ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 農林水産課 > 大野あさりのブランド化の推進

大野あさりのブランド化の推進

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

「大野あさり」は、地理的表示(GI)保護制度の登録産品です

 asariGi贈答用

 【写真:左から、大野あさり・GIマーク・贈答用パッケージ】

 大野瀬戸は、宮島との間に広がる天然の干潟と穏やかな潮流に恵まれ、古くからあさりの産地として養殖が行われてきました。

 今も伝統の手堀りにこだわり、一つ一つ丁寧に収穫されるため、砂かみが少なく、品質も安定しているのが特徴で、全国的にあさりの生産量が減少している中で、安定した生産を保っています。

 また、その身は肉厚でふっくらとし、うま味も強く、出汁も濃厚な味わいがあり広く親しまれています。このため、「大野あさり」は、地理的表示(GI)保護制度の登録産品として、農林水産大臣の登録を受けています。

 地理的表示(GI)とは、農林水産物・食品などの名称から産地を特定でき、品質などの特性が産地と結び付いている名称の表示をいい、知的財産として保護するため、「特定農林水産物などの名称の保護に関する法律」に基づき、登録されるものです。

 登録産品には、登録された基準を満たした産品であることを証明するGIマークが表示されています。                    

 「大野あさり」は、旬の美味しさを味わって頂くために、春を盛りに秋口までの期間限定で、 贈答用パッケージで全国に発送することができます。

問い合わせ先
 
大野町漁業協同組合0829-55-0048
大野漁業協同組合0829-55-0485
浜毛保漁業協同組合0829-54-1448

「大野あさり」を次世代に引き継ぐために

 近年、全国的にあさりの漁獲量が減少しています。

 原因としては、あさりの資源量の減少、食害生物や競合生物の増加、海の環境変化などのいろいろな要因が複雑に絡み合っているものと考えられます。

 祖先から受け継いできたあさり漁場を守り、次世代、次々世代に伝承するにはどうすればいいのか。

 その一助として、平成23年に「アサリ漁場管理マニュアル」を作成し、あさり漁業者だけでなく、広く市民の皆さんにもあさりの基本知識やあさりを増やすための方策を知ってもらうようにしています。

 さらに、平成25年度からは水産庁の事業である「水産多面的機能発揮対策」の活動に取り組んでいます。

 漁業および漁村は、漁業生産活動によって魚介類を安定供給する本来の役割のほか、(1)自然環境を保全する機能、(2)地域社会を形成・維持する機能、(3)国民の生命・財産を保全する機能、(4)交流の場を提供する機能などの多面的な機能を果たしています。

 こうした多面的機能を発揮するために、あさり漁業者を中心とした活動組織を立ち上げ、大野あさりの生産が末永いものとなるよう、あさり漁場である干潟の保全活動を実施しています。

集合写真

【写真:水産多面的機能発揮対策の活動風景】                                           

あさりのおいしい食べ方

 地元の主婦の皆さんが作るあさりのおいしい食べ方を紹介します。

 また、あさりのむき身(アケミ)の方法も紹介します。

  • あさりのおいしい食べ方                                                                         

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)