ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 生涯学習課 > メキシコ楽団「マリアッチ・アガベ」がやってきました

メキシコ楽団「マリアッチ・アガベ」がやってきました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月11日更新

 2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けてメキシコオリンピックチームが廿日市市で事前合宿を行います。
 廿日市市では「柔道、空手、バスケットボール」の受け入れが決まっており、メキシコを知り、気持ちよく選手の皆さんを迎えることができるように、さまざまな形でメキシコとの交流を図っていきたいと思います。
 今回は、
メキシコとの交流事業第1弾として、メキシコ楽団「マリアッチ・アガベ」の演奏会を開催しました。

メキシコ楽団「マリアッチ・アガベ」演奏会

とき

 平成29年9月13日(水曜日) 14時~14時30分

ところ  

 ゆめタウン廿日市 1階ゆめ広場付近

マリアッチ・アガベとは

 メキシコの中央高原ハリスコ州の首都グアダハラに生まれた5人の若者達が集まって1986年に結成しました。
 演奏やパフォーマンスに滲み出る、メキシコのおおらかで陽気な気質が、メキシコ国内はもとより、海外でも絶大な人気を集めています。

 レパートリーは、本場メキシコの田舎風ランチャール、ボレロ、ポップスまで幅広く、音域が異なるメンバーの歌声は、聴くすべての人の心に響き、感動のステージを繰り広げてくれます。

マリアッチアガベのみなさん

【メンバー紹介】
カルロス・アルベルト・エスピノーサ・ベラ
マルティン・バジン・アベラール
アルマンド・ルバルカバ・サラサール
カルロス・ガラルサ・ゴンサレス
パブロ・アルフォンソ・ポルティージョ・イツアルテ

当日の様子

 メキシコの音楽だけでなく、日本の歌も交え聞く人を魅了する演奏を披露してくれました。
 当日は、多くの人に来場していただき、大いに盛り上がりました。

 マリアッチの演奏   演奏後