ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 高齢介護課 > 介護保険で利用できるサービスの種類

介護保険で利用できるサービスの種類

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

 介護保険で利用できるサービスは、居宅サービス、施設サービス、地域密着型サービスの3種類です。
 また、上のサービスはいずれも、要介護認定を受けた人が利用できる「介護サービス」と、要支援認定を受けた人が利用できる「介護予防サービス」の2種類に分かれます。(ただし、施設サービスは介護サービスのみで、予防サービスはありません。)

 ※要介護1~5の人は次のすべてのサービスを利用することができます。
 ※「予防」欄は、要支援1・要支援2の人も利用できるサービス(介護予防サービス)の有無を表しています。

居宅サービス

サービスの名称予防サービスの内容
居宅サービス

訪問介護
(ホームヘルプサービス)

自宅にホ-ムヘルパ-が訪問し、入浴・食事・排せつなどの介護や日常生活上の世話などを行うサービス
訪問入浴介護自宅に簡易浴槽を持ち込んでホ-ムヘルパ-が入浴の介護を行うサービス
訪問看護自宅に看護師などが訪問し、療養の世話・診療の補助などを行うサービス
訪問リハビリテーション自宅に理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が訪問し、リハビリテーションを行うサービス
居宅療養管理指導自宅に医師・歯科医師・薬剤師などが訪問し、療養上の管理・指導などを行うサービス

通所介護
(デイサービス)

自宅からデイサ-ビスセンターに日帰りで通い、食事・入浴・排せつなどの介護や機能訓練などを行うサービス(送迎つき)

通所リハビリテーション
(デイケア)

自宅から介護老人保健施設や病院などに日帰りで通い、リハビリテーションなどを行うサービス(送迎つき)

短期入所生活介護
(ショートステイ)

介護老人福祉施設などに短期間入所して、食事・入浴・排せつなどの介護や機能訓練などを行うサービス

短期入所療養介護
(ショートステイ)

介護老人保健施設などに短期間入所して、医学的な管理のもとで、医療・介護・機能訓練などを行うサービス
福祉用具の貸与(レンタル)車いす・介護用ベット・歩行補助つえ・歩行器などの福祉用具を貸し出すサービス
特定福祉用具購入費の支給腰掛便座(ポ-タブルトイレ)・入浴補助用具(シャワーチェア)など、衛生上の理由で貸与になじまない福祉用具を、指定された販売店で購入した場合に、購入費の9割を支給するサービス(支給上限額:1年度当たり9万円まで)
住宅改修費の支給手すりの取り付け・段差の解消・便器の取り替えなど、定められた内容の自宅改修工事を行った場合に、改修費の9割を支給するサービス(支給上限額:1人につき18万円まで)
特定施設入居者生活介護有料老人ホ-ムやケアハウスなどの入所者に、介護・機能訓練などを行うサービス

地域密着型サービス

サービスの名称予防サービスの内容
地域密着型サービス

認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)


(注意)
認知症がある人たちが、施設職員の支援を受けながら、共同生活住宅で集団生活を行うことで、認知症の進行防止・改善を図るサービス
(注意)要支援1の人は利用できません。

認知症対応型通所介護
(認知症デイサービス)

認知症がある人が、自宅から認知症専用デイサービスセンターに日帰りで通い、食事・入浴・排せつなどの介護や機能訓練などを行うサービス(送迎つき)
小規模多機能型居宅介護自宅からの通所を基本として、必要に応じて訪問・宿泊も利用でき、どれを利用しても顔なじみの職員による介護を受けることができるサービス
地域密着型特定施設入居者生活介護有料老人ホームなど(入居定員29人以下)に入居する要介護者などに、その施設内で計画に基づいて受ける介護などの世話を行い、施設で能力に応じ自立した生活ができるようにするサービス

地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護
(小規模特別養護老人ホーム)

特別養護老人ホーム(入居定員29人以下)に入居させ、介護など日常生活上の世話、機能訓練、健康管理、療養上の世話を行い、施設で能力に応じ自立した生活ができるようにするサービス

施設サービス

サービスの名称予防サービスの内容
施設サービス
介護老人福祉施設サービス
(特別養護老人ホ-ム)
寝たきりなど常時介護が必要で自宅では介護を受けることができない人が、特別養護老人ホームに入所して、介護や日常生活上の世話など行うサービス
介護老人保健施設サービス
(老人保健施設)
傷病が安定期に入り、リハビリテーションを行う段階になった人が、介護老人保健施設に入所して、リハビリテーションを中心に、介護や日常生活上の世話なども行うサービス
介護療養型医療施設サービス
(療養病床など)
傷病は安定期に入っているが、まだ療養が必要な人が、介護体制の整った病院などに入所して、医学的な管理のもとで、医療・介護・機能訓練などを行うサービス

問い合わせ先

  • 廿日市市役所 高齢介護課 高齢介護グループ  電話:0829-30-9155(直通) ファクス:0829-31-9131
  • 佐伯支所 市民福祉グループ 電話:0829-72-1124 ファクス:0829-72-0415
  • 吉和支所 市民福祉グループ 電話:0829-77-2113 ファクス:0829-77-2078
  • 大野支所 健康福祉グループ 電話:0829-30-1006 ファクス:0829-55-1307
  • 宮島支所 市民福祉グループ 電話:0829-44-2001 ファクス:0829-44-2196