ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市制施行30周年記念事業 > 市制施行30周年記念ロゴマーク

市制施行30周年記念ロゴマーク

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月13日更新

市制施行30周年記念ロゴマークの決定!

 広島県立宮島工業高等学校インテリア科のご協力により、市制施行30周年記念ロゴマークを制作しました。

 このロゴマークは、今後、本市の市制施行30周年のPRのために使用します。

 マーク

コンセプト

 廿日市市は桜の名所です。
 その桜を8枚つなげてデザインしています。
 「8」という数字は「繁栄」を意味します。
 廿日市市がさらに発展し、市民の皆さまが手を取り合って輪になり協力するイメージを表現しました。

 桜の下の図は、廿日市市の市章および太陽、そして世界遺産宮島と瀬戸内海を描いています。

その他のデザイン

 ロゴマークの制作に伴い、市制施行30周年記念事業ページのヘッダーデザインおよびバナーイラストを作成していただきました。

 宮島工業高等学校インテリア科の皆さん、ありがとうございました。