ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類で探す > しごとの情報 > 税金(事業者向け) > 法人市民税 > 法人市民税の申告期限・納付期限の延長

法人市民税の申告期限・納付期限の延長

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月12日更新

法人市民税の申告期限・納付期限の延長に関して

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、国税庁において申告期限・納付期限の延長が発表されたこと、およびやむをえず期限内に申告などをすることが困難となる場合を考慮し、本市の法人市民税の申告期限・納付期限に関して、次のとおり延長します。

申告期限・納付期限の延長

 期限内に申告および納付をすることが困難な場合には、期限を区切らず延長をしますので、可能になり次第速やかに申告および納付を行ってください。

 なお、申告書が提出された日付をもって、申告および納付期限とさせていただきます。

延長の手続き

 法人市民税の申告および納付が可能となった時点で、法人市民税の申告書を提出してください。その際、下記のとおり延長申請の付記、添付資料の提出をお願いします。

電子申告(eLTAX)で申告書を提出する場合  

 申告書の所在地欄に続けて「新型コロナウイルスによる申告・納付期限の延長申請」と入力してください。

書面で申告書を提出する場合

 申告書の余白部分に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限の延長申請」と記載してください。

添付資料

 以下の1もしくは2を提出してください。

  1. 税務署に提出済みの法人税申告書の写し(申告・納付期限の延長申請に関して付記した部分がわかるもの)
  2. 「災害などに係る申告書の提出期限の延長の承認申請書」の写し

 ※法人税の申告義務がない法人に関しては、添付資料は不要です

参考

根拠条文

  • 地方税法第321条の8
  • 廿日市市税条例第48条

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)