ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

土鈴

2020年3月30日更新
印刷用ページを表示する
(外部リンク)

 宮島は、古くから焼物と縁があります。
 かつて安芸国(あきのくに)の人は、旅の安全を祈願して嚴島神社本殿床下の砂を「お砂守」としてもらっていました。
 江戸時代後期にはその砂を使った祭器が作られ、宮島焼きが誕生したといわれています。
 さらに戦後には、観光客に喜んでもらえる手軽なお土産として、宮島土鈴が作られるようになりました。
 今も、一つひとつ手をかける昔ながらの製法が守られています。

 宮島土鈴は、どれも手のひらにのる程の大きさです。
 嚴島神社の大鳥居や狛犬、鹿、陵王(りょうおう)の他、四季の風物詩から干支まで100種類もあります。
 カランカランと涼しげな音を響かせる土鈴。
 全体に丸みをおびた形ほど、いい音がするとか。土産物店で見かけたら、やさしく振ってみてください。

 宮島土鈴 宮島土鈴

知ってた?

にしき堂バナー(外部リンク)

みやじま庵廣島バナー(外部リンク)

広告募集中

広告募集中