ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

山火事予防

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月21日更新

山火事に注意してください

 例年、たき火などから屋外の火災が多く発生しています。
 空気が乾燥し、火災が発生しやすい気象状況は特に危険です。
 火の取り扱いや後始末など十分注意し、より一層の火災予防にご協力をお願いします。

火を扱う際の注意事項

  • 意図せず燃え広がれば、すぐに119番通報する。
  • 枯れ草などのある火災が起こりやすい場所では、たき火をしない。
  • 強風時および乾燥時には、たき火、火入れをしない。
  • たばこは、指定された場所で喫煙し、吸いがらは必ず消すとともに、投げ捨てない。
  • たき火など火気の使用中はその場を離れず、使用後は完全に消火する。

 ソナエント