ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

五重塔

2020年3月30日更新
印刷用ページを表示する
(外部リンク)

 五重塔

 千畳閣の隣に建つ五重塔は、和様と唐様を巧みに調和させた建築様式で、桧皮葺の屋根と朱塗りの柱や垂木のコントラストが美しい塔です。
 高さは27.6メートル。応永14年(1407年)に建立されたものと伝えられています。

 内部は完全な唐様で、一般の見学はできませんが、内陣天井に龍、外陣天井には葡萄唐草、来迎壁の表には蓮池、裏には白衣観音像などが極彩色で描かれています。
 塔内にあった仏像は、明治元年の神仏分離令により、大願寺に遷されました。

 また、この五重塔が建つ塔の岡は、厳島合戦で陶軍が陣を構えたと伝えられています。

 見学は自由ですが、塔内には入れません。

アクセス

 宮島桟橋から徒歩約10分

ところ

 廿日市市宮島町1−1

問い合わせ

 電話:0829-44-2020(嚴島神社)

知ってた?

にしき堂バナー(外部リンク)

みやじま庵廣島バナー(外部リンク)

広告募集中

広告募集中