ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 建築指導課 > 廿日市市緊急輸送道路沿道建築物耐震化事業補助の募集

廿日市市緊急輸送道路沿道建築物耐震化事業補助の募集

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月1日更新

 平成29年度廿日市市緊急輸送道路沿道建築物耐震化事業補助の募集を行います。

 廿日市市では、市民の皆さんが安全で安心して住むことができる地震に強いまちづくりを目指し、「廿日市市緊急輸送道路沿道建築物耐震化事業」を実施します。

申請受付期間・時間

期間

 平成29年5月1日(月曜日)~平成29年10月31日(火曜日)
 (土曜日、日曜日、祝日を除く。)

時間

 8時30分~17時

 申請書の内容と添付書類がすべて整ったものから順番に受け付け、補助金交付申請額の合計が今年度の予算額(200万円)を超えた場合は、この期間内であっても締め切ります。

対象となる建築物

 市内にある建築物で、次の要件のすべてに該当する建築物です。

  1. 昭和56年5月31日以前に着工して、建築基準法による建築確認通知書または検査済証の交付をうけたもの
  2. 建築物の敷地が、広島県地域防災計画で指定された緊急輸送道路(第1次~第3次)に接しているもので、地震時の倒壊により、この道路の通行を妨げる恐れのあるもの

申し込み資格

 上の「対象となる建築物」の所有者などで、次の要件のすべてに該当する人です。

  • 市の税と使用料を滞納していないこと
  • 平成30年3月末までに完了報告が可能なこと

事業の要件

  1. 建築士事務所に所属する建築士(一級、二級または木造建築士)が実施する耐震診断であること
  2. 既存建築物耐震診断・改修など推進全国ネットワーク委員会に加入している耐震診断評価機関で、その結果が適切である旨の評価を受けた耐震診断であること

補助内容

 補助額は、耐震診断に係る経費(※)の3分の2以内の額(その額に1,000円未満の端数があるときは、その端数は切り捨てます)

※耐震診断に関わる経費は、対象となる建築物の床面積に対し、次表の床面積の区分に応じ、加算した額を上限とします。

床面積の区分1平方メートルあたりの金額
床面積のうち、1,000平方メートル以内の部分2,060円
床面積のうち、1,000平方メートルを超え2,000平方メートル以内の部分1,540円
床面積のうち、2,000平方メートルを超える部1,030円

募集案内、様式などのダウンロード

 詳しくは、次の事業案内などをご覧ください。

 また、申込書などをダウンロードして記入の上、必要書類を添付して申し込んでださい。

申込書の提出先

 廿日市市役所6階 建築指導課

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)