ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 都市計画課 > 宮島口地区景観ガイドラインに基づく届け出

宮島口地区景観ガイドラインに基づく届け出

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月4日更新

 廿日市市では、平成31年3月29日付けで宮島口地区景観ガイドラインを策定しました。

 平成31年4月1日から宮島口地区景観ガイドライン(以降、景観ガイドライン)に基づく届け出などが必要になりましたので、手続きを行ってください。

1. 届け出の対象区域

  宮島口地区が申請の対象区域です。対象区域を3つの地区に分けて、それぞれの地区で行為の制限を設定しています。

   対象区域及び地区区分

 

2. 届け出の対象行為

 原則として、対象区域内のすべて建築などの行為が対象となります。                                               

3. 届け出の手続き

 宮島口地区で建築などの行為を行う30日前までに、景観ガイドラインに適合するか確認するため、協議をお願いします。

 なお、事前協議も受け付けていますので、円滑に協議が進むように、計画段階で事前協議をしていただきますようお願いします。

4.景観形成基準

 景観ガイドラインは、今後、都市計画決定を予定している景観地区や制定を予定している廿日市市屋外広告物条例(いずれも令和2年4月施行予定)とともに、良好な景観形成に向けた目標や具体的な基準を定めたものです。
 宮島口地区で建築物などの新築、増築、改築、移転、修繕、模様替えや屋外広告物の設置などを行う際には、景観ガイドラインを順守もしくは協力していただく必要があります

景観形成基準

景観形成基準

5. 届出書などの様式および必要書類

届出書

制度に関する手引き

 宮島口地区景観ガイドラインに基づく届け出を行う場合は、「制度に関する手引き」を確認してください。

行為に関する届け出(協議書)

関連情報 

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)