ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 循環型社会推進課 > 廃棄物の屋外焼却(野焼き)

廃棄物の屋外焼却(野焼き)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年1月25日更新

野焼きは原則禁止

 廃棄物の屋外焼却いわゆる「野焼き」は、煙や悪臭によって近所迷惑になるばかりでなく、ダイオキシン類などの有害物質の発生、そして火災の原因にもなります。
 廃棄物を適正に処理し、生活環境を保持するため、 「廃棄物の処理および清掃に関する法律」により、廃棄物処理基準に従って行う場合を除き、廃棄物を焼却することは禁止されています。

 例えば、次のような焼却行為は法律に違反しますので罰せられることがあります。

  • 地面の上で直接廃棄物を燃やすこと
  • ドラム缶や1斗缶、掘った穴の中で廃棄物を燃やすこと
  • ブロックやコンクリートなどで囲った中で廃棄物を燃やすこと
  • ドラム缶に煙突を付けただけのような簡易な焼却炉で廃棄物を燃やすこと

野焼き禁止の例外

1.国または地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却

 河川管理者による河川管理を行うための伐採した草木などの焼却、海岸管理者による海岸の管理を行うための漂着物などの焼却など

2.災害の予防、応急対策または復旧のために必要な廃棄物の焼却

 震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策または復旧のために必要な廃棄物の焼却(凍霜害防止(廃タイヤの焼却は含まれない)のための稲わらの焼却、災害時における木くずなどの焼却、道路管理のために剪定(せんてい)した枝条などの焼却など)

3.風俗慣習上または宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却

 とんど焼きなどの地域の行事における不要となった門松、しめ縄などの焼却

4.農業、林業または漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却

 農業者が行う稲わらなどの焼却、林業者が行う伐採した枝条などの焼却、漁業者が行う漁網に付着した海産物の焼却など

5.日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの

 たき火やその他、日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって、軽微なもの (たき火、キャンプファイヤーなど)を行う際の木くずなどの焼却。

 ※軽微なものとは煙や臭いなどが近所の迷惑にならない程度に少量な焼却のこと

ごみは焼却せずに適切に排出しましょう

 野焼き禁止の例外による屋外焼却を行う場合でも、洗濯物に臭いや灰がついたり、住居などに煙が侵入したり、近所の迷惑となり苦情などがあった場合は、改善命令や行政指導の対象となります。安易に焼却せず、生活環境への負荷をできる限り軽減してください。

 なお、市では、令和2年4月からの燃やせるごみの有料化にあわせて、次の特例を設けています。
 庭木の掃除やせん定したときに出た木・枝・草・葉はできるだけ燃やさずに、特例を活用してごみとして排出してください。

1.せん定枝

 資源ごみの分別に「せん定枝」を追加しました。

 収集日:奇数月の埋立ごみの日

 排出方法:1本の長さを1メートル以下、直径10センチメートル以下に切断し、複数本を重さ5キログラム以下になるようにひもで束ねてください。

 直接エコセンターはつかいちへ搬入する場合:1本の長さが1メートル以下であれば、直径10センチメートル以上でも搬入は可能です(詳細は市にお問い合わせください)。

 収集・受け入れができないもの:土や砂がついたもの、根株、竹・シュロ・ソテツなどの繊維質のもの、つる状のもの、木材などの加工材

2.資源化が難しい草・葉・小枝

 収集日:燃やせるごみの日

 排出方法:1本あたりの長さ30センチメートル未満、直径10センチメートル以下の草・葉・小枝は白色の指定袋で出すことができます(ほかのごみは混ぜないでください)。

 収集・受け入れができないもの:土や砂がついたもの

 ※木材などの加工材は、黄色の指定袋で出してください

野焼きを見かけたら

 野焼きを見かけたら、次のとおり連絡をお願いします。

火災の危険があるとき

 すぐに消防に通報してください

火災の危険がないとき

 煙や臭いなどで困っているときは、循環型社会推進課または各支所の環境担当グループへご相談ください。相談の際は、野焼きの具体的な場所、時間もお知らせください。
 なお、市役所が閉庁しているときは、警察または消防へお知らせください。

問い合わせ先

  • 廿日市市役所 循環型社会推進課 資源循環推進係 電話:0829-30-9133 ファクス:0829-31-0999
  • 佐伯支所 環境産業グループ 電話:0829-72-1115 ファクス:0829-72-0415
  • 吉和支所 環境産業建設グループ 電話:0829-77-2114 ファクス:0829-77-2078
  • 大野支所 環境産業グループ 電話:0829-30-2009 ファクス:0829-55-1307
  • 宮島支所 環境産業グループ 電話:0829-44-2003 ファクス:0829-44-2753