ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 地域政策課 > コミュニティなどの運営(新型コロナウイルス)

コミュニティなどの運営(新型コロナウイルス)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年1月7日更新

地域行事に関する開催目安と感染防止対策

 市は、国から示された指針や、広島県から示された「新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県の対処方針」を踏まえ、市主催イベントなどの開催に向けた新たな基本方針を作成しました。地域行事の開催・中止を判断される際には、市主催イベントなどの開催要件を一つの目安としてください。
 なお、この取り扱いは、国や県の指針や今後の感染状況などにより適宜見直すこととします。

 新型コロナウイルス感染症に係る地域行事などの開催に関して、これまでの考え方を掲載しますので参考にしてください。

  また、令和2年12月1日から当面の間、参加者が1,000人を超えるようなイベントの開催を予定する場合は、次の様式により、市に事前にご相談くださいますようお願いします。

 感染リスクが高まる5つの場面に気をつけましょう

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑えるために、基本的な感染対策を引き続き講じていただくとともに、感染リスクが高まる外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。以下の「5つの場面」には特に気を付けましょう。

  • 【場面1】 飲酒を伴う懇親会等
  • 【場面2】 大人数や長時間におよぶ飲食
  • 【場面3】 マスクなしでの会話
  • 【場面4】 狭い空間での共同生活
  • 【場面5】 居場所の切り替わり

 感染リスクが高まる「5つの場面」 (PDFファイル 91KB)

寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント

 手洗い、マスクの着用といった基本的な感染防止対策はもとより、室温を保ちながら常時換気をしたり、適度な加湿を行ったりするなど、感染予防にご協力お願いします。

 寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント (PDFファイル 98KB)

回覧板の取り扱いに関して

 回覧板は、地域情報共有のための大切な手段ですが、現在は新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を優先すべき大切な時期ですので、回覧頻度を少なくしたり、対面や直接の手渡しを避け、ポストへ投函するなど、回覧の方法を配慮いただきますようお願いします。

 回覧板を触った後の手洗いなども積極的に行ってください。

 また、班や組の皆さんへ、新型コロナウイルス感染症予防を呼びかけるため、別添「回覧板の取り扱いに関して(注意喚起)」を市で作成しましたので、回覧板の表紙に添付するなどして活用してください。

コミュニティ・町内会などが開催する総会など

 コミュニティ・町内会などの総会を検討されている地域もあることから、開催方法など以下の内容を参考にしてください。

1.会議によらない方法

(1)書面評決

 団体の規模や規約にもよりますが、参集することなく書面評決で可否を得る方法があります。
 書面による評決を行われる場合は、次の様式を参考にしてください。

(2)メールなどの活用

 連絡事項のみの場合は、メールなどを活用してください。

2.会議を延期する方法

 終息時期の目途はたちませんが、開催時期を延期する方法があります。

3.会議を開催する場合

(1)規模縮小

 規約に応じて委任状を取りつけるなどして、最小限の人数で開催する方法があります。

(2)感染防止対策

  • できるだけ大きい会場を使用する 
    出席者などの相互接触、対面での会話機会を減らすようにする
     
  • 換気のできる部屋を使う
    30分ごとを目安に窓を開けるなどして換気をする 
     
  • ドアノブなどに触れる機会が少なくなるよう、ドアなどは支障のない範囲で開放する
     
  • できるだけ短時間の会議とする
     
  • 咳や発熱などの症状があるなど体調が優れない人は参加を控える
    出席者は咳エチケットなどを徹底する

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)