ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 産業振興課 > 平成30年7月豪雨の被災中小企業などへの金融支援

平成30年7月豪雨の被災中小企業などへの金融支援

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月1日更新

 ※市長認定申請の受け付けは終了しました

 このたびの豪雨災害で被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
 被災中小企業者などに対する融資制度をお知らせします。

広島県 県費預託融資制度

 この制度は、自然災害により被害を受け、復旧資金を必要とする中小企業者などを金融面から支援するための制度です。
 詳しくは、次の広島県ホームページを確認してください。

信用保証制度(セーフティネット保証4号)の認定受け付け

 このたびの豪雨災害の影響を受けている中小企業への支援措置として、廿日市市がセーフティネット4号の適用を受ける地域に指定されました。
 これに伴い、本市ではセーフティネット保証4号の認定受け付けを行います。

セーフティネット保証4号の概要

 突発的な災害によって、経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会による保証限度額の別枠化などを行う制度です。

対象の中小企業者

  1. 廿日市市で1年間以上継続して事業を行っていること。
  2. 災害の発生に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1カ月の売上高などが前年同月に比して20パーセント以上減少しており、かつ、その後2カ月を含む3カ月間の売上高などが前年同期に比して20パーセント以上減少することが見込まれること。

手続きの流れ

  1. 産業振興課へ認定申請書2通を提出する。
  2. 認定書を持って、金融機関へ保証付き融資を申し込む。

認定申請書の様式など

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)