ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > こども課 > 乳幼児等医療費助成制度からこども医療費助成制度へ

乳幼児等医療費助成制度からこども医療費助成制度へ

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月1日更新

制度変更の概要

 令和2年8月から、乳幼児等医療費助成制度の所得制限を廃止し、通院の助成対象年齢を小学6年生までに拡大します。新たな助成制度の対象となる人(所得制限により対象ではなかった人・小学4年生~小学6年生の人)は申請してください。

 なお、乳幼児等医療費助成制度の受給者証をお持ちの方は、更新時に新たな受給者証に切替えるため申請の必要はありません(更新までの間は、お持ちの「乳幼児等医療費受給者証」で新制度を適用します                                                     

変更点

変更(1) 所得制限の廃止

こども医療費助成制度では保護者の所得に関わらず、0歳~中学3年生のお子さん全てが助成対象になります。

変更(2) 通院の助成対象年齢の拡大

こども医療費助成制度では、通院の助成対象年齢を、これまでの0歳~小学3年生から0歳~小学6年生に拡大します。

中学生は、これまで同様、入院のみが対象です。入院する際に申請してください。 

自己負担額

 乳児とこどもの一部負担金        

新たに対象となる方の申請に必要なもの

 所得制限により対象ではなかった人や小学4年生~小学6年生の人は新たに対象となりますので申請してください。令和2年6月30日までに申請いただいた人の受給者証は令和2年7月末に一斉発送します。令和2年6月30日以降に申請された場合は認定後、順次発送します。
 なお、中学1年生から3年生までは入院医療費のみの助成となります。必要となった(入院する)際に申請してください。

申請に必要なもの

  1. こども医療費受給者資格認定(更新)申請書
  2. お子さんの健康保険証
  3. 印鑑(朱肉を使用するもの)

 ※保護者の所得確認のため、所得証明書(扶養親族などの数、控除金額が記載されたもの)等を提出してもらう場合があります。

 申請書の様式は、次のファイルをダウンロードし、印刷して使用することもできます。

変更前後の制度の詳しい内容

令和2年7月までの制度と令和2年8月からの制度の詳しい内容は以下のリンクからご確認ください。

【乳幼児等医療費助成制度】/soshiki/35/21691.html

【こども医療費助成制度】/soshiki/35/53605.html

 

問い合わせ先

  • 廿日市市役所 こども課 児童グループ(窓口業務) 電話:0829-30-9153 ファクス:0829-30-9131
  • 佐伯支所 市民福祉グループ 電話:0829-72-1124 ファクス:0829-72-0415
  • 吉和支所 市民福祉グループ 電話:0829-77-2113 ファクス:0829-77-2078
  • 大野支所 健康福祉グループ 電話:0829-30-1006 ファクス:0829-55-1307
  • 宮島支所 市民福祉グループ 電話:0829-44-2001 ファクス:0829-44-2196

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)