ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
廿日市市観光公式サイト「はつたび」 >   >   > 弥山:紅葉谷コースの通行止め

本文

弥山:紅葉谷コースの通行止め

2020年8月5日更新
印刷用ページを表示する
(外部リンク)

 令和2年8月17日~令和3年3月31日(予定)まで、紅葉谷弥山線歩道は安全対策工事のため、通行止めとなります。
詳しいルートは、地図 (PDFファイル 678KB)をご確認ください。

  問い合わせ先:広島県西部農林水産事務所 林務第一課 自然保護係
  電話:082-513-5452

 

弥山登山ワンポイントガイド

地図

 四季の彩りを楽しめる弥山登山の定番コース。
 渓谷沿いにモミジ、カエデなど多く生育し、秋には素晴らしい彩りを楽しめます。
 また、それぞれ特徴のある巨岩奇石が見られます。

 

インフォメーション

特徴
 前半:広く緩やかな登山道主なポイントまでの所要時間
 後半:天然橋から紅葉谷分岐点まで、やや急な80段の石段が続く

距離
 紅葉谷駅~弥山山頂まで約2.5キロメートル

所要時間
 片道約1時間半~2時間(休憩含む)

トイレ
 紅葉谷公園内・弥山本堂・弥山展望休憩所

 

(1)紅葉谷公園

 嚴島神社の裏、紅葉谷川に沿って静かに広がる公園で、約700本のモミジがあります。
 秋にはモミジとカエデは見事なコントラストを楽しむ事ができ、新緑の夏は納涼地となります。

紅葉谷公園

 

(2)登山口

 弥山登山定番コースの入口で、登山口は右側です。
 もみぢ荘茶屋前を通り過ぎ、ロープウエー乗り場を横目に登山道へ進みます。

登山口

 

(3)原始林石碑

 貴重な原始林が残されており、1929年には『弥山原始林』として天然記念物に指定されています。
 弥山の原始林には、北方系と南方系の植物が混在しています。

 

(4)鎌石

 10堰堤付近に巨大な岩が見えてきます。
 ハンマーのような形をした岩で、別名「ハンマーロック」と呼ばれています。
 ここからも巨岩奇石が続き、自然の不思議な景観が目を楽しませてくれます。

鎌石

 

(5)天然橋

 ここからやや急な石段80段のコースが続きます。
 足元に注意して、一段一段ゆっくり上がってください。
 ここを登り切れば、13堰堤で一休みできます。

天然橋

 

(6)紅葉谷分岐点

 12号堰堤を過ぎたあたりから、急な石段となります。
 最後の15号堰堤に出て少し進むとロープウエー獅子岩駅からの道と合流し、そこから遊歩道を約20分登ると弥山本堂と霊火堂の広場に出ます。


Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

知ってた?

にしき堂バナー(外部リンク)

みやじま庵廣島バナー(外部リンク)

広告募集中

広告募集中