ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 選挙管理委員会事務局 > 期日前投票と不在者投票制度

期日前投票と不在者投票制度

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月10日更新

 1. 期日前投票

 投票日に用事や仕事、旅行、病気などで投票に行けない人は、事前に期日前投票ができます。期日前投票の際には、「期日前投票宣誓書」に所定の事項を記入することが必要です。

 あらかじめ、「選挙のお知らせ」はがきの裏面に掲載している「期日前投票宣誓書」に必要事項を記入して持参すると、投票の受け付けが早く済みます。期日前投票される際は活用してください。

2. 不在者投票

指定病院などでの不在者投票

 一定規模以上で、不在者投票ができる指定を受けた病院や老人ホームなどに入院(所)している人は、その病院などで不在者投票ができます。病院などの職員に申し出てください。

滞在先での不在者投票

 出張などで廿日市市外に滞在中で、投票日までに帰ることができない人は、滞在先の選挙管理委員会で投票することができます。

 廿日市市選挙管理委員会に投票用紙を請求すると、滞在先に投票用紙を郵送しますので、滞在先の選挙管理委員会で投票してください。

※日数がかかるので、早めに手続きをしてください。
※滞在地の市区町村では、選挙が行われている場合と行われていない場合とで、土曜日・日曜日の受付の有無や、受付時間が異なります。事前に、滞在地の市区町村選挙管理委員会で確かめてください。

【郵送先】

 〒738-8501 広島県廿日市市下平良一丁目11番1号
 廿日市市選挙管理委員会

3. 郵便などによる自宅での不在者投票

 郵便などによる不在者投票制度を利用できる人は、身体障害者手帳や戦傷病者手帳を持ち、重度の障がいがある人や介護保険法の要介護者の人で、次の要件を満たしている人です。

 ただし、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付申請手続きが必要ですので、選挙管理委員会事務局に問い合わせてください。

手帳などの種類要件
身体障害者手帳両下肢、体幹、移動機能の障害【1級または2級】
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害【1級または3級】
免疫、肝臓の障害【1級~3級】
戦傷病者手帳両下肢、体幹の障害【特別項症~第2項症】
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害【特別項症~第3項症】
介護保険の被保険者証要介護状態区分が要介護5

 また、次の要件を満たし、自分の名前が自書できない人は、代理記載という方法があります。詳しくは選挙管理委員会事務局に問い合わせてください。

手帳などの種類要件
身体障害者手帳上肢または視覚の障害【1級】
戦傷病者手帳上肢または視覚の障害【特別項症~第2項症】

 

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)