ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 子育て応援室 > 子どもの風しんに注意!

子どもの風しんに注意!

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月31日更新

 例年と比較し、現在、関東地方で風しんの患者が大幅に増加しています。
 首都圏を含む関東地方では多くの人の往来が見込まれることから、今後、全国的に感染が拡大する可能性があります。

 風しんは、風しんウイルスの飛沫感染で起きる発しん症の病気です。
 感染して約2~3週間後に発熱や発しん、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。
 また、妊娠初期にかかると、胎児に感染し、先天性風しん症候群を持って生まれてくる可能性があります。

風しんの予防接種

 風しんの予防には、予防接種が最も有効な予防方法です。 

 風しんにかかったことがなく、風しんの予防接種を受けていない人や、予防接種が1回のみの人は、この機会にワクチン接種を検討してください。

 ※成人男性への風しん対策(昭和37年4月2日~昭和54年4月1日に生まれた男性)は「風しんの抗体検査および第5期定期接種」のページです
 ※定期予防接種以外の人は、任意に自費で接種することとなります

 また、定期予防接種の対象の子どもは、積極的に予防接種を受けましょう。

麻しん風しん混合(MR)ワクチン

 第1期:生後12月から生後24月に至るまで
 第2期:小学校就学前の1年間

関連リンク

問い合わせ先

  • 廿日市市 子育て応援室 「ネウボラはつかいち」 電話:0829-30-9188 ファクス:0829-30-9131
  • 佐伯支所市民福祉グループ 「ネウボラさいき」 電話:0829-72-1124 ファクス:0829-72-1651
  • 吉和支所市民福祉グループ 電話:0829-77-2113 ファクス:0829-77-2078
  • 大野支所健康福祉グループ 「ネウボラおおの」 電話:0829-30-3309 ファクス:0829-55-2424
  • 宮島支所市民福祉グループ 電話:0829-44-2001 ファクス:0829-44-2196

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)