ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

政治活動

印刷用ページを表示する掲載日:2020年10月5日更新

 選挙が行われていない平常時における、政党その他の政治団体(後援団体など)による政策の普及宣伝、党派拡張などの活動や、政治家(現職、候補者、立候補予定者)個人が行う政治講演会や議会活動報告会などの活動は、選挙運動にわたらない限り、原則として自由に行うことができます。

平常時の政治活動における文書図画の掲示に関する規制

 選挙が行われていない時期であっても、公職の候補者などの氏名や後援団体の名称が記載される立札や看板、ポスターなどの文書図画は、それが政治活動なのかあるいは選挙運動なのか判断しにくい状況が生じるため、公職の候補者などや後援団体の使用する文書図画は、一定の要件の下においてのみ掲示することができます。

 平常時の政治活動における公職の候補者などの氏名またはその氏名が類推されるような事項を表示する文書図画や、後援団体の名称を表示する文書図画は、下記のもの以外は掲示することができません。なお、記載内容は政治活動のために使用されるものであって、選挙運動にわたるものであってはなりません。

1 立札・看板の類

 公職の候補者などまたはその後援団体が政治活動のために使用する事務所(政治活動用事務所)に立札および看板の類を掲示する場合は、掲示できる場所や規格、数などに制限があります。

 また、立札および看板の類には、選挙管理委員会が交付する証票を表示しなければなりません。

 証票の交付などに関する手続や様式は、下記リンクをご確認ください。

2 政治活動用ポスター

 政治活動用ポスターは、「候補者などの個人の政治活動用ポスター」と「政党などの政治活動用ポスター」で規制の内容が異なります。

 (1) 候補者などの個人の政治活動用ポスター

 公職の候補者などまたは後援団体の政治活動のために使用されるポスターで、公職の候補者などの氏名または氏名が類推されるような事項を表示するポスターのことを指します。

 次に掲げる項目を満たしているポスターは、掲示することができます。

 ア ベニヤ板などで裏打ちされていないもの

 公職の候補者などの個人の政治活動用ポスターは、ベニヤ板、プラスチック板その他どのような材質であっても、これらに類するもので裏打ちをされた状態ではないものに限り、掲示することができます。

 ただし、裏打ちをしていないポスターであっても、「○○後援会連絡所」「○○後援会会員証」のように、公職の候補者などまたは後援団体の名称を表示したポスター(ステッカーなどを含む)で、その事務所や連絡所を表示し、または後援団体の構成員であることを表示するためのものは、掲示することができません。

 イ ポスターの表面に掲示責任者および印刷者の氏名(法人にあっては名称)および住所が記載されているもの

   

ポスターを掲示することができない期間
  •  任期満了による選挙にあっては、その任期満了の日の6月前の日から当該選挙の期日までの間は、当該選挙区内に掲示することが禁止されています。
  •  議会の解散などにより選挙を行うべき事由が生じたときには、その旨を選挙管理委員会が告示した日の翌日から当該選挙の期日までの間は、当該選挙区内に掲示できません。

 (2) 政党などの政治活動用ポスター

 政党その他の政治団体(後援団体を除く。)が、その政治活動のために使用するポスターのことを指します。

 政党などの政治活動用ポスターは、選挙運動期間外の掲示制限は特にありません。しかし、特定の候補者などを目立たせている場合などは、公職の候補者など個人の政治活動用ポスターとみなされ、規制を受けることがあります。

ポスターを掲示することができない期間

 当該ポスターに氏名または氏名が類推されるような事項を記載された者が立候補の届出をしたときは、当該選挙の公示日(告示日)の翌日から選挙期日まで掲示できません(立候補の届出をした日のうちに撤去しなければなりません)。

3 政治活動のための集会で掲示される文書図画

 政治活動のために開催する集会(演説会・講演会・研修会など)の会場で、その開催中に使用される立札・看板・ポスターの類は、選挙運動にわたらない限り、掲示することができます。

4 政治活動の街頭演説における文書図画の掲示(使用)

 選挙運動期間以外に、公職の候補者などまたは後援団体が政治活動の一環として道路や駅頭などにおいて街頭演説やあいさつ行為を行う場合に、公職の候補者などの氏名または氏名が類推されるような事項もしくは後援団体の名称を表示した、のぼり旗、プラカード、たすき、腕章などおよび政治活動用ポスターを掲示(使用)することはできません。

5 政治活動における「のぼり旗」の使用

 街頭演説などで使用する「のぼり旗」は、公職選挙法では立札および看板の類に当たります。公職の候補者などの氏名や氏名が類推される事項を表示した「のぼり旗」は、政党の政治活動用のものを除き使用できません。ただし、政治活動のために開催する集会(演説会・講演会・研修会など)の会場において、その会場においてする当該集会の開催中の使用は可能です。

6 政治活動における「たすき」などの使用

 公職の候補者などが政治活動を行う場合、その氏名または氏名が類推される事項を記載した「たすき」を使用することはできません。氏名または氏名が類推される事項を記載した「たすき」は、選挙運動期間中において候補者に限り使用することができます。

 また、たすきの他にも、氏名などが記載された「胸章」「腕章」「プラカード」なども政治活動時に使用できません。

 ただし、政治活動のために開催する集会(演説会・講演会・研修会など)の会場において、その会場においてする当該集会の開催中の使用は可能です。

平常時の政治活動におけるその他の規制

1 年賀状などのあいさつ状の禁止

 公職の候補者などがその選挙区内の者に対して、答礼のための自筆によるものを除き、年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状その他これらに類するあいさつ状(電報その他これに類するものを含む。)を出すことは、平常時・選挙時に関係なく禁止されています。

2 あいさつを目的とする有料広告の禁止

 公職の候補者などおよび後援団体は、その選挙区内にある者に対する主として挨拶(年賀、寒中見舞、暑中見舞、慶弔、激励、感謝などの挨拶に限る。)を目的とする広告を、有料で、新聞紙、雑誌、ビラ、パンフレットおよびインターネットなどを利用する方法により頒布される文書図画に掲載したり、テレビやラジオを通じて放送することは、選挙運動期間や平常時を問わず禁止されています。

選挙運動期間中における政治活動の規制

 政党その他の政治活動を行う団体の政治活動のうち、その態様や効果が選挙運動と紛らわしいものは、選挙期日の公示日・(告示日)から選挙の期日(投票日)までの間、その区域内における政治活動について一定の制限が設けられます。これは、選挙の自由公正を確保するため、選挙運動と密接な関係にある特定の政治活動を規制するとともに、一定の条件に該当する政党その他の政治団体については、一定の条件の下に政治活動を認めようとするものです。

1 政党その他の政治団体が行う政治活動の規制

(1) 衆議院議員・参議院議員・都道府県知事・都道府県議会議員・指定都市議会議員・市長選挙において規制される行為

 ア 政談演説会・街頭演説会の開催

 イ 政治活動用自動車(船舶)・政治活動用拡声機の使用

 ウ ポスター・立札・看板の類の掲示

 エ 政治活動用ビラの頒布

 オ 連呼行為

 カ 公共建物での文書図画の頒布

 キ 掲示または頒布する文書図画への特定の候補者の氏名またはその氏名の類推事項の記載

 ただし、参議院議員・都道府県議会および指定都市議会の議員・都道府県知事・市長選挙の場合、例外的に、ア~カは一定の要件を備える団体(確認団体)に限り、選挙期日の公示日(告示日)から投票日の前日までの間、一定の範囲内で政治活動を行うことができます。

 ※衆議院議員選挙には、確認団体制度がありません

(2) 市議会議員選挙において規制される行為

 ア 連呼行為

 イ 公共建物での文書図画の頒布

 ウ 掲示または頒布する文書図画への特定の候補者の氏名またはその氏名の類推事項の記載

 ※確認団体制度はありません

2 選挙運動期間中でもできる政治活動

 ラジオ、テレビ、新聞などによる政治活動などは、選挙運動期間や平常時を問わず自由に行うことができます。