ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 担当部署で探す > 障害福祉課 > 軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成

軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月31日更新

軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成とは 

 身体障害者手帳の交付対象とならない程度で、聴覚に障がいのある児童に対して、補聴器の購入に要する費用の一部を助成する制度です。

対象者

 次の要件をすべて満たす人が対象になります。

  1. 18歳未満であること
  2. 廿日市市に居住していること
  3. 両耳の聴力レベルが原則として30デシベル以上70デシベル未満であること
  4. 聴覚障がいによる身体障害者手帳の交付対象者でないこと
  5. 対象者がいる世帯に市民税所得割額が46万円を超える人がいないこと

象となる補聴器と助成額

 対象となる補聴器・助成額は次のとおりです。
 なお、対象となる補聴器は原則、装用効果が高い片側のみとなります。

補聴器の種類

1台当たりの基準価格(円)

基準価格に含まれるもの

耐用年数

軽度・中等度難聴用

ポケット型

34,200

電池

※イヤモールドが必要な場合は、基準額に9,000円を加算する。
※ダンパー入りフックとした場合は、240円を加算する。

 

 

原則として5年

軽度・中等度難聴用

耳かけ型

43,900

高度難聴用ポケット型

34,200

高度難聴用耳かけ型

43,900

重度難聴用ポケット型

55,800

重度難聴用耳かけ型

67,300

耳あな型

(レディメイド)

87,000

耳あな型

(オーダーメイド)

137,000

電池

 

骨導式ポケット型

70,100

  1. 電池
  2. 骨導レシーバー
  3. ヘッドバンド

骨導式眼鏡型

120,000

電池

※平面レンズが必要な場合は、基準価格に1枚につき3,600円を加算する。

 

備考

  1. 重度難聴用耳かけ型補聴器で、対象児の障害の現症、生活環境その他真にやむを得ない事情によりFM型受信機、FM型用ワイヤレスマイク又はオーディオシューが必要であると市長が認める場合は、FM型受信機にあたっては80,000円、FM型ワイヤレスマイク(電池を含む。)にあっては98,000円、オーディオシューにあっては5,000円を上限として、市長が認める額を基準価格に加算することができる。
  2. 基準額は、基準価格(市長が認める額を加算する場合にあっては、当該額を含む。)に100分の104.8を乗じて得た額とする。ただし、骨導式眼鏡型補聴器に関しては、基準価格に100分の104.8を乗じて得た額に平面レンズ1枚につき3,600円に100分の108を乗じて得た額を加算した額を基準額とする。

申請に必要なもの

  1. 軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成金交付申請書(PDF形式 93KB) 
  2. 軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業意見書(3歳以上)(PDF形式 153KB) ※対象児が3歳以上の場合
  3. 軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業意見書(3歳未満)(PDF形式 161KB) ※対象児が3歳未満の場合
  4. 口座振替依頼書 (PDFファイル 140KB) ※廿日市市に口座登録がない場合
  5. 意見書に基づき作成した補聴器の見積書

 ※購入費助成は事前申請が必要ですので、注意してください。
 ※意見書が作成できる医師は「指定自立支援医療機関又は一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会が新生児聴覚スクリーニング後の精密聴力検査機関に認定した医療機関の医師」です。該当の有無は各医療機関へお問い合わせください。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)