○廿日市市生活習慣病予防対策事業に係る実費徴収規則

昭和56年2月20日

規則第3号

(趣旨)

第1条 廿日市市で実施する各種生活習慣病予防対策事業(以下「対策事業」という。)に際し、自己負担分の実費の徴収(以下「実費徴収」という。)については、別の法令で定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

(全部改正〔昭和63年規則77号〕、一部改正〔平成11年規則16号・14年8号〕)

(徴収額等)

第2条 実費徴収の範囲及び額は、別に市長が定める。

(一部改正〔平成14年規則8号〕)

(納付の方法)

第3条 前条に定める実費徴収の額は、対策事業を利用する際納付するものとする。

(一部改正〔昭和63年規則77号・平成14年8号〕)

(減免)

第4条 市長は、実費徴収の額について、特別の理由があると認めるときは、その額を減免することができる。

(一部改正〔昭和63年規則77号・平成14年8号〕)

附 則

この規則は、昭和56年3月1日から施行する。

附 則(昭和63年4月1日規則第77号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年4月1日規則第16号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年3月22日規則第8号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

廿日市市生活習慣病予防対策事業に係る実費徴収規則

昭和56年2月20日 規則第3号

(平成14年4月1日施行)

体系情報
第7類 生/第2章 保健・衛生・環境/第1節 保健及び予防衛生
沿革情報
昭和56年2月20日 規則第3号
昭和63年4月1日 規則第77号
平成11年4月1日 規則第16号
平成14年3月22日 規則第8号