ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 子育て応援室 > 特定不妊治療費助成事業

特定不妊治療費助成事業

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月1日更新

廿日市市特定不妊治療費助成事業

 不妊治療を受けられている夫婦に対して、指定医療機関で受けた特定不妊治療である体外受精または顕微授精などにかかった治療費の一部を助成します。(入院費や食事代など治療に直接関係のない費用は除く)

対象者

 次のいずれにも該当する者

  1. 平成30年4月1日以降に特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を開始した
  2. 治療開始時に戸籍上の夫婦である
  3. 申請時に夫婦またはいずれか一方が廿日市市に住所を有している
  4. 「広島県不妊治療支援事業」の承認決定通知書通知日から1カ月以内である
  5. 採卵から授精までの一連の治療を含む、治療ステージA・B・D・Eのいずれかにあてはまる
  6. 市税などを滞納していない世帯
医療機関名住所電話番号

体外受精

顕微授精
不妊治療支援事業指定医療機関一覧(広島県内)
竹中産婦人科クリニック広島市中区鉄砲町9-10082-502-8212
絹谷産婦人科クリニック広島市中区本通8-23 本通ヒルズビル 4階082-247-6399
広島HARTクリニック広島市南区松原町3-1-301082-567-3866

県立広島病院広島市南区宇品神田1-5-54082-254-1818
香月産婦人科広島市西区乙斐本町2-14-24082-272-5588
香月産婦人科広島中央通り広島市中区三川町7-1082-546-2556
IVFクリニックひろしま

広島市南区松原町5-1BIG FRONT ひろしま 4階

082-264-1131
笠岡レディースクリニック呉市西中央1-3-10 メデイカルスクエアビル 5階0823-23-2828
医療法人社団幸の鳥レディスクリニック福山市春日町1-7-14084-940-1717
よしだレディースクリニック内科・小児科福山市新涯町3-19-36084-954-0341
  • 他の都道府県、指定都市、中核市が指定している医療機関で受けた場合も対象となります。

助成額

 1回 15万円

申請方法

  • 廿日市市への申請の前に、広島県不妊治療支援事業の申請が必要となります。
  • 広島県不妊治療支援事業の承認決定通知日の翌日から1カ月以内に、申請書を提出してください。

 提出書類など

  1. 廿日市市特定不妊治療費助成事業申請書兼請求書
  2. 指定医療機関の受診した領収書の写し
  3. 広島県不妊治療支援事業の「不妊治療費助成申請に係る証明書」の写し
  4. 広島県不妊治療支援事業の「不妊治療支援事業承認決定通知書」の写し
  5. 口座振替依頼書(請求者と口座名義人が異なる場合は委任状が必要です)
  6. 印鑑、口座振込先のわかる通帳やカード
  7. 【夫婦別世帯の場合】夫婦であることが証明できる書類(戸籍謄本 ※申請から3カ月以内のもの)
  8. 【申請年度の1月1日に廿日市市に住民票がない場合】夫婦それぞれの「市税の滞納がない証明書」(前住所地の市区町村で交付できます)

申請・問い合わせ先

  • 廿日市市 子育て応援室 「ネウボラはつかいち」 電話:0829-30-9188 ファクス:0829-30-9131
  • 佐伯支所市民福祉グループ 「ネウボラさいき」 電話:0829-72-1124 ファクス:0829-72-1651
  • 吉和支所市民福祉グループ 「ネウボラよしわ」電話:0829-77-2113 ファクス:0829-77-2078
  • 大野支所健康福祉グループ 「ネウボラおおの」 電話:0829-30-3309 ファクス:0829-55-2424
  • 宮島支所市民福祉グループ 「ネウボラみやじま」電話:0829-44-2001 ファクス:0829-44-2196

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)