ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 中山間地域振興室 > 地域支援員の募集(吉和地域)

地域支援員の募集(吉和地域)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月2日更新

募集の目的

 廿日市市は、広島県の西部に位置するまちで、南は瀬戸内海に面しています。海から山に至る豊かな自然、歴史と伝統、多様な産業、文化など魅力ある資源に恵まれ、日本の縮図とも言えるまちです。
 沿岸部(廿日市地域、大野地域)は、中国地方最大の都市である広島市に隣接した立地条件を生かし、社会動態は増加していますが、中山間地域(佐伯地域、吉和地域)では少子高齢化、人口減少が続いています。

 今回募集する地域支援員の主な活動地域は、吉和地域です。
 吉和地域は、市の北に位置し、平成15年の合併まで114年間、1つの村であり続けた地域です。
 また、最南端の豪雪地帯に指定されており、原生林から流れ出た雪解け水でわさびを育むなど、山紫水明にして日本のふるさとの原風景のたたずまいを残した山村と言われています。
 夏は涼しく、避暑地として利用されることも多く、冬はスキーを満喫でき、地域内に高速道路のICがあるので、広島市へも約1時間でアクセスできる好立地でもあります。

 しかしながら環境が良くても、今までどおり住みなれた地域で暮らし続けるためには心と体の健康、人と人との交流、生活のための仕事や人を引き寄せるにぎわいなど、人と地域が元気を持ち続けていなければなりません。

吉和地域では…

 元気の種を見つけて育てられる人を求めています。
  ⇒地域イベントを通じた魅力の掘り起こしや課題への取り組み

 吉和地域には、平成23年8月から地域支援員を配置し、活動の1つとして自宅開放型イベント「吉和おさんぽギャラリー」を6年間開催してきました。このイベントを通じてものづくりやおもてなしの文化、人や自然などの魅力の発信ができたほか、課題であった地域イベントの担い手不足や地域内外の交流が促進し、一定の成果が出ています。
   このイベントのおかげで、新たに吉和のファンになっていただいた人も少なくありません。

  地域支援員となった人には、まずは引き続きこのイベントに関わりながら、地域の元気を育てていってもらいたいと考えています。 

 ⇒地域の方に寄り添った、住み続けられる環境づくりを支える活動や起業

   地縁団体、NPO法人、各種団体などと連携して、人々によりそった暮らしの支援の輪を広げていくことができる人材を求めています。
   地域支援員は、地域と思いを共有して活動していただける方、職務外でも吉和地域の地域活動に積極的に応援できる方をお待ちしています。

 そこで、地域住民に寄り添いながら、地域の希望と自らの夢とを叶える次のような活動をしていただける方を募集します!

  活動内容

  • 地縁団体、NPO法人、各種団体などとの連携による地域課題の解決に向けた支援活動(人々によりそった暮らしや地域福祉の支援)
  • 吉和おさんぽギャラリーなどの地域づくりイベントへの参画
  • 暮らし続けられるための環境づくりに係る調査・検討
  • 地域人材の発掘・連携
  • 地域課題の解決につながる市民主体のイベントの支援や広報活動
  • 地域資源を活かした体験活動の推進、吉和魅惑の里の活用
  • 他地域との連携交流の推進
  • 他の地域支援員と連携した事業の企画・実践 など

 ※地域住民、イベントの実行委員会、支所、市民センター、他の地域支援員と協力して活動に取り組んでいただきます。

募集内容・応募用紙・選考方法など

 別添の募集要領を確認してください。

 応募受付期間

 平成30年2月1日(木曜日)~平成30年2月27日(火曜日)17時必着

応募方法

 応募用紙を直接持参、郵送、電子メールのいずれかの方法で提出してください。
 なお、応募書類は返却しませんので、ご了承ください。

提出先および問い合わせ先

 廿日市市役所 自治振興部 中山間地域振興室(廿日市市役所佐伯支所2階)
 〒738-0292 廿日市市津田1989番地

 電話:0829-72-1110(直通)

 アドレス:chusankanアットマークcity.hatsukaichi.lg.jp
 ※「アットマーク」を「@」に変えて送信してください(スパムメール対策)

現在活動中の地域支援員

 現在活動中の地域支援員に関しては、地域支援員のページをご覧ください。
 ※なお、直接連絡を取りたい場合は、次の問い合わせ先まで連絡してください。

 廿日市市吉和支所地域づくりグループ 電話番号: 0829-77-2112

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)