ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 心の相談・自殺予防対策

心の相談・自殺予防対策

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月20日更新

 廿日市市では自殺予防の観点も含めた心の健康づくり対策に取り組んでいます。
 ゲートキーパーという言葉を広め、身近にいる悩みを抱えた人に声をかけられる人を増やしていけるよう、講演会などを行います。

 ※日程などは「広報はつかいち」でお知らせします
 ※ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気付き、声を掛け、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る人のことです

心や悩みごと相談窓口

 心の病気に関して相談できる窓口など、さまざまな悩みの相談窓口です。

こころのライン相談@広島県

 令和2年5月から、「こころのライン相談@広島県」が開設されました。

 こころのライン相談@広島県

開設期間

 期間:令和2年5月1日~令和3年3月31日(17時~21時)

利用対象者

 広島県内に在住、通勤、通学している39歳までの人

 利用方法など、詳しくは、広島県ホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症関連のSNS心の相談

 厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症の影響による心の悩みに関して、チャット形式で相談を受け付けています。

受付時間

  • 平日 18時~21時30分
  • 土曜日、日曜日、祝日、休日 14時~21時30分

 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

啓発活動

自殺予防週間・自殺対策強化月間

 自殺対策基本法では、9月10日から9月16日を「自殺予防週間」、月別自殺者数の最も多い3月を「自殺対策強化月間」と定めて、国および地方公共団体は、関係団体などとも連携して「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現に向け、相談事業および啓発活動を実施しています。

 月間ポスター

相談窓口カード

 市では、相談窓口の周知のため、「相談窓口カード」を作成し、市役所・支所や市民センターなどに設置しています。

 相談窓口カード

ゲートキーパー

ゲートキーパーとは

 ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聴いて、必要な支援につなげる人のことです

 誰でもゲートキーパー手帳1誰でもゲートキーパー手帳2

 詳しくは、次のページをご覧ください。

ゲートキーパー養成講座

 市では、ゲートキーパーという言葉を広め、身近にいる悩みを抱えた人に声をかけられる人を増やしていけるよう、ゲートキーパー養成講座を実施しています。

 開催が決まり次第、このページもしくは広報はつかいちでお知らせします。

廿日市市自殺対策計画「いのち支える廿日市プラン」

 自殺対策基本法に基づく、市町村計画です。詳しくは次のページをご覧ください。

外部サイト

問い合わせ先

  • 廿日市市障害福祉課 電話:0829-30-9128 ファクス:0829-31-1999
  • 廿日市市保健センター(山崎本社 みんなのあいプラザ内) 電話:0829-20-1610 ファクス:0829-20-1611
  • 佐伯支所 市民福祉グループ 電話:0829-72-1124 ファクス:0829-72-0415
  • 吉和支所 市民福祉グループ 電話:0829-77-2113 ファクス:0829-77-2078
  • 大野支所 健康福祉グループ 電話:0829-30-3309 ファクス:0829-55-1307
  • 宮島支所 市民福祉グループ 電話:0829-44-2001 ファクス:0829-44-2196

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe社が提供するAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerを持っていない人は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)