ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > しごと共創センター > 体験型商品の受入対応とメディア活用

体験型商品の受入対応とメディア活用

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月15日更新

 年々増加している外国人観光客の需要を取り込み、観光で稼ぐための全2回のインバウンドセミナーです。
 第2回目のテーマは、「体験型商品の受入対応とメディア活用」です。
 セミナー終了後には、個別相談会を実施します。

1.とき

 平成30年3月19日(月曜日)18時~20時

2.ところ

 宮島コーラルホテル(廿日市市宮島口1-9-8)

3.定員

 30人(先着順)

4.参加費

 無料

5.内容

(1) トリップアドバイザーなどのメディア活用のポイント

 講師 吉田博詞さん (株式会社地域ブランディング研究所 代表取締役)

(2) 通訳ガイドの目線から見た廿日市のインバウンド対応

 講師 古谷章子さん (一般社団法人ひろしま通訳・ガイド協会 会長)

(3) モニター調査の結果の共有と廿日市の可能性

 事前に実施したモニター調査の結果の共有とパネルディスカッション

(4) 個別相談会

 講師による個別相談(1事業者10~15分程度)

6.申し込み方法

 参加申込書に必要事項を記入し、しごと共創センターに、ファクス(0829-30-8406)または電話(0829-30-8405)で申し込んでください。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)