ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 交通政策室 > 広電バス津田線の利用促進事業の実施

広電バス津田線の利用促進事業の実施

印刷用ページを表示する掲載日:2021年8月11日更新

 広電バス津田線の利用促進や、中山間地域の住みやすさの向上と定住促進を図るため、広電バス津田線の利用促進事業を実施します。

 広電バス津田線の特定区間において、運賃の一部を廿日市市が負担することで、利用者の運賃負担を軽減します。

事業内容

  1. 利用者の運賃負担額を最大400円とします。
  2. 津田~上峠間の佐伯地域内移動は、利用者の運賃負担額を初乗りと同額の170円に統一します。

  詳細は「広電バス津田線利用促進事業の実施について (PDFファイル152KB)」をご覧ください。

事業開始日

 令和3年10月1日(金曜日)

利用者の運賃負担額

 広電バス津田線の各区間における利用者の運賃負担額は、「広電バス津田線利用者負担額表 (PDFファイル97KB)」をご覧ください。

 

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)