ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 生涯学習課 > 廿日市市通学路安全推進プログラム

廿日市市通学路安全推進プログラム

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月2日更新

 廿日市市では、平成18年度から児童生徒の登下校時の安全対策に関して、「廿日市市子どもの安全対策推進本部」という庁内組織で取り組んできました。

 平成24年4月以降、全国で登下校中の児童・生徒が死傷する事故が相次いで発生したことから、文部科学省、国土交通省、警察庁の3省庁が連携して対応策を検討し、通学路の安全点検および安全対策を講じるよう依頼がありました。
 これを受けて、廿日市市でも平成24年8月に各小・中学校の通学路危険箇所に関して関係機関と連携して緊急合同点検を実施し、必要な対策を進めてきました。

 また、平成25年12月6日付け、文部科学省、国土交通省、警察庁の連名で通知された「通学路の交通安全の確保に向けた着実かつ効果的な取組の推進に関して」を受け、関係機関の連携強化を図るため、関係機関が一堂に会した「廿日市市通学路安全推進会議」を平成26年から開催しています。

 この会議で、通学路安全確保の基本方針として「廿日市市通学路安全推進プログラム」を策定しました。
 このプログラムに基づき、関係機関がさらに連携して、児童生徒が安全に通学できるよう通学路の安全確保を図っていきます。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)