ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 建築指導課 > ブロック塀の安全点検

ブロック塀の安全点検

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月29日更新

 ブロック塀は、見かけはしっかりしていても地震時に倒壊するおそれがあります。熊本地震(平成28年4月発生)によるブロック塀の倒壊事例

 平成28年4月に発生した熊本地震や、平成30年6月18日に発生した大阪府北部地震では多くのブロック塀が倒壊し、下敷きになって死亡した事例も発生しています。
 また、倒壊したブロック塀は道路をふさぎ、被災者の避難や救助活動の妨げにもなります。

 ブロック塀は私的財産で、所有者の責任で管理されるものですが、特に道路沿道のブロック塀は、その地域に住む人々の安全や避難などに大きく関わる問題です。

 まずは、自身が所有する自宅のブロック塀に関して、自己点検をしてみましょう。
 また、定期的に点検を行い、このような事故が起きないよう、地震に備えることが大切です。

自宅のブロック塀を点検しよう

熊本地震(平成28年4月発生)によるブロック塀の倒壊事例 自宅のブロック塀に関して、次の項目を点検してみましょう。

  • ブロック塀にひび割れ・破損・傾き・ぐらつきなどの異常がある。
  • ブロック塀の高さが2.2メートルを超えている。
  • ブロック塀の高さが1.2メートルを超え、かつ、控壁がない。
  • 基礎(鉄筋コンクリート造)がない。
  • ブロック塀に鉄筋(縦・横共に80センチメートル以内)が入っていない。
  • ブロック塀が土留め擁壁を兼ねている。
  • ブロック塀が建物を支えている。

 

 

 上記のうち、1つでも該当するものがあれば、建築士などの専門家や施工業者または市役所建築指導課に相談してください。

 また、ブロック塀の仕組み、劣化と転倒防止対策、診断方法などに関して、次のページに詳しく示されていますので、ご覧ください。