ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 産業振興課 > 産業振興ビジョン後期期間(令和3年度~令和7年度)

産業振興ビジョン後期期間(令和3年度~令和7年度)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年9月6日更新

廿日市市産業振興ビジョン後期期間

 本市では、市内の商工業、農林水産業、観光関連産業などの連携を一層推進し、本市の経済的自立性を高めるため、平成28年度に本市の産業振興の基本方向、横断的戦略および施策ならびに推進方策を明らかにする「廿日市市産業振興ビジョン」(平成28年度~令和7年度)を策定しました。

 ビジョンの前期期間(平成28年度~令和2年度)が終了することから、前期期間の点検・評価を行うとともに、社会経済の変化や国の施策などに対応するべく、改定を行い、「廿日市市産業振興ビジョン後期期間(令和3年度~7年度)」を策定しました。
 
 現在、新型コロナウイルス感染症の拡大にともなう不安から、地域の経済や観光、働き方などにおいて、さまざまな影響が生じており、ウィズコロナ・アフターコロナ時代の新たな潮流やニーズの変化を踏まえて改定し、ビジョンの推進に取り組んでいきます。

産業振興ビジョン後期期間の構造

1.5つの方向性

 (1)人づくり (2)循環させる (3)呼び込む (4)打って出る (5)産業インフラの整備

2.7つの横断的戦略【成果指標】

 多様な産業の連関を一層推進し、新たな経済循環の創出を図ります。

3.22の戦術【KPI(重要業績指標)】

 戦略を推進する具体的な手段を実行していきます。

4.SDGsとの結びつき

 本計画の各施策とSDGsを結びつけ、持続可能な社会経済の実現に向けて取り組みます。

5.新型コロナウイルス対策

 業績回復の支援とニューノーマル対応(DXの推進など)を図ります。

6.戦術のエリア展開

 各地域の現状を踏まえて産業経済団体と連携し、効果的に施策を展開します。

廿日市市産業振興ビジョン後期期間

 廿日市市産業振興ビジョン表紙 廿日市市産業振興ビジョン中面

 産業振興ビジョンの骨子

「廿日市市産業振興ビジョン」(平成28年度~令和7年度)

 廿日市市産業振興ビジョン(平成28年度~令和7年度)の全文などは、「産業振興ビジョン」から確認できます。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)