ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮島訪問税について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月18日更新

 廿日市市では、世界遺産を擁する宮島の自然・歴史・文化を守り、次世代に継承していくとともに、観光地としての質的向上を図ることを目的とした施策を実現するための財源確保策を検討しています。

宮島訪問税の新設に向けて総務大臣と協議を行っています

 宮島訪問税の新設に向けて、地方税法第669条に基づき、総務大臣と協議を行っています。

廿日市市宮島訪問税条例を公布しました(令和3年3月16日)

 廿日市市宮島訪問税条例を令和3年3月16日に公布しました。

 今後、宮島訪問税の導入に向けて、総務大臣との協議や税徴収システムの構築などの各種準備を進めていきます。

 なお、宮島訪問税の導入時期については、総務大臣の同意を得て、税徴収のための各種準備などの進捗状況や新型コロナウイルス感染症の収束状況などを考慮し、市議会にも説明した上で決定することとしています。

廿日市市宮島訪問税条例が可決されました(令和3年3月15日)

 廿日市市宮島訪問税条例が令和3年第1回廿日市市議会(第1回定例会)で原案通り可決されました。

宮島訪問税について議員全員協議会で説明しました(令和3年1月25日)

 宮島訪問税の条例素案や徴収費用などを議員全員協議会で説明しました。

宮島訪問税の制度概要に関する意見を募集しました(令和3年1月6日から2月3日まで)

 宮島訪問税の導入に向けて、宮島訪問税の制度概要に関する意見を募集(パブリックコメント)したところ、5名からご意見をいただきました。

(仮称)宮島訪問税について議員全員協議会で説明しました(令和2年12月17日)

 (仮称)宮島訪問税の制度と特別徴収義務者との調整状況などを議員全員協議会で説明しました。

(仮称)宮島訪問税の必要性の説明を行っています

 (仮称)宮島訪問税の必要性を、広報はつかいちや市公式YouTubeなどで説明していますのでご覧ください。

広報はつかいち(11月号)で特集

 (仮称)宮島訪問税について、広報はつかいちで特集しています。

説明会などで出された主な質問とそれに対する市の考え方

 各地域コミュニティや経済団体、観光協会への説明会などで出された主な質問とそれに対する市の考え方をまとめました。
 また、市公式YouTubeでの説明用動画を視聴した人から寄せられた主な質問も随時掲載していきます。

市公式YouTubeで説明用動画を配信

 (仮称)宮島訪問税について、市公式YouTubeで説明用動画を配信しています。

 (仮称)宮島訪問税への質問は、質問投稿フォームから投稿してください。

出前トークの受け付け

 (仮称)宮島訪問税の概要について、出前トークを受け付けています。

(仮称)宮島訪問税に関するWEBアンケートを実施しました(令和2年10月5日~7日)

 全国を対象に、(仮称)宮島訪問税のアンケートを実施しました。

(仮称)宮島訪問税について議員全員協議会で説明しました(令和2年9月25日)

 (仮称)宮島訪問税の導入に向けた協議調整状況などを議員全員協議会で説明しました。

(仮称)宮島訪問税に関する対面アンケートを実施しました(令和2年9月5日)

 宮島を訪れた人に、 (仮称)宮島訪問税のアンケートを実施しました。

検討委員会からの報告内容を議員全員協議会で説明しました(令和2年6月12日)

 宮島財源確保検討委員会から報告のあった「新しい財源確保策について」を議員全員協議会に説明しました。

宮島財源確保検討委員会から市長に報告がありました(令和2年5月20日)

 令和元年9月に設置された宮島財源確保検討委員会から新たな財源確保策について、市長に報告がありました。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)