ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 危機管理課 > 5段階の警戒レベルを使った避難情報の発令

5段階の警戒レベルを使った避難情報の発令

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月3日更新

5段階の「警戒レベル」を使って避難情報をお伝えします

 令和元年から、5段階の「警戒レベル」を使って地区ごとに避難勧告などの避難情報を発令します。

 土砂災害や洪水など災害の危険度の高まりに応じて「警戒レベル」が上がっていきます。

 「土砂災害警戒区域等」や「浸水想定区域」などに住んでいる人は、警戒レベル4(避難勧告)または警戒レベル3(避難準備・高齢者等避難開始)が発令された場合は、避難行動をとりましょう。

警戒レベル(5段階)

避難勧告などの避難情報の発令方法

 避難勧告などの避難情報を発令する場合、警戒レベルと併せてお伝えします。
 災害への危険度に応じた避難行動をとりましょう。

 また、屋外で放送される防災行政無線は、大雨が降っていたり、窓を閉め切っていたりすると、放送内容が聞こえにくい場合があります。

 併せて、市ホームページや「はつかいちし安全・安心メール」で、避難場所などの詳細を確認してください。

防災行政無線(放送例)

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)