ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 廿日市市水道局 > 消費税率改定による水道料金などの変更

消費税率改定による水道料金などの変更

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月13日更新

水道料金などの消費税の引き上げ分の改定を行います

 令和元年10月1日から、消費税(地方消費税を含む)の税率が8パーセントから10パーセントに改定されます。
 これに伴い、水道料金などに関して、消費税の引き上げ分の改定を行います。 

 なお、令和元年9月以前から継続して使用されている場合は、10月検針分の水道料金などに消費税法の経過措置(税率8パーセント)が適用されます。

 ※令和元年10月1日以降に使用を開始された場合は、原則どおり令和元年10月検針分から10パーセントの税率が適用されます

税率改定後(10パーセント)の水道料金

区分使用水量水道料金
消費税率10パーセント改定後の水道料金の単価表(2カ月分)
基本料金

0~20立方メートルまで

2,563.00 円

超過料金

(1立方メートルにつき)

21~30立方メートル169.40 円
31~40立方メートル209.00 円
41~60立方メートル222.20 円
61立方メートル~228.80 円

税率改定後(10パーセント)の料金適用開始時期

令和元年9月以前から継続して使用している場合

 令和元年12月検針・令和2年1月請求分(10月・11月使用分)から改定後料金(10パーセント)が適用されます。

 ※消費税法の経過措置により、令和元年10月検針・11月請求分(8・9月使用分)までは改定前料金(8パーセント)となります
 ※令和元年10月検針後の退去精算分は改定後料金(10パーセント)が適用されますのでご了承ください

令和元年10月以降に使用を開始する場合

 経過措置の適用がないため、令和元年10月検針・11月請求分から税率10パーセントが適用されます。

 ※定例検針日以降の使用開始の場合、令和元年10月検針は行われないため、次回、令和元年12月検針・令和2年1月請求分(10・11月使用分)からの適用となります

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)