ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 生涯学習課 > 成年年齢引き下げに伴う令和4年度以降の廿日市市成人式について

成年年齢引き下げに伴う令和4年度以降の廿日市市成人式について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年1月22日更新

 令和4年4月1日から、成年年齢を20歳から18歳に引き下げる民法の一部改正が施行されることに伴い、昨年8月、廿日市市内の高校に通学している高校生を対象にアンケート調査を行い、804人から回答をいただきました。
 このアンケートでは、「18歳では大学受験、就職準備で成人式への心構えも難しい。」「成人式を20歳でやるのは、もはや日本の文化として定着している。」などの理由から、約7割の高校生が「20歳で実施がよい。」と回答されています。
 また、廿日市市社会教育委員から「大学生、あるいは社会人として、親元から巣立ってはじめて、大人としての自覚や親やまわりの人々への感謝も感じられるものと思うので、20歳で迎える式典が適切ではないか。」という意見をいただいています。
 こうした意見なども踏まえ、総合的に判断した結果、令和4年度(令和5年1月)以降の成人式は、これまでどおり当該年度に20歳を迎える方を対象者として、次のとおり実施することにしましたのでお知らせします。

開催日

 当該年度の成人の日(1月の第2月曜日)

会 場

 はつかいち文化ホールウッドワンさくらぴあ大ホール

式の名称

 令和5年1月の開催日までに決定する