ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 建築指導課 > 廿日市市建築物土砂災害対策改修補助の募集

廿日市市建築物土砂災害対策改修補助の募集

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月1日更新

 土砂災害特別警戒区域内の住宅などに対する土砂対策改修事業の改修工事に関して、補助制度があります。

募集内容

 本市では、がけ崩れや土石流などの土砂災害から市民の安全を守るため、土砂災害特別警戒区域に建っている住宅およびその他居室を有する既存建築物(以下「住宅など」といいます)の土砂災害対策改修費用の一部を補助する制度を創設しました。
 土砂災害特別警戒区域(以下「特別警戒区域」という)内の既存不適格の住宅などに関して、土砂災害対策改修を実施する所有者に対し、補助を行ないます。

1 申し込み期間

 平成29年5月1日(月曜日)~10月31日(火曜日) 8時30分~17時

2 対象となる工事

 住宅などに想定される土石流の高さや衝撃力に応じて定められた仕様を満たす鉄筋コンクリート造の外壁などを設ける改修工事

補助対象住宅など

 次のアからウまでの要件を満たすもの

 ア 土砂災害特別警戒区域(土砂災害防止法第8条)内にあり、区域に指定される前から建てられている住宅などであること 
 ※広島県のホームページ「土砂災害ポータルひろしま」で確認できます。

 イ 居室(常時居住や執務、作業、集会などのために継続的に使用する室をいいます)を有する建物で、土砂災害に対する構造耐力上の安全性を有していないこと

 ウ 土砂災害対策改修の結果、土砂災害に対して安全な構造となること(建築基準法施行令第80条の3の規定に適合する構造となること)

3 申込資格

上の「2. 対象となる工事」の所有者などで、次の要件のすべてに該当する人です。

  • 補助対象建築物の所有者であって市税の滞納がない人
  • 平成30年2月28日(水曜日)までに工事完了すること

4 補助内容

  • 補助金の交付額は、事業実施者が住宅などの土砂災害対策改修に要する工事費に23パーセントを乗じて得た額とします。
  • 住宅などの土砂災害対策改修に要する対称工事費は330万円を限度とします。
  • 補助限度額75万9千円
  • 募集棟数2棟

5 事業案内、様式のダウンロード

 詳しくは、次の事業案内をご覧ください。

 また、様式をダウンロードして記入の上、必要書類を添付して提出してください。

6 提出先

 市役所6階建築指導課

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)