ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 6月は「食育月間」です

6月は「食育月間」です

印刷用ページを表示する掲載日:2019年6月12日更新

食育月間

食育ってなに?

 食育とは生きるうえでの基本であり、さまざまな経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人を育てることです。

 廿日市市では、第2次廿日市市食育推進計画を策定しました。
 日常生活の基盤である家庭を中心に、地域で暮らす一人一人が食を通して、人づくりやまちづくりにつながる食育を推進し、生涯にわたって心身ともに健康で豊かな生活を送ることができるよう、食育を推進しています。
廿日市市食育推進計画のページはこちら

食育を実践してみましょう

  1.  朝食をぬかず、毎日3食きちんと食べる
  2.  主食、主菜、副菜を栄養バランスよく食べる
  3.  塩分を控える
  4.  野菜やきのこ、海藻類を使った料理を1日に小鉢5~6皿程度は食べる
  5.  自分の適正体重の維持に努める
  6.  家族や仲間と一緒に食事や料理作りを楽しむ
  7.  郷土料理など食文化に興味・関心を持つ
  8.  地産地消を実践する

 食育月間をきっかけに「食育」に興味を持ち、できることから実践してみましょう。

はつかいち市民図書館で図書展示しています!

 はつかいち市民図書館で「食育」に関する本を6月23日(日曜日)まで展示しています。

食育月間 図書

 ぜひご利用ください!

やさいの日

 廿日市市では8月31日を「やさいの日」とし、野菜を食べることの大切さを知ってほしい、野菜をもっと食べて元気に過ごしてもらいたいと思っています。野菜を1日350グラム、野菜料理にすると5皿以上食べてもらうことを目指しています。
 野菜のある食事を楽しみ、「食」から健康に過ごしましょう。

問い合わせ

 廿日市市保健センター
 電話:0829-20-1610  ファクス:0829-20-1611