ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

おおのハートバス

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

 廿日市市地域公共交通網形成計画(平成28年3月策定)に基づき、サービス向上策を実施するとともに、運賃の見直しを行うことで、持続可能なサービスを目指しています。

 利用実態や利用者の満足度、民間路線バスへの影響などを把握・分析し、適宜、運行内容の見直しを行っていきます。

 利用者および地域の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

料金・運行ルート・時刻表

おおのハートバスの料金

 おおのハートバス 料金のページをご覧ください。

運行ルート・時刻表(平成26年10月27日改正)

 ※チラシ(時刻表・路線図)は、バス車内、市役所、大野支所、市民センターなどに備え付けています。

愛称、デザイン、特徴・サービス、バス停

愛称

 「覚えやすく親しみやすい」ことを第一条件と考え、住民の皆さんにもなじみが深い「べにまんさく」のハートの形に着目し、また、バス内部が利用者の皆さんの心(ハート)の触れ合える場になることの願いも込めて、「おおのハートバス」としました。

デザイン

 一目で「おおのハートバス」と認識できるよう大野町(当時)の木である「べにまんさく」をモチーフにしたデザインとしました。また、どのルートのバスかを認知できるよう車体をルートごとに色分け(赤・青・黄)し、利用者の利便を図るようにしました。

  • 東西横断ルート(赤色):「べにまんさく」の色を表現
  • 東ルート(青色):自然に恵まれた中で水に関連する「大野瀬戸」「永慶寺川・毛保川」の色を表現
  • 西ルート(黄色):「通学バス」としての運行もあるためスクールバスカラーを表現

おおのハートバスの写真
【おおのハートバスの写真】

特徴・サービス

 平成17年4月1日から「おおのハートバス」として、運行を開始しました。

運行におけるコンセプト

  • 利便性向上による利用者数、利用率の増加
  • 交通空白地域の段階的な解消など

バス停

 誰もが「おおのハートバス」のバス停と分かるようにバス停表示板を統一しました。

おおのハートバスのバス停
【おおのハートバスのバス停】

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)