土砂災害に対する構造耐力上の安全性を有していないものに対し、改修に必要な費用の一部を補助します。
対象となる住宅 次の【1】、【2】を満たす住宅
【1】土砂災害特別警戒区域内にある住宅
【2】建築基準法で定める土砂災害特別警戒区域内に居室を有する建築物の構造基準に適合しない既存不適格である住宅
補助金額 事業実施者が住宅などの土砂災害対策改修に要する工事費に23パーセントを乗じて得た額。住宅などの土砂災害対策改修に要する対象工事費は330万円(補助額75万9000円)を限度とします。
申請方法 市役所6階建築指導課にある申請書に必要書類を添付し、持参で。
申込締切 10月10日(水曜日)
※期間内であっても、予算額に達した場合は、受け付けを締め切ります

■がけ地近接等危険住宅移転費用の補助

がけ地の崩壊などにより、市民の生命に危険を及ぼす区域で、住宅の除却または移転を行う費用を補助します。

対象となる住宅
次の【1】~【3】いずれかを満たし、既存不適格建築物の除却または移転を行う住宅
【1】条例に基づき指定した災害危険区域内にある住宅
【2】条例で建築を制限されている区域内(いわゆる「がけ条例」の区域)にある住宅
【3】土砂災害特別危険区域内にある住宅

補助内容など、詳しくは建築指導課まで問い合わせてください。

民間建築物アスベスト対策調査の補助

建築指導課 電話番号 0829-30-9191

吹付け建材などにアスベストが含まれているかどうかの調査に必要な費用を補助します。

対象となる建築物
・吹付け建材などにアスベストが含まれている可能性があること
・建築基準法の規定に適合して建築していること
・平成31年2月末までに完了報告が可能なこと

補助金額 調査会社などへ支払う経費で、1棟あたり25万円が上限

申込資格
・対象建築物の所有者などであること
・市の税と使用料などを滞納していないこと

申込方法 市役所6階建築指導課または市ホームページにある申込用紙に記入し、建築指導課まで持参で。
申込締切 10月10日(水曜日)
※申込用紙の内容と添付書類がすべて整ったものから順番に受け付け、予算額に達した場合は、受け付けを締め切ります

JR大野浦駅周辺整備の完了

施設整備課 電話番号 0829-30-9181

JR大野浦駅周辺の整備(自由通路・駅前広場・公衆トイレ・市道)が完了しました。

都市計画の案の縦覧

都市計画課 電話番号 0829-30-9190

次の都市計画変更の案を策定したので、縦覧を行います。
この案に関して意見がある人は、縦覧期間内に意見書を提出することができます。

縦覧期間 5月14日(月曜日)~28日(月曜日)
※土・日・祝日に縦覧を希望する場合は、事前に連絡してください

縦覧場所 市役所6階都市計画課

都市計画案(広島圏都市計画)
・都市計画道路小高江鼓カ浜線
・都市計画道路宮島口桟橋線
・厳島港臨港地区

意見書の提出 都市計画の案の名称、住所、氏名、当該施設などに関する利害関係の内容、意見、意見提出日を記入し、市役所6階都市計画課まで持参または郵送で次へ。
〒738―8501(住所不要)廿日市市役所都市計画課
※郵送で提出する場合、最終日の消印有効です

■納期限 5月31日(木曜日)

固定資産税・都市計画税1期および全期前納、軽自動車税、保育料5月、延長保育料5月、留守家庭児童会利用料5月、市営住宅使用料5月、市営住宅駐車場使用料5月、社会福祉施設入所者負担金4月

■夜間納税窓口 5月

21日(月曜日)
22日(火曜日)
17時15分~19時45分
市役所1階税制収納課

問い合わせ税制収納課 電話番号 0829-30-9111

■水道料金納期

納付書での支払いは、5月31日(木曜日)までです。

問い合わせ
水道局お客さまセンター 電話番号 0829-32-2286

■活動資金募集のお願い

福祉総務課 電話番号 0829-30-9150
問い合わせ 日本赤十字社広島県支部廿日市市地区(市社会福祉協議会内) 電話番号 0829-20-0294

日本赤十字社は、国内外での災害救護活動などの人道的活動を行っており、人の命と健康を守る活動に取り組む赤十字事業は、皆さんからの活動資金によって支えられています。
5月は「赤十字会員増強運動月間」です。赤十字活動へのご理解、ご支援をお願いします。

News & Information福祉・介護

黒い雨体験相談・支援事業

保険課 電話番号 0829-30-9160

原子爆弾投下直後に降った黒い雨により、今も健康に不安を抱える人に対する相談・支援事業を今年度も行います。
対象 市内在住で、被爆者健康手帳または第一種健康診断受診者証を持っていない人で、市などが被爆地域の拡大を求めた地域で、原爆投下直後に黒い雨を体験し、健康に不安のある人

事業内容
【1】保健師相談 (予約制)
市の保健師が健康不安の相談に応じます。
【2】専門医相談(予約制)
保健師との相談の後、希望に応じて専門医に相談ができます。
【3】巡回相談(予約制)
保健師との相談から専門医・臨床心理士による相談までを一括して行います。
【4】健康診断料の助成
専門医と相談をした人で、特定健診や後期高齢者健診、市が実施するがん検診を受診し、自己負担が生じている場合は、年1回に限り、後払いで助成します。

※相談・支援事業を利用する場合は、事前に利用申請が必要です
※対象地域、相談日など詳しくは問い合わせてください
問い合わせ 市役所1階保険課、各支所福祉担当または県庁被爆者支援課 電話番号 082-513-3109

News & Informationスポーツ

パークゴルフ大会・教室

生涯学習課 電話番号 0829-30-9206

■みやじまCUPパークゴルフ大会

個人戦・団体戦(3人の総合成績)
とき 6月2日(土曜日)9時~12時(雨天順延予備日6月9日(土曜日))
対象 市内在住、在勤の人、またはパークゴルフ場年間会員
定員 100人(先着順)
参加費 個人戦1人1500円、団体戦1人1800円(3人組)

■初心者パークゴルフ教室

市パークゴルフ協会による講義と実技講習です。
とき 5月26日(土曜日)9時~12時
対象 パークゴルフを始めてみたい人、始めて1年未満の人
※小学生の参加可(保護者同伴)
定員 10人程度
参加費 1000円

●共通事項

ところ パークゴルフ場
持ち物 動きやすい服装、運動靴
申込方法 パークゴルフ場または市スポーツ協会にある申込用紙に記入し、持参、ファクスまたは郵送で次へ。
〒738―0033 串戸6の1の1サンチェリー内廿日市市スポーツ協会事務局
申込締切 5月18日(金曜日)(必着)
問い合わせ パークゴルフ場(電話番号・ファックス番号 0829-30-2001)・市スポーツ協会(電話番号・ファックス番号 0829-32-4480)

サッカースクール・フットサル倶楽部入会者募集

生涯学習課 電話番号 0829-30-9206

■土曜日サッカースクール

サッカー初心者、外遊びが苦手な子どもたちでも楽しめるよう指導します。
とき 5月12日(土曜日)、19日(土曜日)
年中・年長 13時~14時
小1~小3 14時30分~15時45分
小4~小6 16時~17時15分
ところ 宮園小学校グラウンドまたは体育館
対象者 小学6年生まで
定員 30人
参加費 500円
持ち物 サッカーボール、運動できる服装、飲み物、タオル

■フットサル倶楽部

誰でも参加できる室内フットサルの学びの場です。
とき 5月12日(土曜日)19時~21時
ところ 宮園小学校体育館
対象者 中学生以上
定員 30人
参加費 100円
持ち物 運動できる服装、飲み物、タオル

●問い合わせ・申込先 NPO廿日市スポーツクラブ 電話番号 0829-39-4150・ファックス番号 0829-38-1125

あなたの健康見守り隊 健康や医療などの情報コーナー

5月の休日診療

当番医は変更することがありますので、受診の前に必ず問い合わせてください。
当番医が不在の場合は、廿日市市消防本部( 電話番号 0829-32-8111)へ連絡してください。(休日に診療している病院の問い合わせに応じます)

3日(祝日)9時~18時

永井医院 内科 大野中央3-2-31 55-0014
たなべ小児科 小児科 平良山手11-11 20-1234

4日(祝日) 9時~18時

阿品土谷病院(内科) 内科 阿品4-51-1 36-5050
井村眼科医院 眼科 天神5-12 32-7500

5日(祝日) 9時~18時

青葉レディスクリニック 婦人科・内科 福面2-1-11 50-2327
串戸心療クリニック 心療内科・精神科 串戸4-2-16 30-6014

6日(日曜日) 9時~18時

安東内科クリニック 内科 対厳山2-15-9 50-1231
松田整形外科 整形外科 串戸2-17-4 34-1800

13日(日曜日) 9時~18時

大野キッズ・ファミリークリニック 小児科 大野中央5-1-43 2階 55-3021
ひらた耳鼻咽喉科・アレルギー科 耳鼻咽喉科・アレルギー科 天神12-7 34-3828

20日(日曜日) 9時~18時

廿日市野村病院(内科) 内科 宮内4209-2 38-2111
とうげ外科胃腸科 外科・胃腸科 本町6-2 32-6220

27日(日曜日)9時~18時

石津皮ふ科医院 皮膚科 地御前1-4-17 36-5512
さいとう眼科 眼科 串戸2-20-1 34-1750

休日・夜間急患診療

廿日市市休日・夜間急患診療所

新宮1-13-1(あいプラザに併設) 電話番号 20-1011
※診療時間内で各日21時45分まで

内科(15歳以上)
  • 月~土曜日 19時~22時
  • 日・祝・休日 9時~22時
外科
  • 火~金曜日(祝・休日を除く) 19時30分~22時

※症状を電話で事前に連絡してください

広島市立舟入市民病院

広島市中区舟入幸町14-11 電話番号 082-232-6195

小児科

毎日24時間

耳鼻咽喉科

土曜日(祝・休日を除く)19時~22時30分

広島市立広島市民病院

広島市中区基町7-33 電話番号 082-221-2291
内科など(歯科・歯科口腔外科を除く)
・毎日24時間
※成人(高校生相当年齢以上)の主に内因性疾患を診療

広島口腔保健センター

広島市東区二葉の里3-2-4 電話番号 082-262-2672
歯科
・日・祝・休日 9時~15時

広島西医療センター

大竹市玖波4-1-1 電話番号 0827-57-0077
小児科
・日・祝・休日 8時30分~17時15分

診療時間・科目は必ず事前に問い合わせてください。
支払う医療費には、時間外加算または休日加算が含まれます。
休日・夜間急患診療所は、救急患者のための診療所です。急患でない場合は、できるだけ通常の診療時間内に、かかりつけ医で受診してください。
受診の際は、健康保険の被保険者証を持参してください。

救急案内

消防本部
電話番号 32-8111(休日の病院の問い合わせ)
救急ファクシミリ119番 ファックス番号 119

小児救急医療相談電話
電話番号 #8000・ 電話番号 082-505-1399
毎日19時~翌朝8時
※小児科勤務経験がある看護師が相談対応(医師が支援)

■ハツラツ!はつかいち交流ウオーキング

備考欄は、【1】内容、【2】持ってくる物、【3】申込先です。
※駐車場に限りがあるので、できるだけ公共交通機関で来てください
※飲み物、タオル、帽子なども持参してください
※雨天中止

11日(金曜日) 10時開始 第2集会所

【1】絶景コース(4.5キロメートル)
【2】参加費50円
【3】吉和支所 電話番号 0829-77-2111

12日(土曜日) 9時集合 大野2区 集会所

【1】ちゅーぴーパークコース(4キロメートル)
【2】参加費50円
【3】大野支所 電話番号 0829-30-3309(申し込み不要)

18日(金曜日) 9時集合 串戸市民センター

【1】阿品台西小学校前・ナタリーマリンタウン(宮島街道)(約8キロメートル)
【2】参加費100円
【3】16日(水曜日)午前中までに串戸市民センター 電話番号 0829-32-2096

20日(日曜日) 9時集合 四季が丘市民センター

【1】四季が丘公園めぐり(約5キロメートル) 安心安全点検および樹木の観察
【2】参加費50円(四季が丘在住の人は無料)
【3】四季が丘市民センター 電話番号 0829-38-3365

20日(日曜日) 9時開始宮園市民センター

【1】見晴らし満天コース(6キロメートル)または速谷神社らくらくコース(4キロメートル)
【2】参加費50円(宮園在住の人は無料)
【3】15日(火曜日)までに宮園市民センター 電話番号 0829-39-1699または保健センター 電話番号 0829-20-1610

21日(月曜日) 9時30分開始 (9時15分~ 受け付け)中央市民センター

【1】廿日市地区周辺(約6キロメートル)
【3】18日(金曜日)までに中央市民センター 電話番号 0829-20-1266

■からだ若返りハートビクス【宮島地域】

17日(木曜日) 14時~15時30分
ところ 西連集会所
【1】ハートビクス運動
講師 松本直子さん
【2】飲み物、タオル、運動できる上靴

■介護予防教室【吉和地域】

とき 10日(木曜日)、24日(木曜日)
時間はすべて14時~15時30分
ところ 吉和福祉センター
【1】介護予防体操
【2】参加費100円、飲み物、タオル、運動できる上靴
【3】吉和支所電話番号 0829-77-2111

■かえる部会【佐伯地域】~みんなきんさい!笑顔と元気の交流会~

とき 19日(土曜日) 10時~11時30分
ところ 津田市民センター
【1】健康づくりの運動とお話
講師 松本直子さん
【2】参加費100円、飲み物、タオル、運動できる靴、筆記用具
【3】佐伯支所 電話番号 0829-72-1124

■健康はつかいち21・体力測定【大野地域】

とき 26日(土曜日) 14時~15時
ところ 大野福祉保健センター
【1】体力測定・骨密度測定・肺活量測定・運動相談
【2】飲み物、タオル、運動できる服装・外靴
【3】大野支所 電話番号 0829-30-3309

■5月31日は「世界禁煙デー」

5月31日は、WHO(世界保健機関)が定めた世界禁煙デーです。この日から1週間(5月31日~6月6日)は、厚生労働省が定めた禁煙週間です。
タバコの煙は、喫煙者だけでなく、まわりの人の健康にも影響を及ぼします。この機会にたばこと健康に関して考えてみませんか。

■「健康はつかいち21ウオーキングカード」達成者

屋敷 恒雄(やしき・つねお)さん(大野10区)

■山陽女子短期大学公開講座

「基礎から学ぶ健康科学」
身体、栄養、心、健診結果に関わる基礎知識や健康に関して解説します。

身体を知るための基礎知識―身体を動かすことからみえるもの―

5月26日(土曜日) 13時30分~15時
講師 山陽女子短期大学教授 鈴木理さん

栄養を知るための基礎知識―栄養の赤色、黄色、緑色ってなあに?―

6月2日(土曜日) 13時30分~15時
講師 山陽女子短期大学 准教授 中東教江さん

心を知るための基礎知識―ストレスとのつき合い方―

6月9日(土曜日) 13時30分~15時
講師 山陽女子短期大学 教授 高田晃治さん

健診結果を知るための基礎知識―赤血球からみえてくるもの―

6月16日(土曜日) 13時30分~15時
講師 山陽女子短期大学 教授 谷口薫さん

ところ 山陽女子短期大学
定員 80人程度(申し込み多数の場合、抽選)
受講料 1,000円(全4回分)

申込方法 往復はがきに住所、氏名、電話番号を記入し、次へ。
〒738-8501(住所不要)廿日市市役所生涯学習課
※返信宛名面に受講希望者の住所、氏名(様)を記入してください

申込締切 5月15日(火曜日)(必着)
問い合わせ 生涯学習課 電話番号 0829-30-9203

■特定健診、がん検診(胃・肺・大腸・乳・子宮頸)、人間ドックの申し込み受付中

健康診断の申し込みは済みましたか。
国民健康保険に加入している40~74歳の人は、特定健診が無料です。対象者には、5月末に「特定健診受診券」(ピンク色)を送付しますので、申し込んでください。
また、次の人には、乳がん・子宮頸がん検診の無料クーポン券を5月末に送付します。

【乳がん】
昭和52年4月2日~昭和53年4月1日生まれの女性

【子宮頸がん】
平成9年4月2日~平成10年4月1日生まれの女性
問い合わせ・申込先 健診専用電話 電話番号 0829-31-2026

元気に育て すくすく育て

子育てにちょうどいい!はつかいち
子育てや教育などの情報コーナー

【1】内容、【2】持ってくる物、【3】問い合わせ・申込先です。
※あいプラザは駐車場が少ないので、公共交通機関を利用して来場してください

■育児教室【乳幼児と保護者】

11日(金曜日)10時30分~12時  津田児童館

【1】赤ちゃんすくすく広場 0歳児の子育てサロン
【2】参加費100円
【3】津田児童館 電話番号 0829-72-2391

24日(木曜日) 10時~12時 友和保育園

【1】わんぱくKIDS 保育園で遊ぼう
【3】佐伯支所 電話番号 0829-72-1124

25日(金曜日) 10時~10時30分 宮島幼稚園

【1】キッズランド 親子ふれあい体操
【3】宮島支所 電話番号 0829-44-2001

■育児相談【乳幼児と保護者】

とき・ところ
14日(月曜日)9時30分~10時30分 あいプラザ
24日(木曜日) 9時30分~10時30分 友和保育園
29日(火曜日) 9時30分~11時 大野子育て支援センター (深江保育園内)
30日(水曜日) 13時15分~13時50分 宮島福祉センター

【1】身長・体重測定、個別相談(保健師または栄養士による)
【2】親子(母子)健康手帳
【3】子育て応援室 電話番号 0829-30-9188、佐伯支所 電話番号 0829-72-1124、大野支所 電話番号 0829-30-3309、宮島支所 電話番号 0829-44-2001
※友和保育園の育児相談は育児教室と同時開催
※宮島福祉センターは乳幼児健診と同時開催

■身体測定【乳幼児と保護者】

とき 28日(月曜日)10時30分~11時 13時30分~14時
ところ あいプラザ
【1】身長・体重測定(保健師または看護師による)
※相談は実施しません
【3】子育て応援室 電話番号 0829-30-9188 (申し込み不要)

■マタニティスクール【妊婦とその家族】

とき ところ 備考
22日(火曜日) 10時~12時
あいプラザ
【1】沐浴実習、こころのお話、妊婦体験
【2】親子(母子)健康手帳、タオル
【3】子育て応援室 電話番号 0829-30-9188(要申し込み)
※夫(パートナー)の参加も歓迎します

■離乳食講座

とき ところ 備考
6月1日(金曜日) 10時~11時30分
大野福祉保健センター
【1】栄養士による実演
定員 20人
【3】大野支所 電話番号 0829-30-3309(5月25日(金曜日)までに要申し込み)

子育て支援アプリ・ウェブサイト「はついく」

こども課 電話番号 0829-30-9197

 子育てに必要な情報に簡単にアクセスできる「はついく」をぜひ利用してください。

●「はついく」の内容

 妊娠、出産、子育てに関する各種行政サービスや施設、イベントなどの情報を「届出」「お金」「あずける」などに分類して掲載しています。
利用者に合った情報を提供
 アプリでは、利用者の登録内容に応じて、乳幼児健診など最適な子育て情報が通知・配信されます。また、子どもの年齢から0~2歳向けなど対象者を絞ったイベントを検索することができます。

使い方

●子育てアプリ
【1】AppStoreまたはGooglePlayで「子育てタウン」と検索(「はついく」ではないので注意)
【2】次のQRコードからダウンロード
●ウェブサイトの利用方法
 パソコン、スマートフォンなどから「廿日市市 はついく」で検索するか、次のアドレスから閲覧してください。

相談してください

子育て・育児など

子育てに関する相談
電話での相談もできます。

●廿日市子育て支援センター 電話番号 0829-20-1612・ファックス番号 0829-20-1613
とき 月~金曜日8時30分~17時15分 土・日・祝・休日10時~12時、13時~17時
ところ あいプラザ
●阿品子育て支援センターあいあいキッズ 電話番号・ファックス番号 0829-36-1516
とき 火~日曜日10時~17時
ところ あいあいキッズ(フジグランナタリー店内)
●大野子育て支援センター 電話番号・ファックス番号 0829-56-0356
とき 月~金曜日9時~15時
ところ 深江保育園内
●子育て応援室 電話番号 0829-30-9189
とき 月~金曜日8時30分~17時
ところ 市役所1階子育て応援室

電話育児相談
市内各保育園で実施しています。

とき 月~金曜日13時~17時

佐方 電話番号0829-32-0858 ファックス番号0829-32-5603
友和 0829-74-0834 ファックス番号0829-74-0672
廿日市 電話番号0829-31-0112 ファックス番号0829-31-1638
津田 0829-72-0952 ファックス番号0829-72-0939
平良 電話番号0829-31-1165 ファックス番号0829-32-7521
吉和 0829-77-2470 ファックス番号0829-77-2460
原 電話番号0829-38-6135 ファックス番号0829-38-1616
深江 0829-56-0328 ファックス番号0829-56-0356
宮内 電話番号0829-39-0671 ファックス番号0829-39-1636
池田 0829-55-2026 ファックス番号0829-55-2018
宮園 電話番号0829-38-6126 ファックス番号0829-38-3205
いもせ 0829-55-2051 ファックス番号0829-55-2009
串戸 電話番号0829-32-0970 ファックス番号0829-32-5706
梅原 0829-54-1559 ファックス番号0829-54-1558
地御前 電話番号0829-36-0273 ファックス番号0829-36-3262
丸石 0829-55-2073 ファックス番号0829-55-2010
阿品台東 電話番号0829-39-0618 ファックス番号0829-39-6111
鳴川 0827-57-5571 ファックス番号0827-57-5898
阿品台西 電話番号0829-39-0351 ファックス番号0829-39-4031

障がいのある子どもの教育相談

電話での相談もできます。

平成31年度小学校入学予定で、心身に障がいや発達の遅れがある子どもの就学や教育に関する相談を受け付けます。

●学校教育課 電話番号 0829-30-9207
とき 5月1日(火曜日)~6月29日(金曜日)8時30分~17時15分(土・日・祝日除く)
ところ 市役所4階学校教育課

学校・教育・いじめなど

教育相談 電話での相談もできます。

●廿日市市こども相談室 電話番号 0829-32-8061・ 電話番号 0829-32-8062
とき 月~金曜日9時30分~16時30分
ところ 廿日市市こども相談室(下平良1-1-4 2階)
●学校教育課 電話番号 0829-30-9209
とき 月~金曜日8時30分~17時15分
ところ 市役所4階学校教育課

いじめに関する相談 電話での相談もできます。

●学校教育課 電話番号 0829-30-9223
とき 月~金曜日8時30分~17時15分
ところ 市役所4階学校教育課
●いじめ110番 電話番号 (0120)080110
とき 月~金曜日9時30分~16時30分(時間外は留守番電話対応)
ところ 廿日市市こども相談室(下平良1-1-4 2階)
※通話無料。携帯電話からはかかりません
●いじめ相談メール
インターネットで「廿日市市いじめ相談メール」と検索

家庭での子どもの養育・親子関係・虐待など

家庭児童相談 電話での相談もできます。

●子育て応援室 電話番号 0829-30-9129
とき 月~金曜日8時30分~17時15分
ところ 市役所1階子育て応援室
●児童相談所全国共通ダイヤル 電話番号 189

※記載があるもの以外は、すべて土・日・祝・休日、年末年始を除きます
悩みを抱えず、気軽に相談してください!

施設の催し情報

木材利用センター

ところ 木材利用センター(木材港北5-95)
参加費 けん玉教室は300円 DIY教室は2,000円
定員 けん玉教室は30人 DIY教室は6人
申込方法 木材利用センターまで 電話 電話番号 0829-32-2393で。

けん玉教室

とき 5月12日(土曜日)、13日(日曜日)
対象 園児~一般

けん玉先生の指導で、けん玉の技・遊びを基本から学びます。
初心者から上級者までOKです。
けん玉も無料で貸し出しています。

DIY教室

とき 5月16日(水曜日)、30日(水曜日)
対象  一般

用意された木材を使用し、講師の指導で好きなものを製作できます。
例)野菜BOX、傘立て、棚など

木工まつり

とき 5月27日(日曜日)10時~15時 
木の競り市、木工作品展、けん玉や木工品の販売、フリーマーケットなどが開催されます。

リサイクルプラザ

ところ リサイクルプラザ(エコセンターはつかいち内)
参加費 各100円
※サンドブラストはカッティングシート代(大きさに応じて100円~)が必要です
定員 各10人
申込方法 各受付開始日から、リサイクルプラザまで電話 電話番号 0829-39-0266で。

※洋裁道具は、針、糸、裁ちばさみ

草木染め

とき 5月8日(火曜日)13時30分~16時
持ってくる物  布・薬品代(~900円) エプロン、ゴム手袋
受付開始日 5月1日(火曜日)

古い布から草履づくり

とき 5月10日(木曜日)9時30分~12時 13時30分~16時
持ってくる物 はさみ、洋裁道具、30センチメートル以上の物差し、鉛筆
受付開始日 5月2日(水曜日)

和服からリフォーム~作務衣・ベスト作り~

とき 5月23日(水曜日)13時30分~16時
持ってくる物 ほどいてアイロンをかけた古い和服、洋裁道具、はさみ
受付開始日 5月16日(水曜日)

サンドブラスト~花瓶・ランプ作り~

とき 5月24日(木曜日)9時30分~12時 13時30分~16時
持ってくる物 お気に入りの瓶など
受付開始日 5月17日(木曜日)

牛乳パックを使って 正座椅子

とき 6月6日(水曜日)13時30分~16時
持ってくる物 牛乳パック(1リットルで開いていないもの)×29個、布(87センチメートル×36センチメートル)、カッターまたははさみ、定規、筆記用具
受付開始日 5月30日(水曜日)

図書館

5月のおはなし会

小さい子のためのおはなし会

とき 4日(祝日)、18日(金曜日)
【1】10時30分~、【2】11時~
ところ はつかいち市民図書館
対象 乳幼児

おはなし会

とき・ところ

  • 12日(土曜日)、26日(土曜日)11時~  ところ はつかいち市民図書館
  • 12日(土曜日)10時30分~ ところ さいき図書館
  • 26日(土曜日)14時~  ところ 大野図書館

対象 幼児~小学校低学年

ストーリーテリング

とき 19日(土曜日)
ところ はつかいち市民図書館
対象 5歳~大人

5月の休館日

はつかいち市民図書館

電話番号 0829-20-0333
開館時間 月~金曜日 9時~19時 土・日・祝・休日 10時~18時
休館日 24日(木曜日)

大野図書館

電話番号 0829-54-1120
開館時間10時~18時
休館日 1日(火曜日)、7日(月曜日)、14日(月曜日)、21日(月曜日)、24日(木曜日)、28日(月曜日)

さいき図書館

電話番号 0829-72-1011
開館時間10時~18時
休館日 1日(火曜日)、7日(月曜日)、14日(月曜日)、21日(月曜日)、24日(木曜日)、28日(月曜日)

BOAT RACE 宮島

宮島競艇施行組合 電話番号 0829-56-1124

※パルボート宮島(外向発売所)はほぼ年中無休で営業中(7時15分からナイターレース終了まで営業)

G1宮島チャンピオンカップ イベント情報

ところ ボートレース宮島
入場料 100円

島津悦子 歌謡ショー

とき 5月10日(木曜日) 【1】11時~ 【2】14時~

インディアンスお笑いステージ

とき 5月12日(土曜日) 【1】10時30分~ 【2】13時10分~

マテンロウお笑いステージ

とき 5月12日(土曜日) 【1】10時50分~ 【2】13時30分~

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ショー

とき 5月13日(日曜日) 【1】11時~ 【2】14時~

相席スタートお笑いステージ

とき 5月13日(日曜日) 【1】10時30分~ 【2】13時15分~

暮らしの相談

市民相談

電話による相談も可能です
市政への要望や、生活上の困りごとなど
とき 月・火・金曜日 9時30分~14時30分 ※相談の受け付けは14時まで
ところ 市役所2階市民相談室
問い合わせ 経営政策課 電話番号 0829-30-9121

弁護士相談

事前に予約が必要です

とき 9日(水曜日)、15日(火曜日)、23日(金曜日) 13時~16時 相談は30分以内
受付場所 市役所4階経営政策課
問い合わせ・予約  経営政策課 電話番号 0829-30-9121
予約開始 2日(水曜日)8時30分~電話で。(祝・休日を除く)

行政書士相談

交通事故(後遺症)、相続・遺言、離婚、成年後見、空き家

問い合わせ 経営政策課 電話番号 0829-30-9121

市役所5階501会議室

とき 16日(金曜日) 13時~16時

市民活動センター2階

とき 11日(金曜日)、25日(金曜日) 13時~17時

大野支所31会議室

とき 2日(水曜日) 13時~16時

佐伯支所第2会議室

とき 10日(木曜日) 13時~16時

相続・後見相談

とき 13日(日曜日)13時~16時
ところ あいプラザ
問い合わせ 経営政策課 電話番号 0829-30-9121

年金・労働相談

とき 8日(火曜日) 13時~16時
ところ 市役所5階501会議室
問い合わせ 経営政策課 電話番号 0829-30-9121

行政相談

国や特殊法人への意見など

とき・ところ 
16日(金曜日) 13時30分~16時大野支所31会議室
24日(木曜日) 市役所6階601会議室 
問い合わせ 経営政策課 電話番号 0829-30-9121

税理士税務相談

事前に予約が必要です
2日(水曜日) 13時~16時 市役所2階市民相談室
問い合わせ 課税課 電話番号 0829-30-9113

就業支援相談 事前に予約が必要です 

第2水曜日 12時30分~16時30分 市役所2階市民相談室
問い合わせ 産業振興課 電話番号 0829-30-9140

生活困りごと相談 事前に予約が必要です

生活や仕事などの相談

とき 月~金曜日 9時~17時
ところ 市役所1階生活福祉課
問い合わせ はつかいち生活支援センター 電話番号 0829-20-4080

心配ごと相談

電話による相談も可能です

日常生活上の悩みごとや、対人関係のもつれ、困りごとなど

あいプラザ

とき 火・金曜日 13時~16時

佐伯社会福祉センター

とき 水曜日 13時~16時

吉和福祉センター

とき 第2・4月曜日 13時~16時

大野支所

とき 木曜日 13時~16時

宮島福祉センター

とき 第1・3月曜日 13時~16時

認知症介護相談 事前に予約が必要です

とき 8日(火曜日) 13時30分~15時
ところ あいプラザ

問い合わせ

  • 廿日市市社会福祉協議会廿日市事務局(あいプラザ内) 電話番号 0829-20-0783・ファックス番号 0829-20-1616
  • 同佐伯事務所(佐伯社会福祉センター内) 電話番号 0829-72-0868・ファックス番号 0829-72-1005
  • 同吉和事務所(吉和福祉センター内) 電話番号 0829-77-2883・ファックス番号 0829-77-2514
  • 同大野事務所(大野支所内) 電話番号 0829-55-3294・ファックス番号 0829-55-3275
  • 同宮島事務所(宮島福祉センター内) 電話番号 0829-44-2785・ファックス番号 0829-44-2661

※各事務所では、ボランティア相談、福祉総合相談も随時行っています

認知症介護相談 電話による相談も可能です

とき 22日(火曜日) 13時~16時
ところ 大野支所

問い合わせ

  • 廿日市市社会福祉協議会廿日市事務局(あいプラザ内) 電話番号 0829-20-0783・ファックス番号 0829-20-1616
  • 同佐伯事務所(佐伯社会福祉センター内) 電話番号 0829-72-0868・ファックス番号 0829-72-1005
  • 同吉和事務所(吉和福祉センター内) 電話番号 0829-77-2883・ファックス番号 0829-77-2514
  • 同大野事務所(大野支所内) 電話番号 0829-55-3294・ファックス番号 0829-55-3275
  • 同宮島事務所(宮島福祉センター内) 電話番号 0829-44-2785・ファックス番号 0829-44-2661

※各事務所では、ボランティア相談、福祉総合相談も随時行っています

司法書士法律相談 事前に予約が必要です

とき・ところ
10日(木曜日) 13時~16時  あいぷらざ

問い合わせ

  • 廿日市市社会福祉協議会廿日市事務局(あいプラザ内) 電話番号 0829-20-0783・ファックス番号 0829-20-1616
  • 同佐伯事務所(佐伯社会福祉センター内) 電話番号 0829-72-0868・ファックス番号 0829-72-1005
  • 同吉和事務所(吉和福祉センター内) 電話番号 0829-77-2883・ファックス番号 0829-77-2514
  • 同大野事務所(大野支所内) 電話番号 0829-55-3294・ファックス番号 0829-55-3275
  • 同宮島事務所(宮島福祉センター内) 電話番号 0829-44-2785・ファックス番号 0829-44-2661

※各事務所では、ボランティア相談、福祉総合相談も随時行っています

障がいに関する総合相談

電話による相談も可能です

とき 月~金曜日 9時~17時
ところ あいプラザ
問い合わせ 障がい福祉相談センター「きらりあ」(あいプラザ内) 電話番号 0829-20-0224・ファックス番号 0829-20-0225

高齢者の総合相談

電話による相談も可能です

介護予防や生活上での困りごと、介護保険、虐待など

とき 月~金曜日 8時30分~17時15分

ところ・問い合わせ

  • 地域包括支援センターはつかいち 電話番号 0829-30-9158・ファックス番号 0829-31-1999
  • 地域包括支援センターさいき 電話番号 0829-72-2828・ファックス番号 0829-72-0415
  • 佐伯さつき会よしわせせらぎ園 電話番号 0829-77-2377・ファックス番号 0829-77-2379
  • 地域包括支援センターおおの 電話番号 0829-50-0251・ファックス番号 0829-55-1307
  • いもせ聚楽会宮島ふれあい 電話番号 0829-44-0250・ファックス番号 0829-44-0881

消費生活の相談

商品やサービスなどの困りごとは、消費生活センターに相談してください。

消費生活センター
問い合わせ 電話番号 0829-31-1841
【相談窓口】
とき 月~金曜日(祝・休日を除く) 9時~12時、 13時~16時
ところ 市役所6階 消費生活センター(産業振興課内)

■新聞購読の契約に関するトラブル

【相談内容】
4年前に訪問販売で新聞の勧誘を受けた。しつこい勧誘に根負けし、1万5000円の商品券を受け取って4年後からの購読契約を結んだ。今月から購読が始まったが、健康上の理由で入院したことをきっかけに新聞の購読が難しくなったので、販売店に中途解約を申し込むと、景品として渡した商品券を返さないと解約に応じないと言われた。 (60歳代女性)

【アドバイス】
新聞購読など期間の定めのある契約は、消費者側にも契約を守る義務があり、一方的な理由では解約ができず、販売店との話し合いによって解約条件を決めることになることを説明しました。一方で、景品の上限額は新聞公正競争規約で定められていることから、新聞公正取引協議会にも相談してみるよう助言しました。
このように、新聞購読契約期間が終わる前に中途解約を申し出てトラブルになる事例は少なくありません。健康や経済上など、さまざまな理由から購読が難しくなる可能性もありますので、先の見通せる範囲で契約をするようにしましょう。
また、訪問販売により新聞の購読を契約した場合には、契約書面を受け取った日を含めて8日以内であれば、クーリング・オフが可能です。契約時には、本当に自分に必要な契約かどうかをよく考えて、契約後は契約書をしっかりと保管しておきましょう。

(広島県環境県民局消費生活課発行「くらしのフレッシュ便」平成30年3月号より)

はつかいち人vol.28

廿日市市で輝く人を紹介します

広島県立宮島工業高等学校インテリア科

4月1日に市制施行30周年を迎えた廿日市市。今回、30周年記念ロゴマークを制作してくれた、宮島工業高等学校インテリア科の生徒7人のうち、2人にインタビューしました。

■ロゴマークを制作した感想を聞かせてください

最初は「30」という数字を全面に出すデザインから入ったのですが、みんなでアイデアを出し合った結果、「廿日市市=桜」のイメージと、市章を組み合わせることにしました。最初考えていたものよりも良いものができたと思いますし、みんなで考えたアイデアが詰まった、力のこもったものになったと思います。地域の人たちも「素敵なデザインだね」と言ってくださり、地域貢献ができたと思います。

■工夫した点などを教えてください

繁栄を意味する「8」にちなみ、桜を8枚つなげることで、廿日市市がさらに発展し、市民が手を取り合って和になり協力するイメージを表現しました。また、桜の一つを金色にすることで、アニバーサリー(お祝い)感を演出しました。さらに、瀬戸内海に浮かぶ世界遺産・嚴島神社の大鳥居も取り入れ、廿日市市らしいデザインに仕上げました。

■苦労した点など

ぼんやりとしたイメージしかない、最初の「無」の状態から形を作ることに苦労しました。とにかくスケッチにアイデアを書き出していき、みんなで協力してまとめました。また、色に関しても、組み合わせ方でロゴマークの印象が変わってしまうので、何パターンも試して、一番見栄えの良い色の組み合わせを考えました。

■今後の目標を教えてください

今回のロゴマーク以外にも、過去に先輩たちが、地元企業から依頼を受けて、商品のパッケージなどをデザインしたことがありました。今回の経験を生かして、私たちも地域に貢献できる活動を続けていきたいです。

編集後記

メキシコの選手たちを取材しました。スペイン語も英語もスラスラと話すことのできない私ですが、自分の知っている英単語、身振り手振りを交えて話をすると、相手に気持ちが伝わり、フレンドリーに話ができました。外国の人と接するときに、言葉が通じないことをネックに感じることがあるかもしれませんが、まずは「あなたに会えて嬉しい!あなたと話したい!」という気持ちを伝え、最初の壁を破ることが大事なんだと実感しました。
西岡 秀治

「震災の前と後で、生き方が全く変わらないのは、人としてあまりにも鈍感すぎる」。東日本大震災発生当時、通っていた高校で先生が言った言葉を思い出しました。熊本地震から1年。当時、学生で周りに九州出身者が多く、友人の実家の被害や報道に心を痛めました。つい、毎日を忙しなく過ごしてしまいますが、被災地のこと、日頃の備えの大切さを今一度考えたいと思いました。
澁谷 里香

人のうごき

前月比
総人口 117,487人 (-98)
男 56,435人 (-63)
女 61,052人 (-35)
世帯 51,685世帯 (+97)
(平成30年4月1日現在、外国人を含む)

編集・発行

◆発行 廿日市市
〒738-8501 広島県廿日市市下平良(しもへら)一丁目11番1号
電話番号 0829-20-0001(代表)
ファクス番号 0829-32-1059

◆編集 分権政策部 経営政策課

ホームページ

フェイスブック(外部リンク)