ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ぶち山

ぶち山

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月17日更新

 ぶち山

標高500メートル以上。
冬は銀世界、夏はクーラーいらず!

 温暖なイメージがある広島ですが、実は北部はぶち(広島弁で「すごく」)山深くて冬は寒い!

 市内北部の吉和地域の平均気温は青森県と一緒。
 日本最南端の豪雪地帯にも指定されています。

 冬は一面真っ白になり、スキー場でスノースポーツを楽しめます。
 その分、夏は涼しくて過ごしやすく、別荘地も多い場所。

 四季の変化を一番感じる土地といえます。

 少子高齢化が進む地域ですが、豊かな自然の中で子育てをしたいという若い世代の移住も増えてきています。
 少人数の小中一貫校や、子どもからお年寄りまでが参加する行事など、学校・住民同士のつながりが強いのも特長。

 自然や人と深く関わる暮らしができます。

 雪景色 鯉のぼり

こんな人にオススメ!

  • 雪が降らなきゃ冬じゃない!雪景色やスノースポーツを楽しみたい人
  • 夏の暑さが苦手な人
  • 春から秋は農業、冬は除雪作業など、季節に寄り添った暮らしをしたい人
  • 在宅勤務可など仕事の場所を選ばない人、もしくはドライブを苦にしない人
  • 周りはみんな顔見知り!濃い近所付き合いの中で暮らしてみたい人
  • 一人一人に目の行き届いた、学校や自然環境の中で子育てしたい人
  • 川釣りが好きな人

「ぶち山」暮らしのイイネ!情報

吉和魅惑の里のヤマボウシ

 先端のとがった真っ白い花を枝いっぱいに咲かせるヤマボウシ。
 4枚の花びらが、頭巾をかぶった法師のように見えることが名前の由来です。
 花言葉は「友情」。
 爽やかさと純粋さを感じさせるので、大切な友人へのプレゼントとしても人気が高い花。
 6月~7月にかけて、吉和魅惑の里(外部リンク)にあるヤマボウシが一斉に開花しますので、
 ぜひ、ドライブがてら見に行ってみてください。

 ヤマボウシ

冠山 野鳥の観察・トレッキング

 豊かな自然に囲まれた吉和では、約100種類もの野鳥を観察することができます。
 特に冠山域の森林では、きわめて貴重な鳥にも出会えるとか…。
 のんびりとバードウオッチングしながらの山登りは、会話も弾みそうですね!

 国定公園でもある冠山はトレッキングも人気。
 標高1,339メートル、広島県で2番目に高い冠山は、自然のままの山を歩くことができるのが魅力です。
 特に「クレソン岩」から望む360度のパノラマ風景は思わず息を飲むほどです!

 冠山

 冠山

ひまわり畑

 沿岸部から車で1時間。
 アウトドア、スポーツ、ドライブ、渓流釣り、温泉など自然の中でレジャーを満喫できる吉和。
 7月下旬からは、3万本のひまわりが楽しめます。
 畑一面に咲いたひまわりは素晴らしいですね!
 毎年夏にある吉和夏まつりでは、ひまわりの摘み取りイベントもあります。

 ひまわり畑

吉和夏まつり

 昼の部は、河川公園で「アマゴのつかみ取り・釣り」と「ひまわりの摘み取り」を行います。
 夜の部は、ステージ上での神楽やフラダンス、音楽などと、2,500発の花火大会。
 大きな花火をすぐ近くで楽しめるので、大迫力!
 吉和夏まつりのうわさが最近少しずつ広がり、来場者が増えてきています。

 平成30年度の吉和夏まつりページもぜひご覧ください。

 夏祭り

吉和おさんぽギャラリー

 太田川の源流が流れる吉和には、雄大かつ美しい自然と、ここで暮らす温かな人たちがいます。
 「吉和おさんぽギャラリー」は民家や別荘を巡り、住民の手作り雑貨や芸術を楽しむことに加え、茅葺屋根や縁側が残る昔ながらの民家、変わらぬ方法で稲刈りをする人たちの暮らしを感じられる「自宅開放型」の地域イベントです。

 おさんぽギャラリー

中津谷渓谷

 森林と渓谷の季節ごとの移り変わりを楽しめます!
 透き通った清流、自然のままのたたずまい、四季折々の色のグラデーションのほか、道路沿いに小鳥や小動物が顔を出すことも…。

 また、ヤマメなど渓流釣りのメッカとしても有名です。
 渓谷沿いの道幅は狭いので、景観に気を取られすぎないよう、運転には気をつけてください。

 中津谷渓谷

「ぶち山」暮らしを楽しむ人

Wさんファミリー

 吉和で暮らすこと自体がイベントのよう。

甘く見てない?廿日市

 その他の動画は、甘く見てない?廿日市のページをご覧ください。

廿日市市吉和支所