ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 課税課 > 太陽光発電設備の申告

太陽光発電設備の申告

印刷用ページを表示する掲載日:2021年2月3日更新

太陽光発電設備の申告

 固定資産税は、土地、家屋のほかに事業用の償却資産に対して課税されます。                                                                              遊休地、家屋の屋上スペース、屋根などに設置した一定規模の太陽光発電設備(ソーラーパネル発電)は、償却資産に該当し、個人で設置した場合も課税される場合(下表参照)があります。

資産の申告漏れなどによる賦課決定に際しては、その年度だけではなく、最大5年度分遡ることとなります。(地方税法第17条の5第5項)

設置者10キロワット以上の太陽発電設備10キロワット未満の太陽光発電設備
 
個人(住宅用)  

事業の用に供している資産となり、償却資産として課税の対象となります。                                          (例)個人の住宅の屋根に設置されたもの(屋根材と一体となっているものは除く)

売電するための事業用資産とはなりませんので、償却資産としては課税の対象外となります。
個人(事業用)法人事業の用に供している資産に関しては、発電出力にかかわらず、償却資産として課税の対象となります。

課税対象

 毎年1月1日現在の所有状況を1月31日までに市役所課税課に申告してください。(地方税法第383条)

申告の際の留意点

  • 太陽光パネル、架台、送電設備、パワーコンディショナー、フェンスなどの外構工事も課税対象となります。
  • 償却資産は、課税標準額の合計が150万円未満の場合は固定資産税が課税されませんが、申告は必要です。

課税標準の特例(10キロワット未満を除く)

 太陽光発電設備など(再生可能エネルギー発電設備)に関しては、次の表に該当する場合は、新たに固定資産税が課される年度から3年度分課税標準の特例が適用されます。

 
取得時期平成24年5月29日~平成28年3月31日平成28年4月1日~平成30年3月31日平成30年4月1日~令和4年3月31日
対象設備固定価格買取制度の認定を受けて取得された発電設備で、発電出力が10kW以上のもの再生可能エネルギー事業者支援事業費に係る補助を受けて取得した発電設備
特例の内容課税標準額を3分の2に軽減
  • 発電出力が1.000キロワット未満のものは、課税標準額を3分の2に軽減
  • 発電出力が1.000キロワット以上のものは、課税標準額を4分の3に軽減
添付書類
  • 経済産業省が発行した「再生可能エネルギー発電設備を用いた発電の認定について(通知)」の写し
  • 電気事業者が発行した「発電設備の連携に関するお知らせ」または「系統連系契約書」の写し
一般社団法人環境共創イニシアチブまたは公益財団法人日本環境協会が発行した「再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金交付決定通知書」の写し