ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 課税課 > 【事業主の皆さん】個人住民税が特別徴収となります

【事業主の皆さん】個人住民税が特別徴収となります

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月10日更新

2020年度から個人住民税が特別徴収となります

 広島県では、納税者間の公平性、納税者の利便性などを確保し、納税忘れなどを防ぐため、全23市町で2020年度から、従業員の個人住民税は原則すべて特別徴収となります。

 事業主の皆さんによる特別徴収は、法律上の義務となりますので、ご理解とご協力をお願いします。

 

個人住民税の特別徴収(給与からの天引き)とは?

 事業主(給与支払者)が、所得税の源泉徴収と同じように、従業員(納税義務者)に代わって、毎月従業員に支払う給与から個人住民税(市・町民税と県民税)を天引きして、市町へ納入する制度で、法律で義務付けられています。

 事業主は、特別徴収義務者として、法人・個人を問わず、原則すべての従業員に対して、個人住民税を特別徴収する必要があります。(従業員には、パート、アルバイト、短期雇用者、非常勤職員、役員などを含みます)

 

その他

 詳しくは、次のチラシをご覧ください。

 また、特別徴収の事務手続きに関することなど、不明な点がありましたら、気軽に問い合わせください。

 問い合わせ 廿日市市役所 課税課 電話番号:0829-30-9113

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)