ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

町家通り

2020年3月30日更新
印刷用ページを表示する
(外部リンク)

町家(まちや)通り

町家通り

 江戸時代初期に埋め立てられ、宮島が最も華やいだ時代のメインストリートとなったのが当時本町筋と呼ばれた町家通り。
「厳島図会」には商家や旅籠が立ち並ぶ通りに参拝客や酔客が楽し気に行き交う様子が描かれています。
 現在の幸町東表や中之町表、北之町表といった町名も、この一帯がかつて表通りだったことを示しています。

 しかし、昭和も戦後になると映画館やカフェなどの娯楽施設は姿を消し、観光客は表参道商店街に流れて島に住む人たちの生活通りとなりました。
 通りが再び脚光を浴びるようになったのは近年のことです。
 平成13年(2001年)に始まった「みやじま雛めぐり」がきっかけで、通りに点在する江戸時代から戦前までの古い町家建築が注目され始めたのです。
 この頃から通りは町家通りと呼ばれるようになり、伝統的な町家建築に現代的な感覚をプラスしたレトロモダンな宿や商店・ギャラリーなどが登場しました。

 また、まるで昭和30年代にタイムスリップしたような昔ながらの個人商店や民家も健在で、それがまたいい味を醸していると通りを散策する人が増えてきました。
 夜間には軒先にかかる行灯に明かりがともされ、昼間とはまた違ったしっとりした情緒をプラスします。
 歴史を感じさせる町並み、そしてそこに暮らす人々の息づかいや体温が伝わってくるのが町家通りの魅力です。

アクセス

 宮島桟橋から徒歩約5分

ところ

 廿日市市宮島町幸町

問い合わせ

 電話:0829-44-2011(一般社団法人 宮島観光協会)

知ってた?

みやじま庵廣島バナー(外部リンク)

広告募集中

広告募集中