ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > こども課 > 児童手当 支給の概要

児童手当 支給の概要

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月1日更新

(1)対象

 0歳~中学校卒業(15歳に達した後最初の3月31日)までの子どもを養育している人

(2)支給額(月額)

  • 0歳~3歳未満(一律):15,000円
  • 3歳~小学校修了前(第1子・第2子):10,000円
  • 3歳~小学校修了前(第3子以降):15,000円
  • 中学生(一律):10,000円
  • 所得制限を越える場合(一律):5,000円

※18歳到達後の最初の年度末までの間にある児童の人数で第1子・2子・・と数えます。
※児童手当の支給は請求の翌月分からです。ただし、事由の発生日が月末のときは、15日以内に申請を行えば事由発生日の翌月分から受給できます。

(3)平成29年度の支払い予定

  • 平成29年2月~5月分:平成29年6月5日(月曜日)
  • 平成29年6月~9月分:平成29年10月5日(木曜日)
  • 平成29年10月~平成30年1月分:平成30年2月5日(月曜日)
  • 平成30年2月~平成30年5月分:平成30年6月5日(火曜日)

(4)所得制限限度額

 平成29年6月分~平成30年5月分の間は、受給者の平成29年度(平成28年中)の所得で審査します。

扶養親族などの数所得額収入額(給与所得者の目安)
0人622万円833.3万円
1人660万円875.6万円
2人698万円917.8万円
3人736万円960万円
4人774万円1,002.1万円
5人812万円1,042.1万円

(注意1)収入額は、所得額に給与所得控除額など相当分を加算した額です。(実際の適用は所得額で行い、収入額は用いません)
(注意2)扶養親族などは、税法上の控除対象配偶者と扶養親族、扶養親族でない児童で前年の12月31日に生計を維持したものをいいます。
(注意3)所得税法に規定する老人控除対象配偶者または老人扶養親族がある者に関しての限度額(所得額ベース)は上の額に当該老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額です。
(注意4)扶養親族などの数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族などが老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額です。

問い合わせ先

  • 廿日市市役所 こども課 企画・給付グループ 電話:0829-30-9153 ファクス:0829-31-1999
  • 佐伯支所 市民福祉グループ 電話:0829-72-1118 ファクス:0829-72-0415
  • 吉和支所 市民福祉グループ 電話:0829-77-2113 ファクス:0829-77-2078
  • 大野支所 健康福祉グループ 電話:0829-30-1006 ファクス:0829-55-1307
  • 宮島支所 市民福祉グループ 電話:0829-44-2001 ファクス:0829-44-2196