ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 下水道課 > 下水道排水設備の「点検商法」に注意

下水道排水設備の「点検商法」に注意

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月8日更新

 日中に住宅を訪問し、必要のない宅地内の排水設備の点検などを行い、一方的に代金を請求するという点検商法が各地で発生しています。

 宅地内の排水設備は、皆さんの所有物であり、その清掃および管理は、所有者が行うことになっています。

 市が点検や清掃を業者に依頼することはありません。

 排水設備の点検や清掃を勧められても、必要がなければ断りましょう。

 宅地内の排水設備に不具合がある場合は、廿日市市下水道排水設備指定工事店に相談してください。

事例

  • 「下水道局からの依頼で訪問しました。」と言う。
  • 「無料で調査します。」と言って排水確認を行った後に、有料での清掃を強引に迫る。
  • 「近くで下水道工事をしているので、匂いが宅地内の排水設備から出ていないか点検させてください。」と言って、汚水ますのふたを開け、勝手に消臭剤をまき、その代金を請求する。

対策

 「変だな?」と感じたら、

  • 身分証明書の提示を求める。
  • 業者名、担当者名および連絡先を控えて、次まで問い合わせてください。

【問い合わせ先】

 下水道課 電話:0829-32-5481
 消費生活センター 電話:0829-31-1841