ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 住宅政策課 > 廿日市市木造住宅耐震化緊急促進アクションプログラム

廿日市市木造住宅耐震化緊急促進アクションプログラム

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月1日更新

「廿日市市木造住宅耐震化緊急促進アクションプログラム」を策定しました。

 住宅の耐震化を緊急的に促進するため、廿日市市耐震改修促進計画(第2期計画)における重点的取組み方針の具体的な行動計画として「廿日市市木造住宅耐震化緊急促進アクションプログラム」を策定しました。

 建物が密集しており大規模地震時に建物の倒壊被害が大きいと想定される地域を、木造住宅耐震化を緊急的に促進すべき区域(緊急耐震重点区域)として定め、その区域に対し、戸別訪問を行うなど耐震化への普及啓発活動を計画的に実施します。

緊急耐震重点区域

緊急耐震重点区域

 可愛、須賀、廿日市一丁目、廿日市二丁目、佐方一丁目、佐方二丁目、佐方三丁目、佐方四丁目、地御前三丁目

対象となる住宅

 緊急耐震重点区域内にある木造の戸建住宅で、次の事項に該当するもの。

  1. 昭和56年5月31日以前に建築されたもの
    (昭和56年6月1日以降に増築し建築された場合は対象とならない場合があります。)
  2. 地下を除く階数が2以下のもの

耐震改修工事費補助の増額

 緊急耐震重点区域内においては、平成29年度に限り、廿日市市木造住宅耐震改修事業の工事費補助に、30万円を上限に上乗せします。

 補助の内容は、木造住宅の耐震改修補助事業申し込み希望者の募集のページでご確認ください。

取り組み期間

 平成29年度から平成32年度まで

 ※ただし、社会経済状況や関連計画の改定、本アクションプログラムの実施状況などに適切に対応するため、必要に応じて検証し、見直しを行います。

戸別訪問の実施

 市の職員が、緊急耐震重点区域にある対象と思われる住宅に戸別訪問を行い、耐震化の必要性や補助制度を説明します。
 戸別訪問は、平成29年度から平成32年度の間に実施します。

 ※戸別訪問の有無により、耐震改修工事費補助の増額の適用の有無が決定されるものではありません。
   戸別訪問があった場合でも、耐震改修工事費補助を受けることができない場合もあります。

実績の公表

 年度ごとに戸別訪問の結果を公表します。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)